ニューイヤー駅伝 2013

今年最初のエントリーは「ニューイヤー駅伝2013」です。

これ元旦の行事ですから、既に1週間経ってることになりますが、
正月休み明けの初めてということで、ご勘弁願います。

普段元旦というのは、朝からお酒を飲んでいるのが基本なので、
とても車で出かけるなんて事は出来ませんので、
こうした駅伝は、

テレビで見る

というのが、今までのパターンです。

藤沢に住んでいたときには、坂があることで有名な「遊行時」近くに、
大学駅伝を歩いて見に行ったこともありました。
もっとも、あれは2、3日だったからよかったんで、元旦だったら無理でしたね。



今年は昨年末にNikon 1 V1を買ったこともあり、
珍しく、「撮影がてら応援に行ってみようか…」なんていう気分になった訳です。

場所は太田市の国道407号高林交差点手前。
4区の後半になりますが、4区は距離22.0kmの最長区間になってます。
各チームともエースを投入するので、順位が大きく変動する区間でもあります。

車を近くに止めていいのかもわからなかったので、少し早めにいって準備。
「Nikon 1 V1」に「1Nikkor 30-110」をセットして撮影します。
フォーカスモードは「AF-A」、露出モードは「絞り優先オート」、手ぶれ補正は「Normal」。
連写の設定もしておきます。

場所を交差点の角に確保し、しばらく待っていると見物人も徐々に増え、
それらしい雰囲気になってきました。

今年は天気もよく、風もそれ程強くも無いので、
選手にも、見物人にもよかったのではないでしょうか(気温は選手にとっては高かったかも)。
(次の日の箱根駅伝では強い風の影響で大変なことになってしまい残念です)

スバルの関係からか、監察車にBRZが使われてます。
上空には取材のヘリが飛びまわっていて、そろそろトップが近づいてくる様子。

ニューイヤー駅伝2013 BRZの監察車  ニューイヤー駅伝2013 上空を飛ぶ取材ヘリ
ISO100 F5.6 SS1/800                 ISO100 F5.6 SS1/640


TBSの報道車が近づいて来ました。
小旗を振って応援している人がいますから、その後ろを選手が走っていると思います。

ニューイヤー駅伝2013 TBSの報道車
ISO100 F5.6 SS1/500


選手が見えてきました。


[▽続き]

トップで走ってきたのは、「コニカミノルタ」の宇賀地選手。
4位で襷を受け取ってから一気にトップ上げています。
最終結果も区間2位の成績でした。
そしてこれ以降「コニカミノルタ」はトップを維持し、優勝することになります。

いつも思いますが、実際に見ると、テレビで見るより迫力を感じるし、
ものすごいスピードで走り続けている、というのがよくわかります。

ニューイヤー駅伝2013 コニカミノルタ1  ニューイヤー駅伝2013 コニカミノルタ2
ISO100 F5.6 SS1/500                 ISO100 F5.6 SS1/400


連写で撮っているのですが、
近くになると選手を真ん中に収めるのが難しく、どちらかにずれてしまいます。

連写で撮った後少し気になることがありました。
撮り終えた後、保存のためにしばらくブラックアウトするのですが、
その後も、撮影可能枚数が増えないことがあります。
(シャッターボタンを半押しすると右下に撮影可能枚数が表示されます)

撮影が可能になったあとも書き込みを続けてるのかも知れません。
様子を見ながら、シャッターボタンを半押しにすると、
撮影可能枚数が少しずつ増えていきます。

FINE+RAWで撮っていたので、1枚当たりのデータ量も半端ではないと思いますので、
SDカードに記録する時間もかかる筈ですから、調子に乗って連写すると後が大変かも。

続いて来たのは、「安川電機」の中本選手と「トヨタ紡織」の椎谷選手。
激しく争ってました。
最終、太田中継所の順位では「トヨタ紡織」のが上でしたね。

ニューイヤー駅伝2013 安川電気-トヨタ紡織1  ニューイヤー駅伝2013 安川電気-トヨタ紡織2
ISO100 F5.6 SS1/640                 ISO100 F5.6 SS1/500


さらに、「トヨタ自動車九州」の今井選手が続きます。
今井選手といえば、箱根駅伝の5区山上りで有名。
今回、箱根駅伝の山ノ神「柏原竜二」がニューイヤーデビューしましたが、
「今井正人」は「元祖山の神」。

今回も、13位で襷を受け取り、11人抜きで2位に。
しかも、トップのコニカミノルタに1秒差だったらしい(当然見てはいない)。
記録も1時間2分50秒の区間新ということで、すばらしいの一言。
でもこの時点ではまだ4位。

ニューイヤー駅伝2013 トヨタ自動車九州1  ニューイヤー駅伝2013 トヨタ自動車九州2
ISO100 F5.6 SS1/500                 ISO100 F5.6 SS1/640


その後を「カネボウ」の木原選手(下の写真左)や、
「中国電力」の岡本選手、「ホンダ」の石川選手(下の写真右)が続きます。

ニューイヤー駅伝2013 カネボウ  ニューイヤー駅伝2013 中国電力-ホンダ
ISO100 F5.6 SS1/640                 ISO100 F5.6 SS1/500


さらに「日清食品グループ」の高瀬選手(下の写真左)や、
「富士通」の星選手(下の写真右)が追っていきました。

ニューイヤー駅伝2013 日清食品グループ  ニューイヤー駅伝2013 富士通
ISO100 F5.6 SS1/500                 ISO100 F5.6 SS1/500


選手はこの後国道354号と国道407号が交差する高林交差点を左に曲がって、
太田市役所方面へと北上していきます。

見ると、大勢の人が見物に来てました。
私もその一人な訳ですが、今年は特に感心を集める何かがあるのでしょうか?

ニューイヤー駅伝2013 高林付近の観衆
ISO100 F5.6 SS1/500


最後は「重川材木店」の高橋選手。
トップからはだいぶ差が開いてます。

ニューイヤー駅伝2013 重川材木店
ISO100 F5.6 SS1/500

最後の選手の後に白バイと大会関係車両が続き、
全ての選手が通過した旨を放送していきます
規制線が解かれ、車の通行も解除になります。

ニューイヤー駅伝2013 白バイ  ニューイヤー駅伝2013 最終車両
ISO100 F5.6 SS1/640                 ISO100 F5.6 SS1/500

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/01/07 20:29 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL