Wimdows 8.1とCADCEUS

OSの入れ替えの件です。
「Windows XP」から「Windows 7」にするつもりでしたが、
ちかくのパソコンショップに行って話を聞いたら、

1.「Windows 8.1」のが「Windows 7」(DSP版)より安い
2.「Windows 8.1」のが「Windows 7」より軽い
3.「Windows 8.1」のが「Windows 7」より立ち上がるのが早い
3.「Windows 8.1」は「Windows 7」みたいなデスクトップに出来る

と言われ、古いパソコンなのでなるべく重くならない方がいいか、
なんて欲が出て、というかこれだと「7」にする選択肢が見あたらないので、
「Windows 8.1 Pro 64bit」のDSP版を購入してしまいました。

OSのインストール自体は特に問題もなくドライバー類も全て対応してました。
画面周りも言われた通り、初期状態だと何が何だかわからない状態ですが、
デスクトップを切り替えれば、見慣れた画面に近い状態になります。

「Windows 8.1」のスタート画面。
メールとかネットを見る分にはいいんですが、
インストールしたプログラムを実行する方法がわかりません。
(マニュアル類を全く見てないというのが、一番の原因ですが… )

140115Windows 8.1 スタート画面


スタート画面にあるデスクトップボタンを押すと、
「XP」や「7」で見慣れたデスクトップ画面に切り替わります。
最初からこの画面に出来るのかは現状では不明です。

下にはタスクバーも表示出来ますし、アイコンも配置出来ます。

左下を「左クリック」すると、またスタート画面に戻ってしまいますが、
「右クリック」すると、「コントーるパネル」や「シャットダウン」など選択できます。

140115Windows 8.1 XPライクなデスクトップ


で、とりあえず「CADCEUS」が動くかどうかが問題だったので、やってみました。


[▽続き]


「CADCEUS」のドライブはOSとは別なパーティションに入っていますからそのままでOK。
アイコンだけ再配置します。

ドングルのドライバだけは新しい64bit用をインストールする必要があります。
ライセンスサーバーやデータベースサーバー、ネットワ-クサーバーは、
元々サービスとして立ち上げていたのですが、、
どうにも実行してくれないみたいなのでバッチ版を実行したら、
こちらは動いてくれました。
バッチ版は「コマンドプロンプト」がいくつも出来るので、
見苦しく嫌なんですがしょうがないですね。
(最小化で立ち上げてもタスクバーに残ってしまいます)

GUI版の「WSmanager」は、
スーパーユーザーになっても「WS管理情報の再構築」は出来ないみたいだし、
かといってDOS版の「WSkanri」や「dbatool」などは実行出来ないみたいなので、
ちょっと不便ではあります。

「CADCEUSセットアップツール」も直接「CSETUP.EXE」を実行すれば動きますから、
実行環境の設定も何とか出来ます。

ということで、全く同じにとはいかないですが、
「CADCEUS」を実行できるまでにはなりました。


以前モデリングした「龍」を表示させてみました。
シェーディングをかけても特に問題ないし、
いくつかのコマンドを実行しても普通に出来てしまいます。
これなら大丈夫かと思ったのですが、いじってるとなんか違和感がありました。

140115Win8.1 CADCEUS 初期状態


その違和感というのがこれ。
リージョンである範囲を選択する場合に、十字カーソルを動かすと、
動いたところの画面が黒くなってしまいます。
スペースボールで動かしたり、コマンドを終了させたりすれば、
再描画がかかって元に戻るし、機能としては正常なので見た眼さえ我慢すればいいのですが、
なんとなくやりずらい感じです。

140115Win8.1 CADCEUS リージョン


リージョンで囲む時に早く動かせば、消える範囲も少ないので、
なんとか我慢出来る範囲でしたが、
もう少し試してみようと思ってやっていったら最悪のことが起きてしまいました。

それがこれ。
これは2点を結ぶ直線を作成するコマンドを実行した時の状態です。
矢印カーソルでポイントを指示しようとすると、カーソルの周りが消えてしまいます。
少し動かして再描画させても、ピックしたい範囲が再度消えてしまいます。
これだととてもじゃないですが使えません。

140115Win8.1 CADCEUS 直線作成


「CADmeister」では、もちろんこういった問題は発生してないので、
「CADCEUS」固有の問題か、グラフィックドライバの問題が考えられます。

ただネットで調べると、CADCEUSのセッティングの問題でも、
グラフィックドライバの問題でもないようです。
Windowsの機能に問題があるとのことでした。
「AERO」の機能が原因していて「Windows 8.1」ではどうにもならないようです。

救いは「Windows 7」では対応可能らしい?
ということです。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/01/15 21:37 ] ソフト関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL