石垣島旅行 その3 -八重山舞踊ショーと夕食-

「石垣島鍾乳洞」の見学も終わり、ホテルにチェックインします。
ホテルは「南の美ら花ホテルミヤヒラ」というところ。
石垣島離島ターミナルからすぐそば(歩いて約1分)にあります。

写真はホテルの部屋から港を見たところです。
南国の空は5時を過ぎてもまだまだ明るいです。
(写真はNikon1 V1+1 Nikkor18.5mmで撮ってます)

131020石垣島旅行 ホテルミヤヒラからの眺め


石垣島の繁華街「美崎町」にも近いところですが、
夕食はホテルでではなく、
「八重山舞踊ショー」を見ながら、郷土料理をいただくということで、
レストランシアター あじ彩」(送迎付き)に出かけて行きました。

下の絵は、この日のGARMIN Oregon450のトラックログを、
Google Mapに貼り付けたものです。

先日、Oregon450英語版に日本語表示させる為の方法を書きましたが、
10月18日のエントリ
今回旅行で、石垣島に来るにあたって、
Oregon用に日本語の新しい地図が欲しいと思って、やってた訳です。

空港についてから、すぐにGPSの電源入れるのを忘れた為、
途中からの表示になってます。(右端が新空港)
このログがあると、カメラの撮影時間から撮影場所が特定出来ます。

131020石垣島旅行 20日のGPS移動経路


ホテル近くの拡大図です。
赤いピンを指してある場所が「石垣島鍾乳洞」、
青のピンの場所が「南の美ら花ホテルミヤヒラ」、
緑のピンの場所が「レストランシアター あじ彩」です。
食事の後、衛星をロストしたらしく、一部直線になってますが、
だいたいは道路上に乗ってます。

夜に美崎町をうろついたのまで入っちゃってますね。

131020石垣島旅行 20日のGPS移動経路



では、八重山舞踊ショーからいきましょうか。

131020石垣島旅行 あじ彩 八重山舞踊ショー


食事をしながらのショーになってます。

AdobeのLightroomでボカシを入れてますが、
顔が半透明みたいになってるのは、ご勘弁願います。

[▽続き]

最初は2人での踊り。
黒い服は男性の恰好に見えるんですが、顔の雰囲気は女性っぽく、
どっちなんだろうと話題になってましたが、結局最後まで不明。

131020石垣島旅行 あじ彩 八重山舞踊ショー


こちらは、鮮やかな民族衣装を着た女性の踊り。
かなりのベテラン(?)に見えます。

131020石垣島旅行 あじ彩 八重山舞踊ショー


この角度で見ると、いっそう柄が鮮やかで、
頭の紫と、着物のだいだい、そして緑の配色が素敵です。

131020石垣島旅行 あじ彩 八重山舞踊ショー


今度は3人での踊り。

131020石垣島旅行 あじ彩 八重山舞踊ショー

131020石垣島旅行 あじ彩 八重山舞踊ショー


最後には、観客と一緒に輪になって踊りました。
(私は撮影の為、参加しなかったですけど… )
約20分の舞踊ショーでした。


さて、肝心の食事です。

左から、石垣牛のカルパッチョ、モズク酢、ミミガーの和え物、刺身。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


魚のすり身のてんぷら。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


沖縄豆腐の揚げ出し。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


石垣牛の手まり寿し。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


石垣牛のハンバーグ。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


キャベツ、厚揚げ、魚?のチャンプルー(?)、よくわかりません。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


グルクンの唐揚げに汁がかかってる。
こういうの何て言うんでしたっけ?

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


ラフティー。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


雑炊と漬物。
酔いが回ってたせいか、今一味と素材のの記憶がないです。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


デザートのパイナップル。

131020石垣島旅行 あじ彩 夕食


以上、結構量がありました。


ついでです。
廊下にあった、ちょっと変わった置き物。

131020石垣島旅行 あじ彩 オブジェ


いかつい(普通)のと少しとぼけたの。

131020石垣島旅行 あじ彩 オブジェ

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/10/30 21:34 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL