第43回東京モーターショー2013 -スバル-

第43回東京モーターショー2013 「スバル」のブースです。
今回のスバルのテーマは「その先の、安心と愉しさへ」。

最初に見えたのは、GTカー「BRZ GT300」。
BOXERエンジン+FRレイアウトが特徴のレースカーで、
第5戦の鈴鹿で初優勝を飾りました。
(写真はNikon1 V2で撮影)

フロントバンパー上部には「PROUD OF BOXER」と書かれてます。
水平対向エンジン(BOXER)は、
左右のピストンが互いの振動を打ち消す方向に作用するので振動が少なく、
低重心になるメリットがありますが、
構造が複雑でコストがかかり、平面的な面積も大きくなる為、
エンジンルームのレイアウトが制約されるというデメリットもあります。
そんな訳で現在国内の自動車メーカーで、
このタイプのエンジンを搭載した車を販売しているのは「スバル」だけになってます。
それだけに「BOXER」エンジンに誇りを持ってるのでしょう。

元々、スバルは航空機メーカー(エンジンも生産)ですし、
今でも航空機のレシプロエンジンは水平対向が主流。
「スバル」には、航空機のエンジン造りのノウハウが生きてます。

ちなみに、私が所属しているグライダークラブの曳航機「ハスキー」や、
モーターグライダー「スーパーディモナ」のエンジンも、水平対向です。

131127東京モーターショー BRZ GT300

131127東京モーターショー BRZ GT300


続いては、話題(少なくとも群馬県太田市では)の「REVORG」。
モーターショーに行って来たと言うと、「REVORGはどうだった?」と、
まず聞かれるほどです。

油圧シリンダーを使って車を持ち上げ、いろんな角度から見せるという、
派手な演出で展示してました。

131127東京モーターショー LEBORG


[▽続き]


「25年目のフルモデルチェンジ」と言ってるので、何の事かと思ってたら、
1989年に登場した「レガシー(ツーリングワゴン)」の後継車の意味だそうです。
「REVORG」という名前も「LEGACY REVOLUTION TOURING」組み合わせたもの。

確かに、現行モデルのレガシーは、
「アメリカ市場を意識してサイズを大きく見直した」と、
以前工場見学した時に開発者が言ってました。

その関係で、アメリカ市場では売れ行きが好調ですが、
日本市場では大きくなりすぎて、やや敬遠気味。
かといって「インプレッサ」ではクラスが?、というユーザーも多くいます。

そこで、その間を埋めるクルマとして出てきたのがこの「REVORG」。
インプレッサベースで先代のレガシーと同等のボディサイズ。
エンジンには新開発の直噴1.6Lターボと2.0Lターボが搭載されます。

尚、直噴1.6Lターボエンジンは、最高出力125kw、最大トルク250Nmで、
現行レガシィ・ツーリングワゴンが搭載する2.5L自然吸気エンジンとほぼ同等。
さらに、無給油で1000kmを超える長距離走行が可能(100km/h定速)とのこと。

発売は2014年春の予定。

131127東京モーターショー LEBORG

131127東京モーターショー LEBORG


近くで見れるモデルもあります。

131127東京モーターショー LEBORG


運転席まわり。

131127東京モーターショー LEBORG



コンセプトカー「VIZIV EVOLUTION CONCEPT」。
パワーユニットは、
1.6 BOXER DITとフロント1モーター、リヤ2モーターを組み合わせた、
プラグインハイブリッドシステム。
また、フロントとリヤのモーターを協調制御により4輪を緻密にコントロールする、
「リヤ独立駆動タイプシンメトリカルAWD」を搭載。
さらに、アイサイトの進化版による自動運転と、機能盛りだくさん。

131127東京モーターショー VIZIV EVOLUTION

131127東京モーターショー VIZIV EVOLUTION

131127東京モーターショー VIZIV EVOLUTION


フロント、リヤ一体型のドアの為、ドアが斜め上に開きます。

131127東京モーターショー VIZIV EVOLUTION

131127東京モーターショー VIZIV EVOLUTION


BRZベースのコンセプトカー「CROSS SPORT DESIGN CONCEPT」。
全長4300mmのコンパクトボディながら、乗降性を高めた上に、
快適な室内空間と豊かなラゲッジスペースを確保したクルマ。

131127東京モーターショー CROSS SPORT DESIGN


フロントグリルの開口部には、スバルらしさが見えます。

131127東京モーターショー CROSS SPORT DESIGN

131127東京モーターショー CROSS SPORT DESIGN


ルーフ側の回り込みとリヤフェンダーの後側の形状により、
ワイド感がより強調されて見えます。

131127東京モーターショー CROSS SPORT DESIGN


おまけ。

131127東京モーターショー LEBORG

131127東京モーターショー VIZIV EVOLUTION

131127東京モーターショー CROSS SPORT DESIGN


第43回東京モーターショー SUBARUオフィシャルサイトのURL http://www.subaru.jp/tms2013/

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/12/09 21:23 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL