第43回東京モーターショー2013 -日産自動車-

先週、「第43回東京モーターショー2013」を見てきました。
休日だと混んでてよく見れないので、行ったのは11月27日の水曜日。

テーマは「世界にまだない未来を競え。」です。

131127東京モーターショー テーマ



開催場所は東京ビッグサイトなので、
今までは新橋からゆりかもめに乗って行ってたのですが、
今回は東京駅丸の内北口から出ている無料のシャトルバスを使ってみました。

無料ということなので、大勢の人が待ってましたが、
5~10分間隔で出てるのでそれ程待たずに乗ることが出来ました。
(写真はNikon1 V2で撮影)

131127東京モーターショー 東京駅丸の内北口


約30分で東展示棟に到着。
こちらからの入場は初めてです。

131127東京モーターショー 東展示棟入口


入場券を買って入ったすぐそばには日産のブースがあったので、
まずはこちらから見ていくことに。


[▽続き]

最初に見えたのが「ダットサン14型ロードスター」。

日産は今年12月で創立80周年ということで、
80年のありがとうを、クルマにのせて。
が今回の日産のテーマ。

この車は、1935年に生産が開始されました。
エンジンが722ccというのが時代を感じます。

131127東京モーターショー ダットサン14型ロードスター


こちらは、そのエンジン。
日産車のオーナー(キーを見せる)だけが入れる部屋の中にありまして、
この部屋では飲み物(ウェルカムドリンク)もサービスしてくれます。
これ以外にも歴代のレース映像なども流れてて、
このモーターショーで唯一ゆったり出来た空間でした。

131127東京モーターショー ダットサン14型ロードスター エンジン


NV200の電気自動車「e-NV200」。2014年度中に発売予定。

131127東京モーターショー e-NV200


2人乗り小型電気自動車「NISSN New Mobility CONCEPT」。

131127東京モーターショー NISSN New Mobility CONCEPT


LEAFの「Autonomous Drive(自動運転)」テスト車。
日産はハイブリッドよりも電気自動車に力を入れてます。

131127東京モーターショー Autonomous Drive


外から日産ブースを見たところ。
奥が2階展示場。下が日産車オーナー専用の部屋。

私も参加してるので言える立場では無いのですが、
平日だというのに、人がいっぱいです。
一時期は、出展者及び見学者共に少なかったのが、ウソみたいです。
それだけ日本の景気がよくなってるということでしょうか。

131127東京モーターショー 日産ブース


2階から周りを見たところです。
嫌になる程人が多く、クルマのそばに寄るのが大変でした。

131127東京モーターショー 日産ブース


2階に上がるスロープには、日産の歴史と歴代のミニカーが展示されてます。

子供の頃に憧れた車や、仕事で関わった車が多数あり、
とても懐かしく、当時の事が思い出されます。

131127東京モーターショー 日産のミニカー

131127東京モーターショー 日産のミニカー

131127東京モーターショー 日産のミニカー


新型「X-TRAIL」。12月に発売予定。
今までのスタイルとあまりにも違ってるのでちょっとショックです。
どうしてこうなっちゃうのか、テラノの次はこれかな?と思ってたので… 。

131127東京モーターショー エクストレイル


新型「GT-R」。
GT-Rは現行車のイメージを踏襲しています。

131127東京モーターショー GT-R


「MARCH」のニスモバージョン。

131127東京モーターショー ニスモマーチ


「FAIRLADY Z」のニスモバージョン。

131127東京モーターショー ニスモZ


そして「GT-R」のニスモバージョン。
やはり人気が高かったですね。ステージの前は人だかりでした。
一番前にいかないと写真が撮れないんですが、
前に行くと10㎜でも入りきらず、もう少しワイドが欲しかったです。

しかし、迫力があります。
それと前回のショーでも感じたのですが、
シャープなラインで構成された車が増えてます。

こうしたスポーツタイプの車が多いのも今回のショーの特徴です。
これも時代を反映してるのでしょうか。

131127東京モーターショー ニスモGT-R

131127東京モーターショー ニスモGT-R


さて、2階から降りて(通路は混雑、危険防止の為、一方通行になってます)、
奥に進みます。

新型「SKYLINE」。
これもイメージとしては現行と似ています。
でも現行車も含めて、このスタイルは好きではありません。

131127東京モーターショー スカイライン


コンセプトカー「ブレイドグライダー」。
3人乗りの電気自動車。空力をよくするために前が細くなってます。

131127東京モーターショー ブレイドグライダー


前から見ると、ほっそりしてますが… 。

131127東京モーターショー ブレイドグライダー


後ろからだとワイド。

131127東京モーターショー ブレイドグライダー


コンセプトカー「IDx」の2バージョン。
日産とユーザーが共同でクルマを創るCo-Creationによって誕生。
どことなくクラシカルなクルマをイメージさせるデザインです。

こちらは「FREEFLOW」。
「モダンな服のようにあなたを飾る」がテーマ。

131127東京モーターショー IDx FREEFLOW

131127東京モーターショー IDx FREEFLOW


こちらは「NISMO」。ゼッケンは「80」。
「ゲームのようにあなたを夢中にさせる」がテーマ。

131127東京モーターショー IDx NISMO

131127東京モーターショー IDx NISMO



以上、日産ブースの紹介でした。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/12/03 21:23 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL