久し振りの横浜 その2 トライアスロン

最近、ウェアラブルカメラが注目を集めてるようです。
私も欲しいと思って、このブログでも紹介し
パナソニックのモニターにも応募しました。
(抽選に外れてしまいましたが… )

そのウェアラブルカメラ、
昨日の日本テレビの朝の番組「ZIP!」でも特集で取り上げられてました。
家電量販店などで、かなりの数が売れてるそうです。
番組内では定番の「GOPRO」を使用した映像が紹介されてました。
スキーのストックの先に取り付けて、自分撮りしたスローモーションや、
ネコカフェで、棒の先につけたカメラを追い回す猫の動き、
フラフープの内側につけて自分撮り(人間の方が回転して見える)などです。
普段あまり見ることのないアングルからの映像が、新鮮でした。
自分の使い方とは違ってましたが、改めて欲しくなってきました。


さて、横浜の話題ですが、次の日はとてもいい天気でしたので、
そのまま帰るのはもったいなく、港方面に寄り道し、いろいろ見てきました。

そこで今回紹介するのはトライアスロンレース。
2013世界トライアスロンシリーズ横浜大会(2013 WTS YOKOHAMA)」が
開催されてました。

こうした競技にも、選手目線のウェアラブルカメラがあると、
ものすごく迫力のある映像が撮れると思います。

大会は11日と12日で行われ、12日はエイジ、リレー、パラトライアスロンの部。
ここでいうエイジはシニアという意味ではなく、年齢別の意味だそうです。
昨日(11日)は雨で寒かったのでよかったんでしょうが、今日は暑いくらい。
たいへんだと思います。

そもそもトライアスロンなんて、私にはどうにも考えられないスポーツ。
何で水泳と自転車、ランニングを同時にしなければならないのでしょう。

大会プログラムを見ると、スタンダードでは
スイムが1.5km、バイクが40km、ランが10km。
学生時代長距離走というと、しょっちゅう歩いていた人間にとっては、
こんなきついスポーツに参加する事自体、すごいとしか言いようが無いです。

メイン会場は山下公園ですが、私が見たのは「象の鼻パーク」。
ランの折り返しポイントになります。
ランは最後の種目なので、皆さんかなりきつそうでした。
(写真は全てNikon1 V1で撮影しています)

130512横浜 トライアスロン ラン


2000番台のゼッケンの人がいますが、いったい何人がエントリしてるのでしょう?

130512横浜 トライアスロン ラン


給水ポイントで、水やスポーツドリンクを渡してます。
運営スタッフは若い人が多かったですね。多分ボランティアでしょう。
水とスポーツドリンクに分かれて、大きな声を出して手渡ししてましたが、
続々と選手が来るので大変そうでした。

130512横浜 トライアスロン ラン


後ろに見えるのは、赤レンガ倉庫。
あちらではまた別のイベントをやってます。

130512横浜 トライアスロン ラン

130512横浜 トライアスロン ラン


[▽続き]

ここからは山下公園、メイン会場。
着いたのは、すべての競技が終わって、これから表彰式という時間。

スポンサー関連のショップ。バイクやスイムスーツといったところ。

130512横浜 トライアスロン バイク


競技を終えた選手。お疲れ様です。
このバイク競技専用でしょうから、値段もかなりするんでしょうねぇ。

130512横浜 トライアスロン バイク


表彰式の様子。
カテゴリが多いので、これまた大変。

下の写真は、パラの部で義足のカテゴリ。他にも片腕のカテゴリや全盲なども。
ロンドンのパラリンピックもそうでしたが、皆さん、明るく元気いっぱいです。
この人たちの、努力、情熱、人間性といったものには、本当に感心させられます。

こうした人たちを見てると、自分もしっかりせねばとは思うんですが、
長続きしない……  ですね。

130512横浜 トライアスロン 表彰式


フィニッシュエリア。
選手が走って来る時には、大観衆が迎えたのでしょうが、
人気のなくなったコースはなんとなく寂しげ。
奥では表彰式をまだやってます。

130512横浜 トライアスロン フィニッシュ


ここは、ゴールゲートだと思います。たぶん。
時計が6時間50分を表示しています。

130512横浜 トライアスロン フィニッシュ


次回は「アフリカンフェスティバル」の模様を紹介する予定です。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/05/15 21:37 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL