Rhinoceros4.0の patchコマンドを試す

Rhinoceros4.0の「patch」コマンドを試してみた。

穴のあいた形状を滑らかに埋めるというコマンドだが、
他のCADでは「Capping」といってるかも知れない。

いつも使っているCADCEUSだとこういったコマンドがなく、
「N辺ぼかし」というコマンドで対応するか、
汎用のコマンドを使って対応するしかない。
それにはかなりの時間もかかる(1枚面ではまず無理)。

「N辺ぼかし」で対応といったが、実際はこのコマンドでは
まともな面は出来ない。

ということで、
Rhinoceros4.0の「patch」コマンドがどう出来るか試したのである。


まずは、比較の為のCADCEUSの「N辺ぼかし」面を見てもらおう。

CADCEUS N辺ぼかし ワイヤーフレーム   CADCEUS N辺ぼかし ゼブラ表示

穴を4つの境界線からなる面N個で埋めている(オレンジ色の部分)。
作業方法は埋める穴の境界線と接線連続させる面を、1つのグループとして選択し、
これを穴を一周するまで繰り返す。それだけ。
オプションとして、膨らみを調整する事も出来る。
ワイヤーフレーム(左)ではわからないが、ゼブラで表示(右)すると、
それぞれの面のエッジどうしは滑らかにつながっているが、
作成した面自体は凸凹になっていて、全体としてはとても滑らかとはいえず、

まともな面が出来ない」 といったのがわかると思う。

比較的単純な面とフィレットで構成されるコーナー部なので条件はいいと思うのだが、
それでもこんな状態だから、とてもではないが実作業では使えない。
これで、ぼかし面が出来るというのには無理があるし、
正規のコマンドとして登録されているのが不思議なくらいだ。


[▽続き]

これと同じ形状をRhinocerosに取り込んで面を作成する。
その為には、作業方法から説明しなくてはいけないだろう。

基本的には、CADCEUSと同じで、穴の外周境界線又は線を選択していくのだが、
CADCEUSの場合は同時に接連続させる面も選択出来るのだが、
Rhinocerosの場合は境界線を選択することで、共有する面との接続を持たせている。
逆にいうと、面に接連続性を持たせるためには境界線を選択しなければならない。
ところが、CADCEUS側でエッジを分割してあっても、
Rhinoceros側にIGES経由で取り込むと、一本化されてしまう場合がある。
IGESの取り込み設定で変わるのかも知れないが、確認はしていない。

Rhinoceros 面境界線


このままだと穴を一周出来ないので、境界線を分割しなければならない。
分割には「SplitEdge」コマンドを使用する。
分割したい境界線と分割位置(赤矢印の位置)をピックして実行する。

Rhinoceros SplitEdge 境界線分割


必要な範囲を全て分割したら、「Patch」コマンドを実行して、
穴を一周するように境界線を選択する。

Rhinoceros 面境界線 選択


この状態で実行すると、オプションの選択画面になる。
プレビューを押すと現在のオプション内容で作成される面を表示する。


オプションについて、
「サンプル点の間隔」は入力曲線とサンプル点間の3D距離となっているが、
意味不明な為、とりあえず小さめにしている。
「サーフェースのU方向分割数」は面制御用の線なので、大きくしている。
小さい方が変化が滑らかになり、データ量も小さく済むのでいいのだが、
作成した面と穴の境界が合わなくなる場合もあるので、
ある程度大きい方がよさそう。V方向についても同様。
「非弾力性」は大きくする程平坦になり、小さくすると歪みが出来てくる。
「接線方向に調整」にチェックを入れると、接線連続な面が出来る。
「自動トリム」は、作成面を外周線でトリムしてくれる。
ただ、条件設定次第ではトリム出来ない場合もある。
そういう場合は、外周に対して面が離れている場合がほとんど。
「Patch」というコマンドの性格上、外周と隙のある面が出来るというのは変。


Rhinoceros Patchコマンド プレビュー


今回は自動トリム出来たが、1ヶ所だけ隙が発生してしまった。
測定すると、0.025。
かなり大きく、これでは使えない。
オプションを変更してみたが、どうにもならない。

Rhinoceros Patchコマンド 面差  Rhinoceros Patchコマンド 面差数値


とりあえずの解決策として、隙の発生する部分の境界線をさらに3分割して、
面を作成してみた。
端末部は隙がなかったのでそうしたのだが、結果は隙が0.01以下となった。

Rhinoceros 面境界線 3分割


隙は無くなったが、環境マッピング表示をしてみると、折れが見える。
これだと実業務だと使えない。

Rhinoceros 面境界線 分割


ゼブラ表示でも、折れがわかるし、一部歪も発生している。

白色矢印部は、ほとんど曲率連続になっているところ(このコマンドでは曲率連続指示は出来ない)。
黄色矢印部は、接線連続になっているところ。
赤色矢印部は、折れが発生しているところと、面歪が発生しているところ。

Rhinoceros ゼブラ表示1  Rhinoceros ゼブラ表示2

折れが発生している部分の端末に歪が出ているので、基の面に問題があるもかもしれないが、
平坦な面とフィレットで、特におかしくなる要素はないはず。
仮に少し問題があったとしても、それなりに出来てくれないと意味がない。

今のところ理由がわからないが、前にテストした時にはこうはならなかったので、
ちょっと残念。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2012/07/06 21:05 ] 3Dモデル | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


まとめtyaiました【Rhinoceros4.0の patchコマンドを試す】

Rhinoceros4.0の「patch」コマンドを試してみた。 穴のあいた形状を滑らかに埋めるというコマンドだが、 他のCADでは「Capping」といってるかも知れない。 いつも使っているCADCEUSだとこういっ
[2012/07/07 03:46] URL まとめwoネタ速neo