入間基地航空祭 2013 -Nikon1 V2-

先日、修理代が高くて修理するのを諦めた「Nikon1 V1」ですが、
土曜日、「カメラのキタムラ」よりカメラが戻って来たというので、
引き取りに行ってきました。

そして家に戻ってから、一応自分なりに動作確認することにしました。
前回書いたように手でフタを閉めて、電源を入れると反応があったので、
その先をやってみることにしました。

電源を入れると、「日付の設定」になります。
ということは、「キタムラ」の修理見積りでは、
電源を入れて、現物確認をしなかったのでしょうか?
単に、修理票の症状欄の内容から、決まったパターンで見積もった?
だとすると取扱手数料(戻ってこない)の1,050円もなんか変です。


ともあれ日付と時間を入れて、「MENU」から戻ると、
普通にモニターが表示されます。
そしてシャッターボタンを押すと、これもごく普通に記録されてます。
ざっと確認(素人ですが)する限り、異常は見られません。
手を離すとバッテリーが落ちること以外… 。

フタの部分をよく見ると、やはりバッテリとフタを止める爪が破損しています。
どちらも力がかかるところなので、樹脂部品を交換しないと無理そうです。
ということで、バッテリは別として、フタさえ閉められれば使えそうなんですが、
ゴムバンドを巻くのもずれるのが心配だし、
ガムテープを使うと、後で粘着部が残るのが嫌だしと、
あれこれ考えたんですが、「ニコンのWプレゼントキャンペーン」でもらった、
グリップがあるのを思い出しました。

あれを着けた時のネックが、バッテリーとSDカードが交換出来ない事だったんですが、
逆に、グリップで強度があるので、フタが絶対に開くことはありません。
当面この状態で使おうと思います。

Nikon1の補用部品が手に入らないかと、ネットを調べていたら、
ニコンのサービスセンターでフタの部分の修理(私と同様、落下)をしてもらったら、
請求されたのは、部品代(2、300円くらい)だったというのがあったので、
なんかの時に見てもらおうと思います。



さて、ということでNikon1がV1とV2の2台になってしまった(?)ので、
V1には「1 Nikkor 10-30mm」、「1 Nikkor 30-110mm」をつけて、
V2には「FT1」+「AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED」をつけて、
「入間基地航空祭 2013」に出かけて行きました。

日曜日もあまり天気は良く無かったですが、
途中の駅に車を駐車して、電車で行きました。
入間基地は久しぶり、高校以来ですから、ん10年(?)ぶりです。

もよりの西武線「稲荷山公園駅」を降りたところです。
ものすごい人の行列です。
(Nikon1 V1+1 Nikkor10-30mmで撮影しています)
(V1もこれなら全然問題ないでしょ!)

131103入間基地航空祭2013 入場前の混雑


[▽続き]

この駅入間基地の直ぐ前にあるのですが、
それがあだとなり、電車が駅に接近する度に、踏切が閉まってしまいます。
おまけにこの日は、航空祭の為に増発しているのか、ダイヤが都内の通勤電車なみ。
乗車率も通勤電車並みで、この駅過ぎるとガラガラですから大変です。
ひどい時は10数分も踏切は閉まりっきりで、その分人も増えますから悪循環。

そろそろ開こうかと思っているところに踏切の警報機が鳴りだすこと数回。
さすがに皆、いらついてるところに声をかけてくるのが、
DJポリスならぬ、DJ自衛官、少しは気を紛らしてくれました。

この踏切の向こう側が基地なんですが、
結局電車を降りてからこの踏切を渡るまでに、約1時間。
11時を過ぎてしまいました。
踏切があいた時には、歓声と拍手がありました(日本人はえらい!)。
(逆側の電車で来れば、この踏切渡らないですんだんですけど… )

131103入間基地航空祭2013 DJ自衛官


駅には、臨時の広い改札口があり、
スイカなどを持っていればスムーズに出れます。
ですから、この付近での渋滞は電車が着いた時の一時的なもの。
それだけに踏み切り待ちでの大渋滞は如何なものかと… 。
西武には是非考えて貰いたいものです。

131103入間基地航空祭2013 臨時改札



やっと入れたので、そのままショーをしている滑走路方面に行きましたが、
周りは人、人、人。人だらけ(自分もその一人だけど)。
地上展示している機体に近づくことも出来ません。
かといって、戻って格納庫やその他の展示も見れません。
この場で飲まず食わず、最後までいることになってしまいました。

131103入間基地航空祭2013 会場の人だかり


ちなみに、展示してある機体を撮るとこんな感じ。
とてもではないですが、ほとんど人を撮ってる状態です。

前の方の人は、展示飛行を見る為に動かないので、
先頭までいけないし、人ごみの中をぬって動くのも大変です。
(下2枚はV2+70-300mmで撮影)

131103入間基地航空祭2013 地上展示機

131103入間基地航空祭2013 地上展示機

131103入間基地航空祭2013 地上展示機



帰りがけに警備の自衛官に聞いたら、今回の入場者は30万人だそうで、
例年も多いけど、今回は特別らしいです。
全員が同時期では無いにしろ、この基地の開放された空間に延30万人ですから、
身動き出来ない訳です。(正式には32万人らしいです)
太田市や熊谷市で人口20万人くらいですが、その1.5倍の人があそこにいた訳です。

全てが終わって、人が少なくなった会場です。
ここ全体に、身動きが取れないくらいの人がいたのですから、
ちょっと普通じゃないです。恐ろしいです。
(Panasonic DMC-TZ30で撮影)

131103入間基地航空祭2013 終了後


その自衛官、TBSドラマ「空飛ぶ広報室」の影響もあったのでは、と言ってました。
確かにあのドラマ、自分も見てましたけど、この基地でロケが行われてましたし、
主演の「綾野 剛」や「新垣 結衣」も人気がありましたからね。

それと、3.11の東日本大震災で被災した松島基地に「ブルーインパルス」が戻り、
今年から訓練が再開されたことも話題になってましたから、
航空ファン以外の人も大勢集まったのでしょう。

ただ、残念なことに皆が期待していた(自分も)「ブルーインパルス」の展示飛行は、
シーリングが低くて、上下方向の演技があまり出来ず、
スモークも周りの雲で映えないし、おまけに演技続行が危険と判断され、
予定の半分くらいの時間で中断されてしまいました。
それでも、久しぶりのブルーインパルスの演技には興奮しましたけど。


下の写真は、その前のC1部隊の演技飛行の模様です。
落下傘部隊の連続降下です。

131103入間基地航空祭2013 C1からのパラシュート降下


他の写真はまだ整理が出来てないので、次回以降になります。
V2で連写したら、撮影枚数が、ものすごい量になってしまいました。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/11/04 22:57 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL