9月15日藤沢・江ノ島 新江の島水族館 その3

「UOGOKORO(うおゴコロ)」と「しんかい2000」の話題です。

「UOGOKORO(うおゴコロ)」と言うのは水族館のショーのひとつ。
えのすいトリーターが相模湾大水槽に入って、
魚と触れあうパフォーマンスです。

「トリーター」というのはこの水族館の展示飼育スタッフの名称で、
生物を飼育(treat)し、お客様をおもてなし(treat)
することからつけられたそうです。

ショーの説明の後、トリーターが水槽に潜って行きます。
(写真はNikon1 V1+1 Nikkor 18.5mmで撮影しています)

130915新江の島水族館 うおゴコロ



「しんかい2000」は、
海洋研究機構(旧 海洋技術センター)が保有、運用していた有人潜水調査船。
1981年に完成し、2004年まで運用されてました。
その間、日本周辺を中心として、1,411回もの潜航調査が行われ、
日本の深海研究の進展に大きく貢献してきました。
最大潜航深度が2000mなので「しんかい2000」。三菱重工製。

前艇の「しんかい」の最大潜航深度は600m。
後継の「しんかい6500」の最大潜航深度は6,500m。

新江ノ島水族館には、この「しんかい2000」の本物が、
常設展示されてます。

(詳細は しんかい2000-Wikipedia で)

130915新江の島水族館 しんかい2000


では、それぞれの詳細です。


[▽続き]


まずは「UOGOKORO(うおゴコロ)」。
水槽の中に潜ったえのすいトリーターが、こちらを向いてご挨拶。

130915新江の島水族館 うおゴコロ


いろんな魚が集まってきます。
もちろんトリーターがくれるエサが目当てという要素が大きいのだと思いますが、
何匹もの魚がトリーターと泳ぐ姿は新鮮。

130915新江の島水族館 うおゴコロ


ウツボをだっこ。
ウツボはどう猛と聞いてましたが、そうでもない様です。
普段から、世話をしているせいか、慣れていて、おとなしくしています。
全然逃げようとしません。

こうしてよくなじんでいる魚には、皆名前がついてます。
残念ながら忘れましたけど… 。
なんとも不思議な世界。

130915新江の島水族館 うおゴコロ


エイもご覧の通り。なついてます。
ただ、こうして近づいてきて、お愛想するのはこのエイだけで、
他のエイはこんな事してくれないそうです。

エイのこちら側についているのは、目ではなく、鼻と口、そしてエラで、
目は逆側についてます。
だから、今は裏返し状態なんですが、こちらの方が顔に見えるから面白いです。
それにしても、ひょうきんな顔してます。

130915新江の島水族館 うおゴコロ


この人が今回ショーをしてくれたトリーター。
パフォーマンス後、水槽の前で、いろんな魚についての説明をしてくれました。
全部で約15分のショーでした。

130915新江の島水族館 うおゴコロ


こういったショーは、これ以外にも、
「フィンズ」       水中のライブ映像と魚たちの紹介。(相模湾大水槽)
「海月の宇宙(そら)」 光と音の演出によるクラゲショー。(クラゲファンタジーホール)
「ペンギンストーリー」 水中を飛びまわる、躍動感あるペンギンの紹介。
                              (ペンギン・アザラシゾーン)
などがあり、前に紹介したイルカショーなどを含めるとかなりの数になります。
とても1日では全部見切れません。



続いて、
「しんかい2000」の展示。

「しんかい」は映画「日本沈没」(2006年版)に、「わだつみ」という名前で出ています。
主演の「草彅 剛」と「及川 光博」が操縦してました。
私もこの映画見てましたが、このことはすっかり忘れてました。


船首部分。航行、観測用の窓や照明装置、
サンプル採取用のマニピュレータが装備されてます。

130915新江の島水族館 しんかい2000


こちらは船尾。

130915新江の島水族館 しんかい2000


コクピット。
乗員は3名(パイロット2名、研究者1名)ですから、かなり狭そうです。

130915新江の島水族館 しんかい2000


窓の素材。アクリル系の樹脂で、暑さは10cmくらいはあったでしょうか。
2000mもの深さまで潜るんですからね。
手前側が小さく、台形状になってますが、
外圧が強くなると、船体に密着する方向に力が働くようにしている為です。

これだけ厚いにも関わらず、サンプルの「アカドンコ」の写真がきれいに見えました。
確か、水族館の水槽もこの樹脂で出来てると思います。
今どこの水族館も水槽が大きいですから、厚さもかなりあるはずですが、
よく見えます。

130915新江の島水族館 しんかい2000

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/10/11 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL