渡良瀬遊水地フェスティバル2012 その3

今回は、私が所属するグライダークラブのゾーンを紹介します。


展示用の機体はトレーラーで運んできます。
最初は翼をつけていたようですが、度重なる雨で、
何回もばらしてトレーラーに格納したり、組み立てたりと、
大変な思いをしたそうです。何回も機体を拭いたので、だいぶきれいになったとか。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 1


後のほうでは、こうして胴体だけをトレーラーからだして、
展示することにしたそうです。
サポートとして参加したメンバーは、とっても疲れたと言ってました。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 2


そんな中、大勢の来場者が見に来てくれました。
メンバーも説明したり、コックピットに座らせたりと、忙しそうです。
ちなみに、ここで説明しているメンバーは、この機体のオーナーです。
本当に雨さえ降らなければ、いい展示になったのですが、残念です。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 3


今回は実機の展示のほかに、手作りグライダーがあります。

組み立てと飛ばし方の説明書付きのグライダーで、
1機200円で売ってます。
色も、赤、青、黄色と3色ほどありました。

各パーツは両面テープで貼り付けることが出来るので、
道具も使わず、誰でも簡単に組み立てられ、すぐに飛ばすことが出来ます。

小さい子供さんには、クラブのメンバーが組み立て方を指導してました。

このグライダーは栃木市が用意したようですが、
たぶん皆、当日自分で組み立てて、飛ばしてみて、要領を憶えたのでしょう。
ご苦労様ででした。

こんな天気だったにもかかわらず、全部で53機が売れたそうです。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 4


組み立てた機体は、手で投げて飛ばしたり、
付属のゴム製のカタパルトでより遠くまでとばすことが出来ます。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン


うまく飛ばすと、こんな風になります。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 6


多くの子供たちが(大人もいっぱいいました)楽しんでいました。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 7


[▽続き]

報道関係の人も大勢来てました。
この女性は下野新聞の方で、翌日の新聞に記事が出ていました。
下野新聞の写真記事は(こちら)。 ニュース映像は(こちら)からどうぞ。

私も、彼女の取材で写真に撮られたのですが、その後子供が乗った写真も撮ってたので、
そちらが使われてました。
中年オヤジよりは子供の方が絵になりますから、当然といえば当然ですが、
ちょっと惜しいというか、残念な気も… 。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 8


こちらは、フェスティバルスタッフのカメラウーマンです。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 9


子供の表情がとてもよかったので、何枚か写真に撮りました。
笑顔あり、真剣な表情あり、とてもかわいいです。

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 10

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 11

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 12

渡良瀬遊水地フェスティバル2012 グライダー展示ゾーン 13


本当にこういった時の子供の顔っていいですね!


最後に、グライダー展示ゾーンで私が撮った動画も載せておきます。
子供に一生懸命造り方を教えているシーンもありますので、
よかったら見てください。



関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2012/09/08 19:41 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL