多々良沼の白鳥 -群馬県館林市- その1

少し前になりますが、館林の「多々良沼」に行ってきました。
ここは白鳥の飛来で有名なところ。


中央部に少し突き出ている浮島。弁財天(赤い建物)があります。

多々良沼浮島-NIKON1-V1+70-300ZOOM
浮島弁財天 ISO560 F4.5 SS1/2000 70mm


冬で水が少なく、白鳥達は遠くにいます。

多々良沼浮島-NIKON1-V1+70-300ZOOM
ISO800 F4.5 S2000 70mm


白鳥-NIKON1-V1+70-300ZOOM
ハクチョウ ISO1000 F5.6 SS1/2000 300mm


これはヒナでしょうか?
まだ、羽毛が完全な白にはなってません。

オオハクチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オオハクチョウ ISO1400 F5.6 S2000 300mm


コハクチョウ。
オオハクチョウとの違いは、身体の大きさと嘴の黄色い部分の大きさだそうです。
(オオハクチョウの方が大きく、黄色が鼻先まであるのが特徴)

コハクチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM


コブハクチョウ。
すぐ近くまで来ました。
嘴の色使いが他のハクチョウと逆ですね。それに黄色というよりオレンジ色。
鼻の上が盛り上がっているのが、名前の由来です。

コブハクチョウ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
コブハクチョウ ISO320 F4.8 SS1/1600 135mm


オナガガモ(オス)。
細身の綺麗なカモ。尾の先が尖っています。

オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(オス) ISO280 F5 SS1/1600 185mm


オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(オス) ISO100 F5.6 SS1/500 210mm


オナガガモ(メス)。
いつも思いますが、鳥のメスは地味ですね。

オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(メス) ISO400 F5.6 SS1/500 300mm


[▽続き]

多々良沼は大きく、ハクチョウやカモの群れもいくつもあります。

少し移動して別な場所に。

ハクチョウではなく、カモの群れ。オナガガモがほとんどですね。


カモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ ISO720 F5.6 SS1/2000 300mm


カモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ ISO220 F4.5 SS1/2000 90mm


ここも水辺は遠くですが、エサを買って与えることが出来るので、近くまで来ます。

オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(メス) ISO500 F5.6 SS1/2000 300mm


飛んでいるところも… 。(ちょっと?ピンボケ)
すぐ近くを横に移動する鳥を撮るのは、私にはムズカシイ… 。

オナガガモ-NIKON1-V1+70-300ZOOM
オナガガモ(メス) ISO360 F5.3 SS1/2000 230mm


白鳥-NIKON1-V1+70-300ZOOM
ハクチョウ ISO320 F5.6 SS1/2000 270mm


多々良沼の白鳥と言いつつ、白鳥はあまり撮ってませんでした。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/02/25 22:08 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL