トヨタ 2代目新型プリウスPHV

    トヨタの2代目となる新型プリウスPHVが販売されました。

    初代のプリウスPHVはEV走行距離が26.4kmと短く、
    価格の割に通常のプリウスに対するアドヴァンテージが少なく、
    販売実績もプリウスの割にはあまりよくなかったみたいです。
    (あくまでプリウスの割にはということでしょうが)

    そこで今回の2代目。
    専用設計のボディで、走行距離は倍以上の68.2km。
    100Vでも200Vでも、そして急速充電器でも充電が可能。
    と、自分が乗ってるPHEVと同じような内容になってます。

    初代はスペアタイヤ部分にバッテリーを搭載してましたが、
    2代目はEV走行距離を2倍以上に延ばすため、
    8.8kWhもの大容量バッテリー(PHEVより少ないですが)を
    搭載せねばならないのでボディも専用になったのでしょう。

    自分は最近のトヨタのデザインはあまり好きになれませんが、
    定員が4人となり、それに合わせたようなリアガラスの凸凹、
    (トヨタ曰く「ダブルバブルウインドゥ」)
    軽量化のためカーボン素材のバックドアの採用、
    11.6インチの大型タッチディスプレイなど、
    通常のプリウスとの差別化が図られています。

    定員の4人もバッテリーの制約やら
    EV走行距離の設定などから来てるらしいですが、
    一般的にこうした車に4人しか乗れないのと、
    5人まで乗れる(滅多に乗ることはなくても)のとでは、
    大きく違うように思われるので、
    これが販売にどう影響するか気になります。

    それと専用ボディを採用したことは販売価格にも影響しますが、
    通常のプリウスとの価格差は80~110万円ということなので、
    それ程でもなさそうです。

    中途半端な違いだと初代と同じ結果になってしまうので、
    しっかり差別化を図り、プリウスユーザーとは違ったユーザーに
    アピールしていくのはいいことだとは思います。

    トヨタ プリウスPHV

    トヨタ プリウスPHV
    トヨタ プリウスPHV ギャラリーから


    web拍手 by FC2

    [ 2017/02/24 21:23 ] | TB(0) | CM(0)

    SUNWAYFOTO 望遠レンズサポーター

    「KOWA PROMINAR 500mm F5.6 FL」はマニュアルレンズなので、
    フォーカスリングを回してピント調節しなくてはなりません。

    ただこのレンズのフォーカスリングは先端に近い方にあるので、
    フォーカスリングを動かすとかなりブレて見づらいし、
    ピント調整してなくても500mmの望遠レンズなので、
    ちょっとした振動でも微妙にブレてしまいます。

    以前レンズサポーターとして、
    ベルボンの「SPT-1」を購入して、
    このコーワ500mmや、
    ニコンのAF-S200-500mmに使用してますが、
    これは三脚座とカメラを一体化させるもの。

    今回はレンズ先端部の振動を抑える目的で
    サポーターを取り付けてみました。

    使用したのは「SUNWAYFOTO」の
    望遠レンズサポーター「YLS-01」と、
    フリープレート 「DPG-3016」。

    まず望遠レンズサポーター「YLS-01」です。
    2つのリングの上にレンズの鏡筒が乗り、
    これでレンズ先端の振動が抑えられます。

    170127SUNWAYFOTO レンズサポート YLS-01

    web拍手 by FC2

    [ 2017/02/23 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

    野鳥の撮影 NIKON D500 -ジョウビタキ メス-

    D500+KOWA PROMINAR 500mm F5.6 FL+TC-16a
    で撮った「ジョウビタキ メス」の写真。

    今年はオスよりもメスをよく見ます。
    そしてメスは待ってると近くによって来たりします。

    ただちょっと近すぎ。
    おまけに逆光。

    170212 NIKON D500+KOWA500mm×1.6 ジョウビタキ メス

    170212 NIKON D500+KOWA500mm×1.6 ジョウビタキ メス


    web拍手 by FC2

    [ 2017/02/22 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)