12月7日 板倉滑空場 -HDR-AS30V動画テスト-

12月7日と14日にグライダーに乗りに行ったので、
先日購入したSONYの「HDR-AS30V」で動画を撮って来ました。

この日はよく晴れていて、視程もよく、風も弱くていいのですが、
前半は雲もなく、空はブルーで、条件的にはよく無かったです。
おまけに気流は荒れていて、結局滞空時間29分の疲れるフライトでした。

私が飛んだ後、午後2時過ぎくらいからは条件がよくなり、
皆さん滞空できたみたいです。

131207板倉滑空場


さて、SONY「HDR-AS30V」のテストですが、
最初と言うこともあり、5m防水のケースに入れたまま、
サンクションカップマウントに取り付けて、キャノピーに固定しました。

マイクロSDカードは32GBで、アマゾンでの評価も良さそうな「Transcend」を新たに購入、
サンクションカップマウントは以前購入したもののまだ使ったことがなかったものを使用。

     

サンクションカップにはリンクが2ヶ所あり、個別にレバーでロック出来ます。
そして、カメらネジ部もボールになっていて向きを変えられるので、
取り付け方が自在で、あまりがさばらず、コンパクトに使えます。
吸盤部分もゲル状になってるので外れにくく、よかったです。

グライダーのキャノピーが右ヒンジだったので、
動きの少ない右側にカメラをセットしました。
この状態だとカメラの液晶表示部が自分からは見えなくなるのですが、
電源OFFの状態からでも録画ボタンを押すと「録画状態」に入るし、
本体の設定で操作音をONにしていると録画開始時に音が出ますから、
音で確認が出来るので見えてなくても、問題は特にありません。

ただ、停止する時も音が出るんですが、同じ音なので、
適当に押してしまうと開始なのか、停止なのかがわからなくなってしまいます。
音が違うといいのですが…。

録画開始と停止とでは操作音は違いますから、判断出来ます。
訂正いたします。(2014/5/30のエントリで操作音の確認しています)


それと、Wi-Fiを使用してスマホからもモニター出来るのですが、
かなり近づけないとダメのようで、今回は使えませんでした。
家で確認した時は出来てましたから、もう少し様子を見たいと思います。


[▽続き]

カメラの設定は、
録画モード 1280x720 30P
画角     120°(手振れ補正有)
GPS     ON
としています。

録画モードは最高「1920x1080 60P」が選べますが、
当然データ量は多くなるし、特別な時以外は必要ないでしょう。
画角は120°と170°が選べますが、120°だと手振れ補正が選択出来ます。
SONYの無料画像管理ソフト「PlayMemories Home」を使ってマルチビューを作成すると、
PIPでGPSの軌跡をたどりながら見ることが出来るので、GPSはONにしています。
尚、このソフトを立ち上げた状態でカメラをUSB接続すると、
GPSアシストデータを自動的に更新してくれるので、便利です。


ということで、動画を撮って「PlayMemories Home」でマルチビューにしてみました。

「PlayMemories Home」を立ち上げて、データを取り込んだところです。
「ツール」を選択するといくつか出てきますが、
今回は右上の「画像の編集」(ハサミマーク)を選択します。

131207PlayMemories Home 画面1


「画像の編集」画面。
前後の不要部分をカットしようとして、真ん中の「ビデオの切り出し」を選択して、
データを編集しようとすると、

131207PlayMemories Home 画面2


下のメッセージが出てきて来ます。
少しでも編集するとGPSデータがなくなってしまうので、
そのまま全部のデータをマルチビューで書き出すしかありません。
となると、GPSログ付でデータを保管する為には、
必要な場面になってからスタートボタンを押さないと、無駄が出そうです。

131207PlayMemories Home ビデオ切り出し


仕方なく右下の「マルチビューを作成」を選択すると、
「ドラグアンドドロップで画像を追加できます」となり、
データをいくつも追加出来るようです。
今回はひとつしかないので1個だけ追加します。

131207PlayMemories Home 画面3


追加して、「次へ」ボタンを押すと「マルチビュー」のタイプが選べます。
タイプは下の3通り。
いずれもオリジナルの画面にGPSの軌跡(右上)と、
時間やスピードなどの表示領域(下)されます。
それぞれタイプにより、スピードメーターの形と透明度が違うようです。

でもこうなると、画面下の部分が見にくくなってしまいますが、
時間表示は不要だからなくしたいと思っても変更出来ないし、
表示場所を上にしたりなどの変更も一切出来ません。
全く使いづらいソフトです。

131207PlayMemories Home プレイビュー画面1

131207PlayMemories Home プレイビュー画面2

131207PlayMemories Home プレイビュー画面3


とりあえず最後のタイプを選択して、「保存」しました。
オリジナルは29分、1.27GBのデータですが、相当時間がかかりました。
おまけにデータサイズが3.08GBになってしまいました。
調べると、フレームサイズが1980x1080になってます。
どこにも設定する項目がないのでどうしようもありません。

せめて、オリジナルと同じフレームサイズで書き出してくれれはいいのですが、
どこもかしこも最低のソフトとしか言いようがありません。

マルチビュー化した動画は普通のMP4ファイルなので、
これを「EDIUS」でカット編集し、ついでにコメントも入れてAVIで出力し、
「TMPGEnc Video Mastering Works 5」でWEB用に再出力しました。
都合3回エンコードし直したことになります。

それがこれ。
離陸してから着陸するまで、途中をはぶきつつ15分程度にまとまたので、
よかったら見て下さい。
防水ケースに入れて撮っているので音がどんな風に入るのか?、
音の大きさはどうなのか?不安ではありましたが、これも問題なさそうです。



関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2013/12/16 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL