9月14日 横浜大道芸(Mr.アパッチ) その2

「Mr.アパッチ」さんの大道芸の続き、
メインエベントの技です。

私は知りませんでしたけれど、この人かなりの経歴の持ち主で、
TVチャンピオン「ジャグラー王選手権」初代優勝者とか、
5ボールエンデュランス(5個お手玉の時間)日本記録保持経験者とか、
その他各地の大道芸コンテストで優勝などなど… 。

記録保持経験者というのが?ですが、
新記録が出て、抜かれたということなのでしょうか?


最初、梯子の上に立って演技をすると言ってた時には、
「まさかっ?」と思い、どうせ笑いを誘うたぐいのパフォーマンスだろうと思ってました。
途中そういったパフォーマンスも結構ありましたので… 。

でも実際に2mくらいある梯子にバランスを取りながら昇っていきます。
なんの支えもないし、安全用のロープとかもありません。
最後には写真の様に、梯子の上に立ってしまいました。
梯子のてっぺんには足を置く板だけがついてます。
(Nikon1 V1+1 Nikkor18.5mmで撮影)

とりあえず、上に立ってピースサイン。

130914横浜 ヨコハマ大道芸 梯子の上


続いて、3本のクラブを使って、ジャグリング。
会場内の観客、皆に見えるように、
梯子を揺らせながら向きも変えていきます。

130914横浜 ヨコハマ大道芸 梯子の上のジャグリング

130914横浜 ヨコハマ大道芸 梯子の上のジャグリング


素人目には、梯子の上に立つだけでも難しく思えますが、
さらにその状態でジャグリングしたのには感動ものでした。

続いては、梯子の上での「けん玉」です。


web拍手 by FC2

[ 2013/09/30 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

9月14日 横浜大道芸(Mr.アパッチ) その1

9月14日、横浜に行った時、大道芸を見ました。
場所はランドマークタワーとクイーンズスクエアの間。
「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」オブジェのすぐそばです。

特別、大道芸を見たかった訳ではなかったのですが、
グランモールを歩いてランドマークまできたら、
声が聞こえ、ちょっと覘くつもりが結局最後まで… といういつものパターンで、
本来予定していたイベントはキャンセルになってしまいました。

この場所、円形の広場に扇型の階段があり、
階段に座って見てると、まるで屋外の円形劇場のようです。
こうした形状からか、ここはヨコハマ大道芸のメッカとなってます。
前にもここを通った時にやってるのを見たことがあります。
ネットで見ると、ほぼ毎日誰かがパフォーマンスをやってるみたいです。

ヨコハマ大道芸グランモール公園 http://daidogei.jp/granmall

この日のパーフォーマーは「Mr.アパッチ」さん。
ステージは下の写真の通り。手前側が階段(観客席)になってます。
パフォーマンスが始まったばかりで、まだ観客はまばら。
(Nikon1 V1+1 Nikkor18.5mmで撮影)

130914横浜 ヨコハマ大道芸 ステージ


最初はバルーンアート。「ミッキーマウス」を作ってました。

130914横浜 ヨコハマ大道芸 ミッキーマウス


続いて、ヒューマンビートボックスをしながら、フープトリック。
写真ではわかりづらいですが、リングがそこに固定されているかのようです。
こういうのをコンタクトジャグリングと呼ぶそうです。

使っている道具や演技の名前を知らないので、
ネットで調べたりしてますが、ここに書くのが大変です。
(もしかしたら間違えがあるかも知れませんが、ご容赦願います)

130914横浜 ヨコハマ大道芸 リング


4つの水晶玉を使ってのお手玉?。
実際はこれもコンタクトジャグリングです。それもマルチコンタクト。
水晶玉が手の上で回転しながら、青い玉が上から下に移動してました。
地味だし、近くで見ないとよくわからない演技だけど、すごい。

130914横浜 ヨコハマ大道芸 水晶玉


こちらはディアボロ。
ヨーヨーかと思ってましたが、違うものでした。
実際は下の写真の3倍くらいの高さまで上げて、キャッチ。

130914横浜 ヨコハマ大道芸 ディアボロ


ディアボロを巧みに操ってます。
かなりトリムして拡大してますが、18.5mmの単焦点のせいか、
それなりには見られます。

130914横浜 ヨコハマ大道芸 ディアボロ


web拍手 by FC2

[ 2013/09/27 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

9月14日 横浜みなとみらい

9月14日、また横浜に行ってきました。

本当は桜木町まで電車で行こうと思ってたのですが、
間違えてというか、何も考えずにというか、
乗り換えるつもりが、そのまま横浜駅で降りてしまいました。

今さら一区間だけ乗るのも悔しいし、そんなに距離もないので、
歩くことにしました。
東口に出て、日産本社ギャラリーを通り抜けて、みなとみらい方面へ…。


初めて歩くところです。
地図を見ると「グランモール」となってます。
通りの中央には花壇があります。新しい街なので緑も多いです。
写真はNikon1 V1+18.5mmで撮ってます(クリックで拡大します)。

130914横浜みなとみらい グランモールの花壇

130914横浜みなとみらい 花壇の花

130914横浜みなとみらい グランモールの花壇


グランモールの街路樹越しに見えたランドマークタワー。
緑があるだけで、いつも見てるランドマークタワーとは印象が違って見えます。

130914横浜みなとみらい ランドマークタワー


横浜美術館前。
ちょうど「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」をやってまして、
入場者が列をなしてました。三連休の初日ということもあってか、かなりの人でした。

130914横浜みなとみらい 横浜美術館

プーシキン美術館展のサイト http://pushkin2013.com/


ランドマークタワーとクイーンズスクエアの間にあった、巨大なオブジェ。
「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」と言う名前だそうで、
最上 壽之(もがみ ひさゆき)氏の作だそうです。
緑の中に金属製の構造物。名前の通り、モクモクと沸き立つ雲をイメージ。
ものすごく奇妙な形をしていて、でも何故か目を引く、不思議な物体です。

最上壽之-Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/最上壽之

130914横浜みなとみらい 巨大オブジェ


web拍手 by FC2

[ 2013/09/25 22:08 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

Nikon 1 AW1 10月発売

ニコンから新しいタイプのNikon 1が10月に発売されます。

「Nikon 1 AW1」というカメラですが、このカメラの最大の特徴は、

世界初の防水・耐衝撃性能を実現したレンズ交換式カメラ


Nikon 1 AW1ニコンホームページより


で、水深15mの防水性能と耐衝撃2mの強靭ボディーを備えています。
水深15mの防水性能があれば、通常のマリンスポーツであれば問題ないだろうし、
耐衝撃2mとなると、撮影中に地面に落としても問題ないということですね。

このカメラ、EVFはないですが、水中対応のポップアップフラッシュが内蔵されてます。
センサーの有効画素数は1425万画素ですから、
イメージ的にはJ3に防水性能と耐衝撃性能が追加された感じでしょうか。
ただ、内蔵フラッシュが出ている時は耐衝撃性は保証外だそうです。

J3と違うところは、アウトドアでの使用を考慮して、
1.ボタンサイズが大きめになっている
2.アクションボタンの追加による、操作性の向上
3.高度計、水深計、電子コンパス、水準機等を装備
4.操作ボタンロック機構
となってます。

2.については、アウトドアでグローブをはめている場合などを考慮し、
ボディ背面の「アクションボタン」を押しながら左右に傾けることで、
撮影モードの変更や再生画面での画像選択などの操作が可能になるというものです。
メニュー画面のGUIもこれに合わせて変更されてます。

そして、レンズ交換式カメラなので、
当然防水、耐衝撃性能を備えたレンズも同時に発表されてます。
発表されたレンズは2つ。
1.1 NIKKOR AW 10mm f/2.8
1 NIKKOR AW 11-27.5mm f3.5-5.6ニコンホームページより

2.1 NIKKOR AW 11-27.5mm f/3.5-5.6(水中でのズーミングが可能)
1 NIKKOR AW 10mm f/2.8ニコンホームページより

共に以前からNikon 1用レンズとして発売されている、
10mm f/2.8単焦点や11-27.5mm f/3.5-5.6ズームと性能的には同じになってます。
もちろん防水、耐衝撃性を考慮しなければ、他の1 NIKKORレンズや、
FT1を装着してのNIKKORレンズも使用可能になってます。


でも私としては、V3の登場を待ち望んでいるところです。
こういうのが出るとなると、未だ先なのでしょうか?


今、ニコンダイレクトで「Nikon 1 AW1防水ズームレンズキット」のキャンペーンがあって、
4GBSDカード+NDオリジナルキャリングケース+10%相当クーポンのプレゼントがあります。
(無くなり次第終了)


ニコンの「Nikon 1 AW1」のサイト
  http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/body/nikon1_aw1/index.htm
ニコンダイレクトの「Nikon 1 AW1」キャンペーンサイト 
  http://shop.nikon-image.com/nikon1/nikon1aw1/index.html


web拍手 by FC2

[ 2013/09/23 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

中秋の名月

昨日は中秋の名月。おまけに今年はちょうど満月。
次に満月の中秋の名月が見られるのは8年後。

中秋の名月と言っても、最近あまりいい天気ではなく、
見れない年が多かった気がします。
あくまで自分の感覚なので、実際の天気がどうだったのかは知りませんが…。
でも昨日は雲ひとつないと言っていいくらいの晴天。

ということで、月の写真を撮ってみました。


まずは会社帰り。まだ低い月です。
高くなってしまうと、ただ月の写真だけになってしまうので、
建物越しにとは思ったのですが、電気屋の看板越しになってしまいました。
この時はPanasonic DMC-TZ30しか持っていなかったので、TZ30で撮ってます。

130919中秋の名月 街中の月


こちらは、家に帰ってベランダから撮った月です。
Nikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しました。
本当は中秋の名月なので、
すすきが入った写真とかが良かったんですが、
そんなところもなく…。

130919中秋の名月 ベランダからの月


Nikon1 V1+AF-S70-300mmで撮った月です。
Nikon1 V1はEVFなので、ファインダーの明るさが補正されてしまい、
明るさを調整しても、実際に撮るまでわからないのが、
ネックです。

130919中秋の名月 NIKON1 V1 + AF-S 70-300mm


そしてこちらは、
Pentax K-r+DA☆300mm+F-AFアダプター1.7xで撮った月。
どちらも換算焦点距離は同じくらいになります。
写真はトリムして拡大してますし、色温度もあわせてます。
見た目、差は無いようにも見えますが、
ややPentaxの方が、コントラストがはっきりしてるようにも、
見えます。

130919中秋の名月 PENTAX K-r + DA☆ 300㎜


いずれにしても、オリジナル画像で判断できる程度の差です。


web拍手 by FC2

[ 2013/09/20 23:09 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

「第35回尾島ねぷたまつり」 その4

台風18号による熊谷市の被害は自分が想像していた以上だったようです。
月曜日、仕事から帰ってテレビを見ると、TV各局が、
突風(いくつかは「竜巻」と認定されたようです)による被害状況を、
市内のいろんな場所から放映していて、
映像を見る限りでは、かなりひどい状況でした。

熊谷市のホームページを見ると、被災地域はいくつもあり、
近いところだと、自分の家から1km範囲内のところも。
テレビでは被災者のコメントで
「まさか、自分のところがこんな目に… 」
と言った言葉がよく聞かれますが、
最近の気象状況からすると、もう他人事とは言えません。
本当に、こうした災害に遭う、遭わないは紙一重というところです。

また、京都の嵐山の様子もテレビで見ましたが、
自分も何度か行って見ているあの風景が、あんなになってしまうとは…。
知っている場所だけに、脅威を感じてしまいます。

家の近くの利根川は火曜の朝、通勤時の状況では、
河川敷のゴルフ場までは冠水した跡がありましたが、大丈夫でした。
でも、京都の事を考えると、今後どうなるかはわかりません。
仕事で家にいない時に、何かあったらと思うと憂鬱になります。



さて、話は変わって「第35回尾島ねぷたまつり」の その4 です。
まつりを見てから既に1ヶ月以上が過ぎてしまってます。

今回は動画です。
今回はNikon1 V1で動画も撮ってます。
夜の手持ちなので、かなり心配してましたが、
PanasonicのDMC-TZ30のようにAFが迷うことも少なく、絵もきれいです。

使用した10-30mmズームは手振れ補正機能がついてますから、
手振れもそれ程目立ちません。
目立つ手振れは例によって、EDIUS Neo 3に付属のMercalliで補正していますが、
補正後もユラユラせず、自然です。
補正したカットと補正してないカットの差がわからないと思います。




web拍手 by FC2

[ 2013/09/18 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

台風18号通過

先週末、土日で横浜方面に出かけていたもので、
ニュースを見る機会があまりなかったんですが、

ロケット、イプシロンの打ち上げが成功したとか、
プロ野球ヤクルトスワローズのバレンティンが本塁打の新記録を打ったとか、

いろんな話題がありました。
イプシロンも昔からの日本の技術であった固形燃料ロケットによる衛星投入
(当時制御が難しいということで、液体燃料計のH型ロケットに移って行った経緯があったと思います)
が話題になってましたし、2回程打ち上げが中止になっていたので気になってました。

でも今は何と言っても、台風18号ですね。
日曜日には接近してくるというので、出先での雨が心配でしたが、
朝のうちは降っていたものの、昼前位から雨が上がって、陽も出てました。
ちなみにこの日は江ノ島にいました。
江ノ島の海はうねっていて、波も高かったので、サーファーで大賑わい。

家に帰るまでの間、特別強い雨に降られることもなく済みましたが、
今日は大変です。


朝のニュースでは未明に熊谷、行田で突風による被害が出たとありましたし、
会社に来る時、途中の桜並木では桜の太い枝が何本も途中で折れてました。
コンクリート製の電柱が折れてるのも見ました。
相当強い風が吹いたようです。
熊谷に住んで十数年になりますが、初めての経験です。

被害に遭われた方々に申し訳なくて幸いにもとは言えませんが、
被害のあった地区とは離れていますから、
自分の家は何ともなく、そんな災害があったとは気づきもしませんでした。
実家の母も心配になったらしく、朝、電話がかかって来ました。

昼の段階では真上を通過中です。
発生からあまり時間が経ってない状態で来たものですから、
活きがよく、勢力が衰えてません。
今日は敬老の日で世の中は祭日、休みですが、私は仕事。
昼休みにテレビのNHKニュースを見ましたが、
ボリュームをかなり上げないと聞きづらいくらい、
「ゴー、ゴー」と雨と風の音がうるさく、建物も揺れてます。
風で、又は風で飛ばされてきた物で、
ガラスが割れないかと気が気ではありません。


15時過ぎには、やっと雨が収まってきましたが、
風は時折、建物を揺らす程に、はげしく吹いています。

今現在、台風は既に日本を抜け温帯低気圧に変わったみたいです。
今年は台風が少ないなと思っていたのに、
来たとなったらこれですから、やんなっちゃいます。

帰ってニュースを見ることにしますが、
大きな被害が出ていない事を祈ってます。

あまり仕事に身の入らない1日でした。



web拍手 by FC2

[ 2013/09/16 20:02 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

1 NIKKOR 18.5mm f/1.8で撮った妻沼聖天山

妻沼の聖天山近くに行く機会があったので、
先日購入したNIKON1 V1と1 NIKKOR 18.5mm f/1.8を持って、
聖天山の写真を撮ってきました。

聖天山の撮影は今回で2回目です。
前回はDMC-TZ30で撮りましたから(記事はこちら)、NIKON1では初めてです。

入口近くの貴惣門。とりあえず絞り開放で撮ってみました。
天気はよくなかったですけど、明るいレンズなので、しっかり撮れてます。
周りには黄花コスモスが咲いていて、いろんな虫達が集まってました。

130907妻沼聖天山 貴惣門
ISO100 F/1.8 SS1/800


イチモンジセセリ。
ケンコーの「PRO1D ACクローズアップレンズ No.3」をつけて撮影しています。
(下3枚)

130907妻沼聖天山 イチモンジセセリと黄花コスモス
ISO00 F/2.8 SS1/800


オオスカシバ。
シャッタースピードを上げられるので、ホバリングしている虫もピタッと止まります。

130907妻沼聖天山 オオスカシバと黄花コスモス
ISO00 F/2.0 SS1/1250


ツマグロヒョウモン。

130907妻沼聖天山 ツマグロヒョウモンと黄花コスモス
ISO00 F/2.0 SS1/1600


貴惣門に施された彫刻。
コスモスのボケ具合もなかなか。

130907妻沼聖天山 貴惣門彫刻と黄花コスモス
ISO100 F/2.0 SS1/400

コスモスに焦点を当てて背景をぼかしてみました。
絞りをF/4.5とF/8.0に変えて、撮っています。

130907妻沼聖天山 貴惣門彫刻と黄花コスモス
ISO110 F/4.5 SS1/125

130907妻沼聖天山 貴惣門彫刻と黄花コスモス
ISO180 F/8.0 SS1/125


web拍手 by FC2

[ 2013/09/13 21:34 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

第35回尾島ねぷたまつり その3

「第35回尾島ねぷたまつり」 その3です。

商店街のある店で見た絵です。
なかなか魅力的な女性ですが、刀を抜くところです。

何の店だったか忘れてしまいました。
書とか額の関係だったかと思ってましたが、「あんこ あります」の文字も見えますね。
ちょっと不思議。

130814尾島ねぷたまつり 商店街の絵



ところで、「ねぷた」と「ねぶた」、2つの呼び方を聞きます。
私なんかは、2つの名前があることは知っていたものの、
その違いや弘前と青森、どちらが「ねぷた」で、どちらが「ねぶた」かさえ、
まったく知りませんでした。

調べてみると、元々は同じ名前、同じ行事で、違いはなかったようです。
それが地域性により訛り方が違って、呼び方が分かれたというのが定説みたいです。
そして、有名な祭りとしては、弘前が「ねぷた」で、青森が「ねぶた」なので、
この2つのまつりの違いが、「ねぷた」と「ねぶた」の違いと一般に認識されてるようです。

ちなみに、この2つのまつりの違いはというと、

弘前ねぷた
 扇型のねぷたがほとんど
 掛け声は、ヤーヤドー

青森ねぶた
 人形型のねぶたがほとんど
 ハネト(跳ね人)が存在する
 掛け声はラッセ(ラー)

ということで、尾島のまつりは弘前の流れを汲んでいるので、
ほとんどが扇型のねぷたで、ヤーヤドーの掛け声で運行されていくことになります。
ただ、一部には人形型らしきねぷたもありました。
下の写真でいくと、左のねぷたが人形型になるでしょうか(右は扇型ねぷた)。

130814尾島ねぷたまつり 人形型と扇型


さて、今回は夜店の写真の紹介です。


web拍手 by FC2

[ 2013/09/11 22:03 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

2020年夏季オリンピック 東京に決定!

8日、2020年の夏季オリンピックの開催都市が東京に決まりました。

2020tokyo

いやー、びっくりしましたね。
日曜日に候補地が決定されるのは知ってましたが、時間までは知りませんでした。
それにプレゼンなんかも、見ているこっちの方が緊張してしまうので、
ライブでは見ようとも思ってなかったし、ましてや、決定の瞬間なんて、
とてつもなく心臓に悪いので、テレビの番組表も見ない様にしてました。
後から結果を見ればいいやと… 。

そんな状態でしたが、日曜日の朝偶然にも目が覚めてしまいました。
最近年なので、休みでも早く目覚めることは多くなってはいますが、
まだ外は薄暗いものの、目が冴えて寝つけません。

何時だろうと思いつつ、テレビを点けると、5時前。
テレビではちょうど、国際オリンピック委員会の様子が中継されてました。
どこにチャンネル回しても皆オリンピックの話題。

東京がトップで、マドリードとイスタンブールが同点。
東京は2回目だし、マドリードが優位との話もあったし、イスタンブールはイスラム圏初だし。
どの国もいろんな問題を抱えてはいるものの、東京はないだろうと思ってたのに意外。
(安倍首相、 UNDER CONTROL と世界に向けて言ったのだから、
 全力を挙げて、目に見える形で原発問題を収束させて下さいね
 東京に影響が来てない事とは全く関係ないですから… )

そうこうしているうちに、東京とイスタンブールとの決選投票。
各国の紹介ビデオやなんやらと、もったいつけられて緊張しまくったあげく、
(これだから見たくなかったんですけど… )
ロゲ会長が「TOKYO 2020」のカードと共に、そっけなく、そして小さい声で「TOKYO」。
その後大歓声。
正直、あの言い方何とかならんかなぁー、と思いましたね。

結局、決定的瞬間を見てしまいました。
その後は、プレゼンの模様(O MO TE NA SHI などとか)やロビー活動での話など、
落ち着いて、でも興奮さめないまま見直しました。



64年の東京オリンピックの時、私はまだ小学生で、
父の実家がカラーテレビを買ったというので(多分オリンピックの為)、
人生初めて、テレビのカラー映像というのを見ることが出来ました。
ブルーインパルスが国立競技場の上空で、スモークで書いた五輪が、
オリンピック色だとわかったのが、ものすごい衝撃でした。

もちろんその後の競技もたくさん見ました。
柔道のヘーシンク(日本が柔道で負けたのがショック)、バレーの東洋の魔女(回転レシーブ)、
マラソンの裸足のアベベと円谷の活躍(最後の最後に抜かれたのが悔しかった)、などなど。
でもこの頃は今と比べたら情報が格段に少ないし、録画も出来ないので、
自分がその時テレビで見た直接の記憶なのか、その後のテレビ番組で何回も出された画面の
記憶なのかはっきりしない部分も多くあります。

その後、学校の授業の一環で、市川崑監督のドキュメンタリー映画を観に行った記憶もあります。

東京での開催は56年ぶりで、経済効果はもちろんのこと、少子化対策にも影響あるようです。
そして何よりも、青少年、子供たちに与える影響は計り知れないと思います。
(自分たちがそうだったように)

人生で2回も東京オリンピックを見れるのは、日本人の中でも少ない部類でしょう。
とはいえ、私も1964年の東京オリンピックを生で見れた訳ではありません。
7年後というと、普通にしていればまだ生きているはずの年齢なので、
2020年のオリンピックは是非生で見たいですね。
あの感動を、直にその場で味わいたいと思います。


web拍手 by FC2

[ 2013/09/09 21:06 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)