航空安全講習会 -新橋 航空会館-

相変わらず、毎日変な天気が続いてます。
土曜日には3時頃夕立があったので、
雨がやんでから買い物に出かけたのですが、
買い物が終わって店から出ようとしたら、またものすごい雷雨。
暫くしたらやむだろうと思って待ってましたが、全然やまず、
仕方なく少し弱まったところで、濡れて帰って来ました。

同じ日、都内でも隅田川の花火大会が中止になる程の大雨だったみたいだし、
いろんなところで、大雨による災害が出ています(なのに水不足?)。
最近のこの天気には本当に困ったものです。



さて、28日(日曜)に「航空安全講習会」を受講してきました。
場所は新橋の航空会館、久し振りの都内です。

新橋のSL広場。この場所、テレビの街頭インタビューでよく出てくるところです。
この日も、日本テレビの番組「目がテン」のスタッフがアンケートをとってました。
声かけられましたが、先を急いでいたものですから、
「ごめんなさい」しちゃいました。

130728新橋 航空会館


この講習会。技量維持と安全確認の為、だいたい毎年受講はしてるのですが、
今年は特に重要になって来ます。

というのも、航空法が改正され、「特定操縦技能の審査制度」というのが創設されました。
平成26年4月1日から施行され、この審査に合格しないと、航空機の操縦が出来なくなります。
ということで、施行前に審査に合格していなければいけません。
そしてこの審査、2年に一度受けなくてはいけないことになってます。

単純に言うと、自動車の免許の更新みたいなものですが、
少し違うのは、合格、不合格そして、仮に更新しない場合でも、
ライセンスがなくなることはありません。
「技能証明書」というのが追加され、そこに審査の合否が記入されます。
つまり、一定の知識と技量がないと飛んではいけないということです。
したがって、書類(カードですが)も一枚増えることになります。

この審査、自動車の免許更新より大変で、口述審査と実技審査があります。
それぞれの審査についていくつかの項目があるのですが、
「航空安全講習会」を受講していると、一部が免除されることになってます。
ですから、少しでも負担を軽くする為に、講習会を受講する必要があるのです。

航空会館です。

130728新橋 航空会館

130728新橋 SL広場


元々私の所属しているクラブではAFRという形で年1回技量確認をしていますし、
90日に最低3回の離着陸という規則もありますから、
(これをクリアーしてないと、機長として飛べない)
AFRの1回分が特定操縦技能審査に変わっただけという見方もあります。
とはいえ、かたやクラブの規則、かたや国の法律ですから重みは違います。

8月早々には残りの口述と実技審査を終わらせたいと思います。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/07/29 21:55 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL