よこはま動物園ズーラシア その3 -アフリカエリアで見た動物-

よこはま動物園ズーラシアで見た動物です。
今回は、「アフリカのサバンナ」と「アフリカの熱帯雨林」です。

最初は「オカピ」。
尻の部分がシマウマみたいに縞々ですが、キリンの仲間だそうです。

20世紀に入ってから発見された珍しい動物で、
日本ではここと上野動物園、横浜の金沢動物園でしか見れません。

130615ズーラシア アフリカエリア オカピ

130615ズーラシア アフリカエリア オカピ


こちらは「チンパンジー」。
この日は外に出てなくて、皆室内にいました。室内は暗くて撮りづらかったです。

子供の何かを見つめる目が真剣で、とてもかわいかったです。

130615ズーラシア アフリカエリア チンパンジー

130615ズーラシア アフリカエリア チンパンジー


「アビシニアコロブス」。オナガザル科。

130615ズーラシア アフリカエリア アビシニアコロブス

130615ズーラシア アフリカエリア アビシニアコロブス


「ピグミーゴート」。
小さめのヤギですね。
子供を対象にふれあい体験が行われてました。

130615ズーラシア アフリカエリア ピグミーゴート

130615ズーラシア アフリカエリア ピグミーゴート


[▽続き]

バードショーでも見た「ミナミジサイチョウ」。
若い鳥は顔の周りの色が真っ赤っかではなく、肌色です。

130615ズーラシア アフリカエリア ミナミジサイチョウ


「フサホロホロチョウ」。
頭の周りが禿げていて、目は赤く、見た目気持ち悪い感じです。

130615ズーラシア アフリカエリア フサホロホロチョウ


「セネガルショウノガン」。
先程のと違って、目が大きく、かわいらしい顔をしています。

130615ズーラシア アフリカエリア セネガルショウノガン


「ライラックニシブッポウソウ」。
何というか、カラフルな鳥でした。
柔らかい色合いですが、いろんな色が混じってます。

130615ズーラシア アフリカエリア ライラックニシブッポウソウ

130615ズーラシア アフリカエリア ライラックニシブッポウソウ

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/07/05 20:40 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL