石垣島旅行 その3 -八重山舞踊ショーと夕食-

「石垣島鍾乳洞」の見学も終わり、ホテルにチェックインします。
ホテルは「南の美ら花ホテルミヤヒラ」というところ。
石垣島離島ターミナルからすぐそば(歩いて約1分)にあります。

写真はホテルの部屋から港を見たところです。
南国の空は5時を過ぎてもまだまだ明るいです。
(写真はNikon1 V1+1 Nikkor18.5mmで撮ってます)

131020石垣島旅行 ホテルミヤヒラからの眺め


石垣島の繁華街「美崎町」にも近いところですが、
夕食はホテルでではなく、
「八重山舞踊ショー」を見ながら、郷土料理をいただくということで、
レストランシアター あじ彩」(送迎付き)に出かけて行きました。

下の絵は、この日のGARMIN Oregon450のトラックログを、
Google Mapに貼り付けたものです。

先日、Oregon450英語版に日本語表示させる為の方法を書きましたが、
10月18日のエントリ
今回旅行で、石垣島に来るにあたって、
Oregon用に日本語の新しい地図が欲しいと思って、やってた訳です。

空港についてから、すぐにGPSの電源入れるのを忘れた為、
途中からの表示になってます。(右端が新空港)
このログがあると、カメラの撮影時間から撮影場所が特定出来ます。

131020石垣島旅行 20日のGPS移動経路


ホテル近くの拡大図です。
赤いピンを指してある場所が「石垣島鍾乳洞」、
青のピンの場所が「南の美ら花ホテルミヤヒラ」、
緑のピンの場所が「レストランシアター あじ彩」です。
食事の後、衛星をロストしたらしく、一部直線になってますが、
だいたいは道路上に乗ってます。

夜に美崎町をうろついたのまで入っちゃってますね。

131020石垣島旅行 20日のGPS移動経路



では、八重山舞踊ショーからいきましょうか。

131020石垣島旅行 あじ彩 八重山舞踊ショー


食事をしながらのショーになってます。

AdobeのLightroomでボカシを入れてますが、
顔が半透明みたいになってるのは、ご勘弁願います。

web拍手 by FC2

[ 2013/10/30 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

石垣島旅行 その2 -石垣島鍾乳洞-

第1764回のFC2トラックバックテーマは「落として大変だったもの!」ですが、
実は、今回の石垣島旅行中にカメラを落としてしまいました。
最近よく使っている「Nikon1 V1+1 Nikkor18.5mm」です。

2日目の夜、食事の後に外を歩いていたら、手が滑ってしまいました。
多少(?)お酒を飲んでいたので、酔っていたせいもあると思います。
自業自得とはいえ、ちょっとショックです。

写真の通り、見た目はあまり変化がないようですが、
バッテリを止める爪(黄色)とフタを止める爪が両方共折れてしまい、
撮影出来ない状態になってしまいました。

無理やり手で押さえて電源入れると、「日付を設定しろ」とのメッセージが出て、
ショックでおかしくなってる様子。
購入した「キタムラ」に持っていったら、
保障も効かないし、内容的にも修理代が高そうとのこと(買い直した方が… )。
とりあえず修理代の見積り依頼中。
まだ結論は出てないですが、とほほ…、めちゃ憂鬱です。

最近の「落として大変だったもの!」でした。

131021Nikon1 V1 落として壊れた




そんな状態ですが、石垣島旅行はまだ初日。
この日の観光は、到着時間の関係で「石垣島鍾乳洞」のみです。
(この時はまだ、Nikon1 V1+1 Nikkor18.5mmで撮影してます)

131020石垣島旅行 石垣島鍾乳洞入口


web拍手 by FC2

[ 2013/10/28 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

石垣島旅行 その1 -羽田空港発-

最近だいぶ寒くなってきました。
今日なんかは、雨が降ってることもあり、少し暖房が欲しいくらいの気温です。
10月の2週くらいまでは夏の天気だったのが、うそのようです。

それに、10月も終わるかという頃になっても、まだ台風が来てます。
先日、台風26号が甚大な被害をもたらしたばかりなのに、
似た経路を通って今度は27号、おまけに28号も…。
少しそれたものの、関東は今夜がピークで雨が心配。
大きな被害が出ない事を祈るばかりです。



そんな中、石垣島に行ってきました。
今年の3月に開港した、「新石垣空港」に新しく出来たANAの直行便を使ってです。

この日の羽田は雨。
新しく発生した台風27号の影響はまだないと思われますが、
羽田がこれなので、これから行く石垣地方はどうなるのか、ちょっと心配。
無事着くか?、ついても帰りはどうなるか(飛行機が飛ぶか)?、
向こうの天気はどうなのか?

なんといっても、あちらは自然の景色が第一。
雨、特に嵐だったら、どうにもなりません。
それに、島めぐりがあるので、船にも乗らないといけません。
(写真はNikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しています)

131020石垣島旅行 羽田空港


使用機体の到着が遅れているとのことで、
出発時間も変更となり、搭乗ゲートも69番から、73番に変更となりました。
空のダイヤも相当乱れてます。ますます先行きが不安… 。

131020石垣島旅行 搭乗口


web拍手 by FC2

[ 2013/10/25 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

9月15日藤沢・江ノ島 江ノ電(江ノ島から藤沢)

江ノ島をちょこっと見た後の帰り道は、江ノ電で藤沢に行くことに。

国道134号線から、境川に沿った道に入ります。
昔ながらの狭い道です。
(写真はNikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しています)

130915江ノ島 江ノ電 駅までの道


江ノ電の「江ノ島駅」。
先には、「JR大船駅」から来ている、
湘南モノレールの「湘南江ノ島駅」が見えます。

このモノレール、羽田空港に行ってるモノレールと違って、吊り下げ式。
下にレールがなく、宙に浮いてる感じで、不思議な気分。
乗り慣れないせいか、遊園地の乗り物に乗ってる気分になります。
窓から下に見える景色もきれいです。
それに、この辺は丘陵地帯でカーブが多く、その割にスピードを出すせいか、
カーブでは車体が傾き、なかなか面白い(スリル感アリ)です。
(ちょっと遅めのぶら下りタイプのジェットコースター?)
湘南モノレール江ノ島線-Wikipedia に写真があります)

逆に、車を運転してる時に上を通過したり、すれ違う時には、
違和感(恐怖?)を感じます。
(線路が道路の上にあって、意外と低いところ走る区間もあるので… )

これに乗って、大船経由でも帰れるんですが、
今回は乗りません。

130915江ノ島 江ノ電 江ノ島駅


江ノ電は「藤沢」から「鎌倉」までの単線電車なので、
「江ノ島駅」といっても小さな駅です。
昔、江の島の花火大会の後、小田急がものすごく混んでいたので、
江ノ電の方が多少空いてると思って、こちらから帰った事があります。
(もちろん、こちらも目茶苦茶混んでましたが… )


web拍手 by FC2

[ 2013/10/23 21:33 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

9月15日藤沢・江ノ島 江ノ島散歩

水族館を出て、台風も心配だし、
(ブログに載せるのに、だいぶ時間経ってるので、再度説明しますが、
この日は大きな被害をもたらした、台風18号が関東に来る前の日です)
歩き疲れた感もあるので、帰ろうかとも思いましたが、
せっかくなので、やはり江ノ島まで行くことにしました。



すっかり晴れて来ましたが、やはり台風の影響は大きく、
風が強く、波はうねり、雲が空に伸びてます。
(写真はNikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しています)

130915江ノ島 江ノ島散歩


灯台にも時折大きな波がかかり、白くとび散ってました。
街灯よりも高くなってるので、3m以上の高さがあると思います。

写真を撮ってる時には気がつかなかったですけど、
よく見ると、釣りでもしてるのでしょうか?
堤防の手前側に人がいるようにも見えます。

私も藤沢に住んでいた頃は、自転車で来て(渋滞や駐車場の関係で車より楽です)、
ここや腰越の漁港の先の堤防で釣りしてましたが、こんな時にはごめんですね。
(こちらは30-110㎜ズームで撮影)

130915江ノ島 江ノ島散歩 灯台


web拍手 by FC2

[ 2013/10/21 23:45 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

Oregon450英語版用ファームウェアv5.90以降での日本語表示

久しぶりにハンディGPSの話題です。

ファームウェアのバージョンがv5.90になってから、
日本語が表示出来なくなっていたGarminのOregon450ですが、
いろいろと調べてみたら、対応策があることがわかりました。



自分の場合、ハンディGPSの本来の使い方は、
グライダーでの位置確認(今のところ5nmローカル)とトラックログ記録なので、
特に日本語でなければならないとか、最新の地図が欲しいといった要求はないので、
だいぶ前に台湾のサイトからダウンロードしたフリーの日本地図で充分です。

ただ、今まで日本語が表示出来ていたのがダメになった訳だし、
自分で設定したPOIは相変わらず、日本語として表示出来ているので、
なんとか日本語で表示させたいと思ってました。

それで、地名を「S-JIS」ではなく、「UTF-8」で書き込めればOKだろうと思い、
以前から試してました。

まず最初は、
1.MPファイルをテキストエディターで開いて、文字エンコードの種類を「UTF-8」に変更。
2.GPSMapEdit1.0のファイルエクスポートで、cGPSmapper経由でIMGに変換。
  でも、GPSMapEdit1.0ではコードページ「65001(UTF-8)」が扱えないせいか、NG。

次に、
1.同じく変更したMPファイルをmkgmapを使用して変換。
  これも、コードページに「65001」を指定すると、「65001」は非対応とのメッセージでNG。
2.コードページを「932」にして変換しても、まともに表示されず、NG。

こうした状況でいくつかトライするも、すべてNG。
とりあえず諦めてました。

でも最近、GPSMapEditが2.0になり、コードページ「65001」が対応したということと、
直接変換出来なくても、バイナリでコードページを修正すればOKとの情報を得ました。
早速試してみました。


web拍手 by FC2

[ 2013/10/18 21:34 ] ハンディGPS | TB(0) | CM(0)

9月15日藤沢・江ノ島 新江の島水族館 その4

「新江の島水族館」の話題、その4です。
今回は展示されてたさかな(さかな以外も)の紹介です。

最初は「相模の海ゾーン」から、タカアシガニ。
(Nikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しています)

世界最大の節足動物、大きさは3mにもなります。
自分としては、相模湾というよりも、西伊豆(駿河湾)のイメージが強いのですが…。

130915新江の島水族館 タカアシガニ


続いて、「深海Ⅰ -JAMSTECとの共同研究-」コーナーから、
「ダイオウグソクムシ」。

最近、深海生物に注目が集まっていて、人気が出てきてますが、
これもその一つ。

世界最大のダンゴムシのなかまで、水深170~2,500mに生息し、
成長すると体長が45cm、体重は1.7kg位になるとのこと。
(見たのは、そこまで大きくはありませんでした)

このムシ(?)、地上に生息するダンゴムシと同じ仲間だそうですから、
こうした生物の世界は不思議です。
これだけ大きくなれるのは、地上より生活しやすいのでしょうか?

と思っていたら、逆の様です。
この種類のムシ達の大半は、海の中で生活しているそうです。
そして、さらに生活の場を広げる為に陸に上がって行った。
そんな進化の過程があるみたいです。

深海生物なので、展示されてる水槽がかなり暗く、
ピンボケ&ブレブレな写真になってます。
(何枚も撮ったんですが、全部不発でした)

130915新江の島水族館 ダイオウグソクムシ


web拍手 by FC2

[ 2013/10/16 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(2)

10月12日 板倉滑空場

今日は世間的には3連休の最終日ですが、
私はいつもの通り、仕事をしています。

気温も今日は平年並みになってますが、土曜日は暑かったですね。
土曜日はグライダーに乗りに板倉に行ってきましたが、
30℃を超えてました。

10月も半ばになろうといる時に、この気温。
なんだか記録づくめだそうで、どこぞでは桜の花が咲いたとか。
人間も桜も季節の感覚がわからなくなってしまう程、スゴイことになってます。

そうは言っても、昼間の時間だけは秋。夏の頃に比べると格段に短くなってます。
この日の日没は17時10分。毎日2分程短くなってますから、
もうすぐ16時台に突入です。

そして板倉でもう一つ秋を感じるのは、ランウェイが33になったことですね。
今までは南に向かって離着陸していましたが、
この日は北西の風が予想されたので、北に向かっての離着陸になります。

下の写真は朝のピスト。
Nikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しています。
まだ、南西方向からの弱い風ですが、この後北西に変化してきます。

131012板倉滑空場 朝のピスト


この日から、指定養成用の訓練が始まりました。
これは、ライセンス取得に向けての最終確認で、実技と学科を再確認します。
これで一定レベルに達していないと判断されると、本試験が受けられません。
今回受験するのは3人。ですからこの3連休も全て訓練、大変です。

下の写真はそのミーティング。
3人が2回ずつ飛びますから、計6回。この日の発航回数がその分増えます。
午後学科もあるし、試験を受ける為ですから、優先的に飛びます。
したがって、他のメンバーは後回しになることもありますが、仕方ありません。
自分も過去には、こうしてライセンスを取らしてもらいました。

131012板倉滑空場 待機中の曳航機とグライダー


web拍手 by FC2

[ 2013/10/14 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

9月15日藤沢・江ノ島 新江の島水族館 その3

「UOGOKORO(うおゴコロ)」と「しんかい2000」の話題です。

「UOGOKORO(うおゴコロ)」と言うのは水族館のショーのひとつ。
えのすいトリーターが相模湾大水槽に入って、
魚と触れあうパフォーマンスです。

「トリーター」というのはこの水族館の展示飼育スタッフの名称で、
生物を飼育(treat)し、お客様をおもてなし(treat)
することからつけられたそうです。

ショーの説明の後、トリーターが水槽に潜って行きます。
(写真はNikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しています)

130915新江の島水族館 うおゴコロ



「しんかい2000」は、
海洋研究機構(旧 海洋技術センター)が保有、運用していた有人潜水調査船。
1981年に完成し、2004年まで運用されてました。
その間、日本周辺を中心として、1,411回もの潜航調査が行われ、
日本の深海研究の進展に大きく貢献してきました。
最大潜航深度が2000mなので「しんかい2000」。三菱重工製。

前艇の「しんかい」の最大潜航深度は600m。
後継の「しんかい6500」の最大潜航深度は6,500m。

新江ノ島水族館には、この「しんかい2000」の本物が、
常設展示されてます。

(詳細は しんかい2000-Wikipedia で)

130915新江の島水族館 しんかい2000


では、それぞれの詳細です。


web拍手 by FC2

[ 2013/10/11 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

9月15日藤沢・江ノ島 新江の島水族館 その2

「新江の島水族館」の話題。
今回は「クラゲ」。

ここは昔から「クラゲ」の展示で有名だったと思います。
それはリニューアルされた「新」になっても、変わってません。

「クラゲファンタジーホール」と「クラゲサイエンス」の2ヶ所で、
10数種類のクラゲが展示されてます。

色々な形や色のクラゲがいて、ゆったり泳ぐというのか、流れるというのか、
時間と共に形も変化するので、見ていて飽きないです。
時間を忘れて見てしまいまいた。

その中で、いくつかを写真に撮ってみました。
Nikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮っていますが、
明るいレンズではありますが、展示スペースも明るさを抑えているので、
あまりうまく撮れませんでした。



タコクラゲ(蛸水母/Spotted jerllyfish)

「タコのように自由自在には動けませんが、
 明るい陽の光の下でプカプカするのが得意です」

と説明が書いてありました。

130915新江の島水族館 タコクラゲ


ミズクラゲ(水水母/Moon jelly)

説明は、
「真昼の空の満月のようなクラゲ。海で出会う群れは以外にアクティブ。
 ただ流されてるわけではないのです。」

130915新江の島水族館 ミズクラゲ


実際のクラゲを見ながら、名前の和名と英名を比べると、
実に面白いです。
発想は違いますが、どちらもうまく特徴を捉えているのが不思議。

例えば「タコクラゲ」。
確かに見た目の色、形がタコのようでもありますし、斑点もあります。

「ミズクラゲ」も、コメントの通り青空に昇った月と言われれば、
確かに、と思ってしまいます。
となると英名を付けた人は、
写真のように、水中から見て昼間の月を連想したのか?、
それとも、
地上から水面を見て、夜空に浮かぶ月を連想したのか?、
妙なことを考えてしまいました。


web拍手 by FC2

[ 2013/10/09 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)