ホタル観察会 -ぐんまこどもの国-

6月28日ぐんまこどもの国で「ホタル観察会」があり、参加してきました。
当初の予定では一週間ほど早かったんですが、今年はホタルの生育が遅いとのことで月末近くまでずれてしまったそうです。
それと発生数も例年よりも少なかったのだそうです。ここだけではなく、他の地域でも同じ傾向だそうで、今年の梅雨は豪雨が多く、それで流されてしまったのでは?と係りの人は言ってました。

今年の観察会ですが、結局25日から始まりました。
平日には事前予約が必要で、定員は30名とのこと。
最近また仕事が忙しく、とても平日に参加するのは難しかった(予約しても予定が立たないので)ので土曜日に仕事を終えてから参加することにしました。

「ホタル観察会」なんて初めてだったので様子がわからず少し早目に行ったんですが、向こうで確認したら、
ホタルは暗くならないと出てこないので、観察は午後8時以降とのことでした。
確かに今の時期、7時でもまだ明るいですからね。

園内が暗くなると危ないので係りの人が誘導してくれるそうです。
それとここは通常午後8時には門が閉まってしまいますが、この期間だけは観察会が終了するまで開いているそうで、そんなことから人数の制限と予約が必要になってる訳です。

さて、8時まで時間をつぶすと、ホタルについて係りの人がスライドを見ながら説明してくれます。
その頃になるとどこにこれだけいたのだろうというくらい人が集まってきました。
最終日でもあり、自由参加(定員なし)だからかも知れません。
時間は約10分。テーマは「ホタルがいつまでもいるにはどうしたらいいんだろう?」です。

140628ホタル観察会 スライド説明
Nikon1 V2+18.5mm(三脚使用)


web拍手 by FC2

[ 2014/06/30 21:41 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6 発売 -Nikon1用超望遠ズーム-

NIKON1 V3と同時に発表になったものの発売が遅れていた「1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6」ですが、6月26日(昨日)にやっと発売開始になりました。

まだ発売されたばかりで情報が少ないですが、価格が高いのと、今購入しようとしても実際に手に入るのに時間がかかるといった話もあります。

価格は「Amazon」で、




「価格.com」で一番安い(2014/6/27時点で)「カメラのキタムラ」でも「\118,200」ですから結構高めです。
「NIKON1 V3」も高いですから、なかなか手が出ません。
このレンズを購入したとしても当面は「V2」で使用することになります。

先日、「中島スケールモデル飛行大会」でラジコンスケール機を撮った時にFT1+70-300mmZoomの使い勝手とフォーカスの合い具合(フォーカスを合わせる時に一旦大きく外れるのとAF-Cの追従がうまくいってない感じで失敗作の量産になってしまった)に不満を感じていたので、NIKON1専用というのと、フォーカスリングがついたり、フォーカス制限機能がついたりしてるので期待してるんですが、どうなんでしょう?
(要するにピント合わせが早くなって、被写体が中央からずれてもピントが合い続けてくれるといいんですが…)

しばらくは、購入した人のレビューを見ることにして、よさそうな意見が多ければ、もう少し安くなった時に購入したいと思います。


web拍手 by FC2

[ 2014/06/27 21:21 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

2014ブラジルW杯サッカー日本代表 グループリーグ敗退

ブラジルで行われているサッカーのワールドカップ。今日、日本代表がグループリーグ最後の試合をしましたが、コロンビアに1-4で負けてしまいグループリーグ敗退となってしまいました。
残念という気持ちもありますが、1戦目から見てるとなんか勝てそうにもない感じがして、実力が出せないままというか、これが実力なのか、相手の凄さばかりが目立ってた感じでした。


2014FIFA ワールドカップ ブラジル大会


今回の大会、日本の試合は全てリアルタイムで見ました。
1戦目は日曜日だったので、期待して見てたんですがダメ。
2戦目は朝7時に会社に来てから見たんですが、消化不良的な内容。
3戦目(今日)は朝5時からだったし、1、2戦を見てるととても勝てそうになかったので、どうしようかと思ってたら不思議と朝3時に目が覚めてしまい(まだ真っ暗だったので恐る恐るテレビの電源入れて時間を見たら3時過ぎだったので焦りました)、再び眠れずそのまま試合に突入という状態でした。

最初にPKになった時はやっぱりダメだと思ったものの、前半終了前に追いつくともしかしたらと期待したり、でも1-2になったらやはりそううまくはいかないかなどと、朝から体に良くないことばかりでした。
自分はサッカーに関しては詳しいという程ではないので評論は出来ないですけど、でもこうした国際試合(オリンピックなんかもそうですが)では日本人に頑張ってほしいものです。ですから期待外れに終わるとがっかり感も大。
試合後、渋谷の交差点が拍子抜けするほど静かだったのも、サポーターのがっかり感の大きさなのでしょうか。

いずれにしても、選手たちはこれから(すでに?)内外のマスコミや評論家の逆風報道にさらされることでしょう。
誰でも試合前に弱気な発言は出来ないでしょうし、最初からそんな気持ちでいたら実力も出せません。
でも結果は結果。耐えるしかないでしょうね。しっかり耐えて、よく考えて次に進んで行ってもらいたいものです。

それにしても今日はだる~い… 。


web拍手 by FC2

[ 2014/06/25 20:30 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

QNAP TurboNAS用モバイルデバイスアプリ Qfile

QNAP TurboNAS「TS-469Pro」を使いだしてから、ネットワークの速度やバックアップに一部問題が残ってはいるものの、だいぶ落ち着いてきました。

そこで、スマートフォン用のデータ(特にマルチメディア関係)もQNAP TurboNASで管理することにしました。
QNAP TurboNAS導入前はクラウドストレージ(Google DRIVEやDropboxなど)を使ってたんですが、容量に問題があったり、使い勝手が悪かったり、挙句には突然サービスが終了してしまうなど、思うように使えるものがなく(2013年8月9日のエントリー)、現状で使っているのは「Dropbox」と「Google DRIVE」だけになってます。

QNAPには「Qfile」という専用のアプリがあるので、設定も簡単で、データをアップロードする必要もない(当然ですが)ので、使い勝手もなかなかいいので、自分の中ではこれからの主流になっていくと思います。

インストールと設定ですがQNAPのサイトに詳しい説明がありますから、そちらを見て下さい。

下の画面左は管理画面ですが一度設定してしまえば、特に意識することなく自動的にログインして右の画面になります。
QNAPの設定でログインしたIDで許可されたフォルダのみが表示されます。

140620Qfile 管理画面   140620Qfile ログイン後のフォルダー表示


web拍手 by FC2

[ 2014/06/20 21:23 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

6月1日 富嶽を飛ばそう会 -中島スケールモデル飛行大会ー その6

「中島スケールモデル飛行大会」の最後です。
今回は動画です。
NIKON1 V2+FT1+70-300mmZoomで撮影しています。

全て手持ちで撮影しているので相変わらず手ぶれがひどいです。
手ぶれ補正をかけているので、追従出来なくなった時に「ガクッ!」と動いてるところもあります(というよりそんなのばっかですが…)。あまりにひどいのは「メルカリ」で補正してますが、「ガクッ!」は補正出来ないので、細かい手ぶれが補正されると「ガクッ!」が目立ちます。

一度手ぶれ補正なしにして、三脚にセットして撮影したいとは思ってるんですが、どうしても上空を速く動くものを三脚で追うという気持ちになれず、いつも失敗してばっかです。
やはり動画は動画専用のカメラで撮った方がいいのでしょう。

とりあえず最初は今回のメイン(自分としては)であった「富嶽」の飛行の様子です。
「富嶽」は旅客機タイプだけでしたが、午前と午後2回飛びました。
それで午前は写真を、午後は動画を中心に撮りました。




web拍手 by FC2

[ 2014/06/18 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

6月1日 富嶽を飛ばそう会 -中島スケールモデル飛行大会ー その5

「中島スケールモデル飛行大会」の続き。

最初は「C-130」。
航空自衛隊でも使われてる有名な輸送機です。
詳細はWikiを見て下さい。

滑走路を移動していくところ。4発プロペラのかなり大きい機体です。
エントリー表を見ると1/10スケールで全幅が4.04mとのこと。

140601中島スケールモデル飛行大会 C-130輸送機
PENTAX K-5Ⅱs+DA★300

離陸中の「C-130」。

140601中島スケールモデル飛行大会 C-130輸送機


「U.S.AIR FORCE」仕様の機体になってます。

140601中島スケールモデル飛行大会 C-130輸送機


web拍手 by FC2

[ 2014/06/16 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

6月1日 富嶽を飛ばそう会 -中島スケールモデル飛行大会ー その4

「中島スケールモデル飛行大会」の続き。
今回は外国の機体「ユンカース52」と「スピットファイアMK1a」そして「PT26練習機」。

最初は「ユンカース52」。
ドイツ製でエンジンは3発。詳細はWikiを見て下さい。

この飛行機、実機と同じ波板外板が特徴なんですが、PENTAX K-5Ⅱsで撮ったら若干問題が出てしまいました。
PENTAX K-5Ⅱsはローパスレスなので、解像度が高い半面「モアレ」が出やすいと言われてますが、まさしく波板の模様と干渉したらしく派手な「モアレ」が発生してしまいました。

140601中島スケールモデル飛行大会 ユンカース52
PENTAX K-5Ⅱs+DA★300


上の写真を拡大したのが、下の写真。
ルーフ部に「モアレ」がくっきりと見えます。
機体の波板もほぼストレートで、撮影時の大きさも、条件が全て揃ってしまったのでしょうか?
今までこういうのはありませんでした。

140601中島スケールモデル飛行大会 ユンカース52 モアレあり


これを普段現像で使用してるADOBE「Lightroom」の「ノイズ低減」で調整してみました。
かなり目立たなくなったではないでしょうか。

140601中島スケールモデル飛行大会 ユンカース52 モアレなし


web拍手 by FC2

[ 2014/06/13 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

6月1日 富嶽を飛ばそう会 -中島スケールモデル飛行大会ー その3

「中島スケールモデル飛行大会」の続き。
今回は「疾風」と「震電」。

最初は「疾風」。
「疾風」は中島飛行機が開発、製造した機体で正式には「四式戦闘機」だそうです。
詳細はWikiを参照して下さい。

今回の大会には2機がエントリされてました。
1機は1/5スケールで全幅が2.3m(エントリー表による)と、リアル感抜群でした。
とそうの具合なんかも本物そっくり(実物は見たことないですけど)。
(PENTAX K-5Ⅱs+DA★300で撮影)

滑走路をタキシング中の「疾風」。

140601中島スケールモデル飛行大会 疾風
PENTAX K-5Ⅱs+DA★300


飛んでる姿もリアル感充分。

140601中島スケールモデル飛行大会 疾風


web拍手 by FC2

[ 2014/06/11 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

6月1日 富嶽を飛ばそう会 -中島スケールモデル飛行大会ー その2

「中島スケールモデル飛行大会」は「富嶽」を飛ばすだけではなく、文字通りいろんなスケール機がありました。
今回は「ゼロ戦」です。正式には「零式艦上戦闘機」で、昨年のジブリ映画「風立ちぬ」や「永遠の0」でも話題になってました。
ゼロ戦についての詳細はWikiを見てください。

日本を代表する戦闘機でしたからこの大会でも、エントリー表を見る限りでは4機登録されてました。

最初は「ゼロ戦21型(にじゅういちがたではなく、にーいちがただそうです)」です。
機体の色がよく見かける緑色ではなく明るい灰色(クリーム色)になってますが、実際にこういった色もあったようです。
離陸地点に向かうため、タキシングしてるところです。
(PENTAX K-5Ⅱs+DA★300)

140601中島スケールモデル飛行大会 ゼロ戦21型


離陸中。

140601中島スケールモデル飛行大会 ゼロ戦21型


web拍手 by FC2

[ 2014/06/09 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

6月1日 富嶽を飛ばそう会 -中島スケールモデル飛行大会ー その1

6月1日に尾島RCポートにて「富嶽を飛ばそう会」主催のRCスケールモデルの飛行大会(入場無料)があったので見学してきました。

尾島RCポートは毎年11月3日に行われる「RC航空ページェント」(1昨年見学してきました)が開催される場所です。
「RC航空ページェント」の時は見学者が多く、車を近くの学校に置いてシャトルバスに乗っていかなければいけませんでしたが、今回は世間的にはあまり知られてないのか見学者が少なく、車は直接滑走路脇に停めることが出来ましたし、ゆっくり見学することも出来ました。

この大会メインは「富嶽(Wiki)」なんですが、「富嶽」というのは中島飛行機製作所(スバルでお馴染みの富士重工業の前身ですが、詳細はWikiを見て下さい)が第2次世界大戦中に計画したものの実現には至らなかった6発エンジンの超大型爆撃機のことです。
「富嶽を飛ばそう会」は富士重工のOBが中心となって設立された会で、実際に飛ぶことの出来なかった「富嶽」を1/12スケールのRC(ラジオコントロール)モデルとして製作し飛ばしています。
私は爆撃機としてしか知らなかったんですが、実際にはいくつかのタイプが計画されていたようで、RCモデルも爆撃機タイプが1号機として2000年に製作され、2号機として旅客機タイプが2011年に、現在は輸送機タイプが3号機として製作中だそうです。
今回飛んだのは2号機の旅客機タイプですが、この機体は2012年の「RC航空ページェント」でも飛んだそうです。

下の写真は飛行前にエンジンを始動してるところですが、6発もあるので調整が大変そうです。
胴体には青い字でしっかりと「NAKAJIMA AIRLINES」と入ってます。
人との対比で大きさが想像出来ると思いますが、超大型機だけに1/12スケールのラジコン機といってもかなりの大きさになります。
いただいた資料によるとサイズは下記の通りです。

全幅4.12m(50m)、全長2.8m(33.5m)、全高0.85m(10m)、自重19kg(37,500kg)
()内は実機のサイズ

ちなみに当時「空の要塞」と言われたアメリカ軍の「B-29」は4発エンジンで、
全幅43.1m、全長30.2m、全高8.5m、自重32,400kg
でしたから、さらに大きな飛行機ということになります。

RC機のエンジンは小川精機製の4サイクル単気筒エンジン「FS-62V」で、排気量10.11cc、出力1.1ps、これを6基搭載して、最大速度は約80km/hとのこと。おまけにGPSも積んでいて地上で、位置、高度、速度などがモニター出来ます。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 エンジン始動
PENTAX K-5Ⅱs+DA★300


今回の撮影は、写真はPENTAX K-5Ⅱs+DA★300で、動画はNIKON1 V2+NIKKOR70-300mmZOOMをメインにしています。
NIKON1 V1もスナップ写真を撮るのに使いましたが、車がすぐ脇に停められたので荷物が多くても身軽に出来るのでとっても助かりました。


web拍手 by FC2

[ 2014/06/06 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)