日産新型コンパクトカー ノートの発表イベント

当ブログで紹介した、日産の新型コンパクトカー発表イベント。
Ustreamで16日の19:30から生中継された。
当日Ustreamを見たので報告します。

新型コンパクトカーの名前は「ノート」。
現行「ノート」のフルチェンジということになる。
さらに、最上級モデルとして「ノート メダリスト」が出来た。
志賀COOの説明によれば、
これが「ティーダ ハッチバック」の領域をカバーすることになるとの事。

スタイルから見ると、「ノート」の領域。
自分も「ティーダ」の1.8Lに乗っていたが、
「ティーダ」の後継というのは、やや複雑な感じ。
Ustreamでのコメントにもそういった話題が多かった気がする。
年間12万台の生産と言っていたので、
車種をまとめて量産効果を狙っているのだろう。

ただ、実際の販売台数はよく知らないが、「ティーダ」もよく見かけたし、
そもそも、「ティーダ」自体が、「上質なコンパクトカー」というコンセプトで、
「サニー」に代わって出てきたのではなかったか。
「ティーダ」はまだ一度も、フルチェンジをしてないと思う。

ところで、新型のスタイルは下の写真の通り。

日産 新型ノート 発表会

日産 新型ノート

日産 新型ノート メダリスト


いかがだろうか。
Ustreamのコメントでも「ホンダのフィットみたい」とか、
「トヨタのラクティス」とか皮肉る声も多かった。

自分も正直なところ、「微妙…… 」という感じ。
なんかこう、新しさ、インパクトが感じられない。
ただ、こういったコンパクトカーの場合、平凡さも大事だと思うので、
これが世の中に受けいられるかどうか、ものすごく興味がある。

この発表会、Ustreamを録画した(約2時間、全部を撮ったら14GBになってしまった)ので、
ダイジェストにして、【続きを読む】にアップしたいと思います。
Ustreamで流れた映像だし、Freeとなっていたので問題ないと思います。

7月19日Ustreamの動画を追加しました。 【続きを読む】からどうぞ。


[▽続き]

Ustreamでの発表イベントを録画した動画を整理したのでアップしました。

今回初めて、動画のキャプチャーをしましたが、パソコンの性能のせいか、
途中止まったりするところがありますが、ご容赦願います。

内容は、
1.ANDY PALMER副社長による「新型ノート」のプレゼンテーション
2.志賀COOによる「新型ノートメダリスト」のプレゼンテーションと開発スタッフ(TEAM NOTE)紹介
3.PHOTO SESSION
3.ANDY PALMER副社長による乾杯
4.「新型ノート」のビデオ(うまく記録されていない部分はカットしています)

以上です。


他にも、ジャズの演奏(歌も)、開発スタッフへのインタビューもありましたが、
あまりきれいに撮れていなかったのと、長くなるのでカッとしています。




この日、3000人くらいの人が同時にUstreamを見てました。
凄い時代ですよね。ネットでこういった画像が生中継出来てしまうのですから…。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2012/07/17 13:04 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL