7月28日 夜の稲妻

昨日は大変暑かった。
仕事が忙しかったので出勤したのだが、昼、食事に出ようと外に出たら、
立ちくらみしそうになるほど。
この日の館林の最高気温は38.4℃。大田もそれ程変わらないだろう。

夜仕事を終えて帰ろうとした時、やたらと外が明るい。
おまけに少し冷ややかな風が吹いている。それもかなりの強さ。

120728夜の稲妻 1
DMC-TZ30 P-Mode ISO800 F3.3 SS1/4 補正+2/3

この時期、こうした風が吹くのは積乱雲が発達している証拠。
この光は稲光。雲の裏側で光っている。
あちこちでピカピカしている。稲妻も。

自分の車まで事務所の出口から15mくらいあるけど、
その間を歩くのが少し怖いくらいの勢いで光ってる。

車にたどり着いて安心したので、ドアを少し開けて、稲妻を撮ってみた。

120728夜の稲妻 2
DMC-TZ30 夜景-Mode ISO800 F5.3 SS1/2 補正+1

120728夜の稲妻 3
DMC-TZ30 夜景-Mode ISO800 F3.7 SS1/2 補正+2/3

120728夜の稲妻 4
DMC-TZ30 夜景-Mode ISO800 F3.7 SS1/2 補正+1

夜景モードで少し露出を補正して撮ってみたけど、シャッタースピードが遅くなり、
ほとんどの写真がぶれてしまった。

この日は結局、雨はふらなかった。

この時期、何回かこんな夜がある。
稲妻も安全な場所で見ている分には、好きなのだけれど… 。

瞬停(瞬間的な電圧低下)でCADデータが跳んでしまうのも困るし、
停電になったら、それこそとんでもないことになる。
(いよいよ危なくなると、データを時々セーブするのだけれど、
セーブ中に停電になったら最悪です。考えたくない… 。)


それに激しい雷雨や、雹、竜巻などで被害が出るのも心配。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2012/07/29 20:10 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL