SONY ウェアラブルカメラ HDR-AS30V

このブログでも何回か記事にしたウェアラブルカメラですが、
いまだに買っていません。(以前の記事は、こちらや、こちら

所属しているグライダークラブのメンバー(CONTOUR所有)から、
「あると便利だよー!」とか「、
「後で自分のフライトを見返すと、ものすごく勉強になるよ!」
とか言われて、「CONTOUR」の製品を購入しようと考えてました。

そして、基本的にグライダーのコックピット越しの絵を撮るのが目的なので、
「CONTOUR」の中でも最新の高いの(下右)は不要と考え、
「CONTOUR ROAM」の平行輸入品(下左)がいいのではと思ってました。

この機種は、性能はそこそこですが、簡易防水機能がついてます。
それに平行輸入品は、国内正規品よりも安く(+2の半額以下)、
レーザーが照射されて、画面の傾きが確認できます。
さらに、ファームの更新でひとつ上の「ROAM2」にもなれます。

     


そう思ってほぼ決まりかけてたのですが、先日カメラ店で「SONY HDR-AS30V」の、
実物を見てしまいました。「CONTOUR」に比べてかなり小さかったです。
「CONTOUR」は普段クラブで見てますから、大きさのイメージがあります。
でもSONYのは見たことがなかったので、びっくりしました。
寸法、重量は「CONTOUR」がH55×W34×D100(mm)で142g。
        「SONY」のは  H47×W24.5×D82.0(mm)で90g。

付属の5m防水ケースをつけてH61.5×W35.5×D96.5(mm)で145gと、
「CONTOUR」とほぼ同サイズ、重量になります。

私の場合海やバイクでは使わないので、
防水ケースはあまり必要としないので、この軽さ小ささは大きいです。

     

「HDR-AS15」は旧型(生産完了)で、「HDR-AS30V」は基本性能は同じですが、
静止画(1190万画素)撮影、GPS、NFCが追加され、防水ケースが小型化されてます。

「CONTOUR ROAM」はとにかく安いし、丈夫そうなのがいいのですが、
PCに接続しないと設定変更が出来ないのと、
画面の傾き調整用のレーザーも、外では見にくいみたいなのが気になります。
それに「CONTOUR」の本社自体が、買収協議に入ってるとのことで、
今後のサポートも心配(平行輸入品で、サポート云々も何ですが…)。

SONYは日本のメーカーなので、安心感はあるし、
「ROAM」より性能がよく、「+2」より安くてよさそう。
これにしようかと、また悩んでます。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/11/18 20:37 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL