Windows7とCADCEUS

前回、「Windows 8.1」にインストールしてうまくいかなかった「CADCEUS」ですが、今度は最初に指摘されたように「Windows 7」にインストールしてみました。
正確には「CADCEUS」をインストールしたのではなく、「CADCEUS」がインストールされているWorkStationのOSを「Windows XP」から「Windows 7」にしたということで、「Windows 7」をインストールしたことになります。

「Windows 7」はどうせならとにかく安いものをとネットを探して、14,000円しないDSP版を購入してみました。
あまりにも安いので心配だったんですが、認証も問題なくとおり今のところ普通に動いてます。
ということで、OSのインストールは無事済んだので次は「CADCEUS」用の設定です。


グラフィックボード、USBドングル、スペースパイロット等のドライバ類は「Windows 8.1」で経験しているので問題なくインストール出来ましたし、ライセンス、データベース、ネットワークサーバー類のスタートアップファイルへの登録も同じです。というよりも「7」は「8.1」よりも「XP」に近い分作業は楽でした。

それで「Windows 8.1」でどうにもならなかった描画の問題ですが、「7」にはオプションパラメータが調整出来るので、画面が乱れないようにすることが出来ました。

「コントロールパネル」-「システムとセキュリティ」-「システム」を開いたときに左側にある「システムの詳細設定」。これをダブルクリックすると出てくる「システムのプロパティ」(下の画面)。
ここの「詳細設定」タブの「パフォーマンス」設定をクリックします。

140226Windows7システムプロパティ


そうすると出てくるのが下の画面。
この中にある「デスクトップコンポジションを有効にする」のチェックをはずします。

140226Windows7システム-パフォーマンスオプション


これでどうしようもなく乱れていた画面がまともになってきました。


[▽続き]

ただそれでもまだ違和感が若干残ります。
それは線や面を消去した時に消去した要素と重複している部分の表示が消えてしまうことです。他の要素をピックしたり画面を動かしたりすれば再表示されるので実作業では問題ないのですが、気になるのでこれも調整しました。

これは使用しているグラフィックボードによっても違うと思いますので、全ての条件にあてはまらないかも知れません。
ちなみに自分が使用しているボードは古いですが「NVIDIA Quadro FX3700」です。

調整内容は「CADCEUS」インストールドライブ内にある「\CADCEUS\XQT」フォルダの「DISP.env」内のパラメータ、

# REDRAWELTCNT : 0 # Redraw/UQUM切り替え図形操作数 (Default:20) 』

の最初の「#(赤)」をはずしてやることです。(# はコメントでないのと同じ扱い)
これでほとんど「XP」の時と同じように作業が出来ます。

後、「Windows 8.1」の時に
『GUI版の「WSmanager」はスーパーユーザーになっても「WS管理情報の再構築」は出来ない』
と書いたんですが、これは自分の勘違いで問題なく出来ました。

それと、「CADCEUS」では「VB6」のランタイムを必要とするんですが、「Windows 7」ではインストールされません。
そこで別途「VB6」のランタイムをインストール必要があります。これをインストールしないと「データ交換」プログラム等で文字化けが発生したり、ランタイムエラーを起こしてしまいます。
自分は「Vector」から「Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムライブラリ」をダウンロードしてインストールしました。

それでも「comctl32.ocxがない」と出てくる時があったので、「Microsoft Windows Common Controls 5.0 (SP6)」もインストールしています。

さらに「DXF-CFIO変換」(逆も同じ)では「Vsflex7L.ocxがない」というエラーが出てきますが、これは「CADCEUS」インストールドライブ内にある「\CADCEUS\EXCHANGE」フォルダ内に「Vsflex7.ocx」と「Vsflex7L.ocx」あるので、

regsvr32 Vsflex7L.ocx

と自前で登録する必要があります(パスは必要により入れないとダメです)。


以上により「Windows 7」環境でも「CADCEUS」は使えそうです。自作のマクロも今のところ問題ないです。
あくまで自分が使ってる3Dサーフェースのハイブリッドモデル作成に関しては(非パラ環境で、図面化とかCAMとかは使ってません)ということと、サーフェースモデルも全ての操作をした訳でもないので完全にOKとは言えないですが… 。

それと「CADmeister」があれば古い「CADCEUS」をわざわざ使うこともないんで、「Windows 7」で動いたからといって何にも意味はないんですが、「7」以降のOSにはインストール出来ないと頭から思い込んでたものですから、意外と面白いもんです。インストール出来ないのと動かないとは違うんですね。


ところで「Windows 8.1」は別のパソコンにインストールしてますが、「7」にインストール出来るソフトも対象外だったり、操作系も古い人間には使いづらいです。
今「XP」や「7」の環境に近づくように設定を弄ってますが、CPUも古くメモリも2Gしかないので、設定を変更するアプリケーションを多量に入れていくと本末転倒になるので、なるべくOSの設定だけでやりたいのがつらいところです。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/02/26 21:23 ] ソフト関係 | TB(0) | CM(2)

cadceusをwin7 xp modeで使いたい

USBドライバーのインストールがうまくいっていない様なのですが
対策ご存知でしたら教授お願いします。
[ 2014/07/23 14:18 ] [ 編集 ]

Re: cadceusをwin7 xp modeで使いたい

> USBドライバーのインストールがうまくいっていない様なのですが
> 対策ご存知でしたら教授お願いします。

シゲ様
記事を見ていただきありがとうございます。

Cadceusをwin7のXP modeで使いたいとのことですが、XP modeは制約がいろいろとあってうまく動かないと聞いています。
それで自分の場合はwin7本来のモードにインストールしています(と言ってもXPのフォルダをそのままコピーしただけです)。それ以外はドライバやVB6ランタイムをインストールしています。

USBドライバのインストールはUSBドングル用だと思いますが、
http://www.safenet-inc.com/support-downloads/sentinel-drivers/
からwin7用(Sentinel Protection Installer)をダウンロードしました。
自分の場合はこれについては特に問題なくインストール出来ました。
[ 2014/07/23 16:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL