第43回東京モーターショー2013 -ホンダ技研-

第43回東京モーターショー2013 「本田技研」のブースです。
ホンダの今回のテーマは「枠にはまるな(Live outside the box)」。
「過去の常識にとらわれず、未来に向かっていこう!」ということで、
トヨタの「FUN TO DRIVE, AGAIN」と通じる部分が感じられます。


最初に見えたのは、
1964年のF1世界選手権参戦のために製作した日本初のF1マシン、「RA271」。
創業者の「本田 宗一郎」はもともとバイク屋で4輪は素人。
だからこそ、今までのクルマ造りの常識にとらわれず、
独自の発想でクルマを開発してきた経緯があります。
F1参戦もその一つ。「ホンダジェット」のエンジン配置も独創的。

いやあー、懐かしいですね!
1964年といえば、ホンダが4輪車の販売を始めた次の年。
そして、東京オリンピックの年です。
あの頃にF1参戦ですから、大胆としかいいようがありません。

ホンダは2015年、再度F1に参戦することを表明しています。

131127東京モーターショー RA271

131127東京モーターショー RA271

131127東京モーターショー RA271


[▽続き]

新型「オデッセイ」。
これは、スポーツタイプの「ABSOLUTE」。
前よりよくなった気がします。

131127東京モーターショー オデッセイ


室内も少し広くなった気がような… 。

131127東京モーターショー オデッセイ


アコードプラグインハイブリッド」。
アコードにもPHVが出たのか、って感じです。
EVでの走行距離は37.6km。PHVの燃費は70.4km。

131127東京モーターショー アコードプラグインハイブリッド


FiTのスポーツモデル「FIT RS」。

131127東京モーターショー FIT-RS


Nシリーズの最新作「N-WGN」。
この車も来場者の注目を集めてました。

131127東京モーターショー N-WGN

131127東京モーターショー N-WGN


新型SUV「VEZEL」。
12月発売予定。
キーワードは「タフさと、エモーショナルの新しい融合」。

131127東京モーターショー VEZEL

131127東京モーターショー VEZEL

131127東京モーターショー VEZEL


ホンダ初となる「ハイブリッド+AWD」モデルもあります。

131127東京モーターショー VEZEL

131127東京モーターショー VEZEL


UNI-CUB β」。
身体を傾けて体重移動するだけで、前後左右や斜めへの動きを可能にした、
新しいパーソナルモビリティー。
「ASIMO」などのロボット技術(バランス制御等)がベースになってます。
今回「ASIMO」はいなかったですねー。見たかったのに残念です。

131127東京モーターショー UNI-CUB β


「NSXコンセプト」。
2015年発売予定。ほぼこのままの形で出るみたいです。
走りに主眼を置いた3モーターの新世代ハイブリッドシステム、
SPORTHYBRID SH-AWDR(SuperHandling-AllWheelDrive)が採用されてます。
内容は、
「ミッドシップに配置した直噴V型6気筒エンジンに、
高効率モーターを内蔵したデュアル・クラッチ・トランスミッションを組み合わせ、
前輪の左右を独立したモーターで駆動する電動式の四輪駆動システム」
ということで、すごいクルマなんでしょうが、もはや私の理解を超えてます。

131127東京モーターショー NSX

131127東京モーターショー NSX

131127東京モーターショー NSX


SPORTS 360」。
1962年に公開されたものの、市販はされなかったモデル。
ホンダの技術伝承プロジェクトにより、当時の図面や資料をもとに復元されました。

モーターショーでこの車と、次の「S660 コンセプト」をみる為には、
長い、長い、順番待ちの列に並ばなければ、なりませんでした。
おまけに見終わったら、後の人の為に、直ぐに移動する様促されます。
(一時期のパンダ見学と同じ?)
まあ、それだけ来場者の注目を浴びてるということです。
(私も一度は諦めましたが、結局並んで見ることにしました)

131127東京モーターショー スポーツ360

131127東京モーターショー スポーツ360

131127東京モーターショー スポーツ360


そしてこれが「S660」。
コンセプトカーなので、何とも言えませんが、軽とは思えない出来。
ホンダはデザインを維持しつつ、2015年の量産化を目指す、としています。

こういうスポーツタイプのクルマがまた見られる時代になることは、
とてもいいことだと思います。

131127東京モーターショー S660

131127東京モーターショー S660

131127東京モーターショー S660

131127東京モーターショー S660


ホンダは2輪もあるので、

モンキーのスペシャルモデル「モンキー・リミテッド」。

131127東京モーターショー モンキー・リミテッド


スーパーカブC100」。
スーパーカブは長い間生産されてるバイクですが、これは初代スーパーカブ。
1958年製。

初のF1カーRA272や初の4輪S360、そしてこのスーパーカブ。
ホンダも古いの出してきますねー。

131127東京モーターショー Super Cub C100


クロスカブ」のカラーコンセプトモデル。

131127東京モーターショー クロスカブ・カスタマイズコンセプト


「ゴールドウィング F6C」。
水平対向6気筒エンジンを積んでるらしいです。

131127東京モーターショー ゴールドウィングF6C


おまけ。

131127東京モーターショー ゴールドウィングF6C


以上、ホンダのブースの紹介です。
関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/12/06 21:58 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL