急速充電スポット 道の駅みとみ

雁坂トンネルを抜けた最初の道の駅みとみ。
ここにも急速充電器が設置されてました。

駐車場の山梨側入口の角にあります。

160819道の駅 みとみ

160819道の駅 みとみ


NCSに対応(有料)していて、基本的に24H充電可能。
充電時間は1回30分まで。

160819道の駅 みとみ


web拍手 by FC2

[ 2016/08/31 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

2016夏休み 山梨へ小旅行 その1

「道の駅大滝温泉」を出発し、山梨方面に向かいます。

行き先を山梨にしたのは、
今まで秩父までは何回か行ってましたが、
その先の山梨までは行ったことがなかったので、一度行ってみたかったから。
もっとも神奈川に住んでいた時には、
富士5湖方面や山梨を通って長野方面などにはよく行ってましたが。

それとどちらかというと関東から外れて西に行った方が峠も越えるし、
多少なりとも天気がいいのでは、という淡い期待もありました。

そしてもう一つは車の充電。
スマホアプリの「EVsmart」で確認すると、
甲府近辺には無料の充電スポットがいくつもあったからです。
今回は天気があまりよくないのでそういうところに寄りつつ、
ドライブを楽しもうと考えました。

大滝温泉を出発してすぐのところにある、滝沢ダムとループ橋。
ダムとの高低差があるので、こうしたループ橋になってるのですが、
通る時に若干スリルを感じます。その分景色はいいのですが。
(SONY HDR-AS30Vで撮った動画からの抜き出しです)

このループ橋、正式には「雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)」だそうです。
面白い名前です。

160819滝沢ダムとループ橋


web拍手 by FC2

[ 2016/08/29 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

急速充電スポット 道の駅大滝温泉のその後

先週は1週間ほど夏休みを取りました。
せっかくの休みなのでどこか車中泊でもしながら出かけたいと思いましたが、
休みに入ってからは雨ばかり。

今まであれだけ天気がよかったのに、
どうして自分が休み入ったとたんに雨が降るのか。

おまけに週の初めには週末になると晴れるとの予報だったのが、
週末が近づくにつれ週末も曇り又は雨に予報が変わってしまいました。

なので出かけるのを諦めようとも思いましたが、
何もしないでいるのもストレスがたまるので、
雨が降って観光が出来なくてもいいから、
ドライブだけのつもりで出かけようということに。
ついでなので、無料の充電スポットに寄りながら。

ということで8月19日金曜日、秩父を通って山梨方面に出かけました。

下の写真は朝、休憩に寄った道の駅大滝温泉です。
以前車中泊した以来ですから、約1年半ぶりになります。

天気は予報通り雨模様。
山も霞んでいます。
(Nikon1 V1+1Nikkor10-30mmで撮影)

160409充電スポット 道の駅大滝温泉

web拍手 by FC2

[ 2016/08/26 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

第67回熊谷花火大会 つづき

「第67回熊谷花火大会」見物の続きです。
動画もあります。

ワイドスターマインになると、
どうしても画角からはみ出してしまいます。
もう少し広角のレンズがあるといいのですが。

160813第67回熊谷花火大会

160813第67回熊谷花火大会

web拍手 by FC2

[ 2016/08/24 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

第67回熊谷花火大会

8月13日、今年も熊谷の花火大会に行って来ました。

車で行くと混んでいるので、今年もバスで。
去年よりは余裕を持って行ったつもりだったのですが、
土手の上はすでに席が確保されていたので、
今回は土手の斜面で見物。

天気はやや曇り。
そんなに暑くはなくてよかったのですが、
昨年同様、風はちょっと強かったです。

斜面なので若干座りづらいのと、
食べ物や飲み物を置いておくのにやや難がありますが、
まあなんとかなります。

土手の上にはカメラが何台もセットされてました。
自分は今回写真用としてNikon1 V1+1Nikkor10-30mm、
動画用としてSONY HDR-AS30Vを持って来ました。

160813第67回熊谷花火大会 会場

160813第67回熊谷花火大会 会場


web拍手 by FC2

[ 2016/08/22 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影 NIKON D7200 -コガラ-

NIKON D7200+AF-S200-500mmで撮った「コガラ」の写真。

よく見かける鳥ですが、
自分にとってはいつもうまく撮れない鳥です。

この時も森の中で撮ったので暗く、
感度が高くなってしまいました。

シジュウカラと似てるので、
最初の頃区別がつかず見逃してましたが、
最近はやっと区別がつくようになってきました。

コガラはシジュウカラよりも小さく、
模様としては、胸に黒い帯がないのが特徴です。

160718NIKON D7200+AF-S200-500mm コガラ

160718NIKON D7200+AF-S200-500mm コガラ


web拍手 by FC2

[ 2016/08/12 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

7月24日横浜・八景島シーパラダイス その5 ドルフィンファンタジー

八景島シーパラダイスの最後は「ふれあいラグーン」。

この施設は海の生き物と人間が触れあえることが展示テーマである為、
動物と触れあう時の注意事項がたくさんあります。

入場時には「Safety Guide(安全のしおり)」を渡され、
さらに「ウェルカムポート」で、ここでの楽しみ方と、
動物に触る前と触った後には必ず消毒液で手を洗うなどの、
注意事項がまとめられた、約5分程のビデオを見る必要があります。

ビデオの上映にはタイミングがあるので、
「アクアミュージアム」や「ドルフィンファンタジー」などの様に、
見たい時にすぐ入って見れるという訳ではなく、
この日はビデオの上映時間まで10分近く待たされました。

この日は行けなかったですが、
「うみファーム」でも約1分間のビデオを最初に見る必要があるそうです。

160724横浜・八景島シーパラダイス ふれあいラグーン


web拍手 by FC2

[ 2016/08/10 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

7月24日横浜・八景島シーパラダイス その4 ドルフィンファンタジー

「アクアミュージアム」で海の動物のショーを見た後は、
「イロワケイルカ」が見られるという「ドルフィンファンタジー」へ。


入るとまず目につくのがアーチ型の水槽。
上から光が差し込み、まるで海の中にいるみたい。

そこをイルカや色のきれいな魚がすぐ近くを泳いでます。
(Nikon1 V1+1Nikkor18.5mmで撮影)

160724横浜・八景島シーパラダイス ドルフィンファンタジー


間近を泳ぐイルカを小さな女の子が見つめていました。
この小さな子にとってイルカはどう見えてるのでしょうか?

160724横浜・八景島シーパラダイス ドルフィンファンタジー


web拍手 by FC2

[ 2016/08/08 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

7月24日横浜・八景島シーパラダイス その3 海の動物たちのショー

「アクアミュージアム」の最後。

「八景島シーパラダイス」ではいろんなショーが行われてます。

5万尾のイワシの群れをプロジェクションマッピングと共に操る、
「スーパーイワシイリュージョン」や、
セイウチやアシカの楽しいパフォーマンスや
イルカの大ジャンプが見られる「海の動物たちのショー」
に興味がありました。

ただ時間的に全てを見る訳にもいかないし、
ショーが開催される時間がほぼ同じだったので、
今回は4階のアクアスタジアムで行われた、
「海の動物たちのショー ~Jump Jump Jump~」だけ見ました。

下の階から順番に見てきて4階まで来たら、
14:30からショーが始まるというのでそのまま席に着いたのと、
ずっと歩いてきたので、冷たい物を飲みながら座ってショーを見たかった、
というのが正直なところでもあります。

ショーが始まる時刻が近づくと、客席はほぼ満員。
通路も立見の人でいっぱい。かなりの盛況です。
(Nikon1 V1+1Nikkor18.5mmで撮影)

160724横浜・八景島シーパラダイス 海の動物たちのショー


web拍手 by FC2

[ 2016/08/05 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

7月24日横浜・八景島シーパラダイス その2 アクアミュージアム

「横浜・八景島シーパラダイス」のその2です。

今回は「アクアミュージアム」。
八景島シーパラダイスのメインとなる水族館です。
ここには500種類10万点にもおよぶ海の生き物が飼育されてるそうです。
白イルカの赤ちゃんが6月6日に生まれたし、
日本全体でも3館、関東では唯一ここの水族館にしかいない、
「イロワケイルカ」が見られるなど、話題も豊富です。

前回も書きましたが、この場所に来るまで入場ゲートはなく、
ここの右側(下の写真)にチケット売り場があります。

ここにはアトラクションとのセット券など全てのチケットを対面販売してる窓口と、
水族館だけのチケットを販売している自動販売機があります。
自分は水族館だけしか行くつもりがなかったので自動販売機で購入しました。

ただ、4つの水族館共通の「アクアリゾーツパス」が3,000円と思ったより高め。
白イルカもイロワケイルカもアクアミュージアムで見られると思っていたので、
アクアミュージアムだけの入場券はないかと探しましたが、ありません。

ガイドブックを見たら白イルカの赤ちゃんは「ふれあいラグーン」、
イロワケイルカは「ドルフィン ファンタジー」という、
それぞれ別々の水族館で見られることになってました。
ということで、みんな見たければ結局「アクアリゾーツパス」になります。

ちなみに4つある水族館ですが、
1つ目の「アクアミュージアム」が今回紹介する水族館で、
多くの海の生き物が展示されてる、いわゆる水族館。

2つ目は「ふれあいラグーン」で、
海の生き物とのふれあい体験が出来るのが特徴で、
その為仕切りが極力少なくなってるそうです。

3つ目は前回紹介した「うみファーム」。
「育てる」「獲る」「食べる」の3点から「海育」をコンセプトに、
自然の海とのふれあいを体感が出来ます。

そして最後の「ドルフィン ファンタジー」は、
イルカだけが展示され、アーチ型の水槽の上を泳ぐイルカが見られます。

160724横浜・八景島シーパラダイス アクアミュージアム


では最初に「アクアミュージアム」から。


web拍手 by FC2

[ 2016/08/03 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)