百里基地で戦闘機の撮影 T-4

百里基地に戦闘機の撮影に行って来ました。

百里基地には航空祭の前日に行って以来2度目、
その時に来てた人にいろいろと教えてもらったので、
また来てみようと思ってました。

ただこの日は春一番が吹いて強烈な南風。
暖かかったけどものすごい砂ぼこりで、
空は茶色くなってました(特に午前中)。

最終的には北門で撮ることにしましたが、
南風なのでこちらから離着陸。

で主に着陸風景を、
流し撮りの練習をしながら撮ることに。

ただ写真の様に砂ぼこりで茶色く霞んで視界不良だし、
風も強いので脚立の上に立つと飛ばされそうになるし、
人間にもカメラにも最悪の状況でした。
(D500+AF-S200-500mmで撮影)

170217百里基地北門 T-4

170217百里基地北門 T-4



web拍手 by FC2

[ 2017/02/28 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影170216 NIKON D500 -ルリビタキ メス-

いつもの公園で撮った「ルリビタキ」メスの写真。
D500+AF-S70-300mmで撮影。

先日見た「ルリビタキ」メスと同じのだと思います。
写真には撮ってませんが、この子はここで何回も見ています。

いつもはすぐどこかに行ってしまうのですが、
この日は近くにいてくれたので、
写真に撮ってみました。

170216 NIKON D500+AF-S70-300mm ルリビタキ メス

170216 NIKON D500+AF-S70-300mm ルリビタキ メス


web拍手 by FC2

[ 2017/02/27 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影170215 NIKON D500 -ジョウビタキ メス-

いつもの公園で撮った「ジョウビタキ」のメスの写真。

前回はD500+KOWA PROMINAR 500mm F5.6 FL+TC-16aでしたが、
今回はD500+AF-S70-300mm。

エサを探して落ち葉の中を突っついていたのか、
カスがくちばしについてました。

人間だとご飯粒が口の周りについてたりすると、
とても気になって仕方がないものですが、
こうした鳥はくちばしに感覚がないのでしょうか。

170215 NIKON D500+AF-S70-300mm ジョウビタキ メス

170215 NIKON D500+AF-S70-300mm ジョウビタキ メス


web拍手 by FC2

[ 2017/02/25 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

トヨタ 2代目新型プリウスPHV

トヨタの2代目となる新型プリウスPHVが販売されました。

初代のプリウスPHVはEV走行距離が26.4kmと短く、
価格の割に通常のプリウスに対するアドヴァンテージが少なく、
販売実績もプリウスの割にはあまりよくなかったみたいです。
(あくまでプリウスの割にはということでしょうが)

そこで今回の2代目。
専用設計のボディで、走行距離は倍以上の68.2km。
100Vでも200Vでも、そして急速充電器でも充電が可能。
と、自分が乗ってるPHEVと同じような内容になってます。

初代はスペアタイヤ部分にバッテリーを搭載してましたが、
2代目はEV走行距離を2倍以上に延ばすため、
8.8kWhもの大容量バッテリー(PHEVより少ないですが)を
搭載せねばならないのでボディも専用になったのでしょう。

自分は最近のトヨタのデザインはあまり好きになれませんが、
定員が4人となり、それに合わせたようなリアガラスの凸凹、
(トヨタ曰く「ダブルバブルウインドゥ」)
軽量化のためカーボン素材のバックドアの採用、
11.6インチの大型タッチディスプレイなど、
通常のプリウスとの差別化が図られています。

定員の4人もバッテリーの制約やら
EV走行距離の設定などから来てるらしいですが、
一般的にこうした車に4人しか乗れないのと、
5人まで乗れる(滅多に乗ることはなくても)のとでは、
大きく違うように思われるので、
これが販売にどう影響するか気になります。

それと専用ボディを採用したことは販売価格にも影響しますが、
通常のプリウスとの価格差は80~110万円ということなので、
それ程でもなさそうです。

中途半端な違いだと初代と同じ結果になってしまうので、
しっかり差別化を図り、プリウスユーザーとは違ったユーザーに
アピールしていくのはいいことだとは思います。

トヨタ プリウスPHV

トヨタ プリウスPHV
トヨタ プリウスPHV ギャラリーから


web拍手 by FC2

[ 2017/02/24 21:23 ] | TB(0) | CM(0)

SUNWAYFOTO 望遠レンズサポーター

「KOWA PROMINAR 500mm F5.6 FL」はマニュアルレンズなので、
フォーカスリングを回してピント調節しなくてはなりません。

ただこのレンズのフォーカスリングは先端に近い方にあるので、
フォーカスリングを動かすとかなりブレて見づらいし、
ピント調整してなくても500mmの望遠レンズなので、
ちょっとした振動でも微妙にブレてしまいます。

以前レンズサポーターとして、
ベルボンの「SPT-1」を購入して、
このコーワ500mmや、
ニコンのAF-S200-500mmに使用してますが、
これは三脚座とカメラを一体化させるもの。

今回はレンズ先端部の振動を抑える目的で
サポーターを取り付けてみました。

使用したのは「SUNWAYFOTO」の
望遠レンズサポーター「YLS-01」と、
フリープレート 「DPG-3016」。

まず望遠レンズサポーター「YLS-01」です。
2つのリングの上にレンズの鏡筒が乗り、
これでレンズ先端の振動が抑えられます。

170127SUNWAYFOTO レンズサポート YLS-01

web拍手 by FC2

[ 2017/02/23 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影170212 NIKON D500 -ジョウビタキ メス-

D500+KOWA PROMINAR 500mm F5.6 FL+TC-16a
で撮った「ジョウビタキ メス」の写真。

今年はオスよりもメスをよく見ます。
そしてメスは待ってると近くによって来たりします。

ただちょっと近すぎ。
おまけに逆光。

170212 NIKON D500+KOWA500mm×1.6 ジョウビタキ メス

170212 NIKON D500+KOWA500mm×1.6 ジョウビタキ メス


web拍手 by FC2

[ 2017/02/22 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

ニコン 接眼補助レンズとマグニファイングアイピース

D500の視度調整が範囲外なので、
接眼補助レンズを付けて調整することにしました。

それでニコンの「DK-17C(-2)」を購入。

ただ最近マニュアルレンズKOWA500mmを使い始めたので、
ピント調整が少しでも楽になるようにと、
マグニファイングアイピース「DK-17M」も同時に購入しました。
これを使用するとファインダーが1.2倍に拡大されて見えるので、
少しはピントの山が掴み易くなるのではとの考えです。

通常ではこの2つは同時に使用出来ないのですが、
ネットで見た接眼目当て「DK-19」を使用することで、
この2つが何とか使えるというので、これも同時に購入。

170127D500用接眼補助レンズ マグニファイングアイピース 接眼目当て


合わせてD7200用にも「DK-17M」を購入しました。

こちらは接眼補助レンズは不要なので、
D7200で「DK-17M」が付けられるという、
アイピースアダプター「NEPS1」を同時に購入。

170127D7200用アイピースアダプター マグニファイングアイピース


web拍手 by FC2

[ 2017/02/20 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

野鳥の撮影 NIKON D500 -ノスリ-

いつもの公園の散歩中。
「ノスリ」が飛んでるのを見かけました。
割と低いところを旋回してました。

散歩中なのでAF-S70-300mmで撮ってますが、
D500(1.3クロップモードで撮影)のせいか意外とピントが合ってます。

これくらい撮れれば自分としてはいい方ですし、
最近自分の中ではAF-S70-300mmのイメージがよくなってます。

椅子から床に落としてしまったレンズですが、
AFが狂うこともなく使えてますし、
それ程距離がなければいい感じで撮れると思います。

170213 NIKON D500+AF-S70-300mm ノスリ

170213 NIKON D500+AF-S70-300mm ノスリ


web拍手 by FC2

[ 2017/02/17 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

三菱アウトランダーPHEV マイナーチェンジ2017

三菱アウトランダーPHEV」にマイナーチェンジが入りました。

外観についてはほとんど変更がないように見えますが、
最上級グレードで走りにこだわった「Sエディション」が追加されたり、
いろいろと改良が加えられてます。

170125 NIKON D500+AF-S70-300mm ルリビタキ オス

170125 NIKON D500+AF-S70-300mm ルリビタキ オス
写真は三菱のホームページより


この中で自分が気になったのは、
走行モードに「EVプライオリティモード」が追加されたこと。

「EV走行を優先させ、可能な限りエンジンの始動を抑える」
というモードですが、
今までだとバッテリー残量に十分余裕があっても、
アクセルの踏み方によっては勝手にエンジンがかかってしまいました。

通常は走行してる分にはかからないのですが、
右折時に対向車が切れたから急いで曲がろうとして、
アクセルを踏み込んだ時などはすぐエンジンがかかってしまいます。

だいたいパワーメーターが「ECO」から「POWER」に変わるあたりまで、
アクセルを少し強めに踏み込むとエンジンがかかります。
「ECO」から「POWER」に変わるあたりですから、
そんなに急加速してる訳ではないのですが。

想像ですがこのモードだと、
こうした場合を含めてアクセルを踏み込んでいっても、
ずっとEV走行してくれるのだと思います。

以前からモーターのパワーだけで走れるようにならないかと、
営業やモーターショーに行った時も言ってきたのですが、
やはり多くのユーザーが要望していたのでしょう。

ただホームページには、
「EVプライオリティモード選択時でも条件によっては
エンジンが始動する場合があります」
との注意書きがありますので、
試乗してみないと実際にどの程度EV走行出来るかは
わかりません。


web拍手 by FC2

[ 2017/02/15 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

2017年の健康診断

今日健康診断を受けてきました。
今回は「太田記念病院」ではなく、別の病院。

なぜかというと、太田病院が既に予約で一杯だったのと、
この病院だと胃の検査でレントゲンと胃カメラを選べたからです。
(もちろん胃カメラの場合、追加費用が発生)

今まで胃カメラを含めて、
自分の体を内視鏡で診てもらったことは一度もなく、
年齢も年齢なのでそろそろやっておいた方がよいだろうと、
思ってました。


今回選んだ胃カメラはは鼻から入れるタイプ。
下のイラストは口からになってますが、
鼻の方が楽だと聞いていたので。

とは言っても検査後の感想としては、
「そんなに楽ではない」
というのが実感。

初めてということで、
両鼻に麻酔をされながら待ってると、
段々唾を飲み込むのもつらくなり、
麻酔を含んだ鼻水がが喉を刺激して咳き込んだり、
内視鏡が体の中を通って行くのも違和感がありました。
(医者もこんなにニコニコ顔ではなかったし)

検査後も長い時間鼻が変で、
鼻水がたらたらと垂れてくる始末。
この鼻水飲み込むと苦いし、
ティッシュのせいで鼻の周りがカサカサになるし。

でも特に異常は無かったようだし、
初めて自分で自分の胃の中が見れたし、
つらいだけではなかったのでヨシとしましょう。

それにレントゲンも、
ゲップを抑えながら棒で押され、
長時間回転しながらの撮影なので、
あれも結構苦痛。
比較すれば同じくらいかも。

内視鏡検査
いらすとや」さんより胃カメラのデータを拝借


他の項目では、
採血は一発でOKでしたが、
昨年かなり下がっていた血圧がまた高めに。
それとコレステロール値も相変わらず高め。
でもそんなにひどくオーバーしてる訳でもないようです。

最終結果はまだ先ですが、
今回ピロリ菌検査もオプションに入れていて、
胃カメラでも少し炎症があるので、ピロリ菌検査をした方がいい、
と言われたので、どういう結果が出てくるのか…。

web拍手 by FC2

[ 2017/02/13 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)