QNAP TurboNAS TS-469Pro バックアップの設定 続きその1

QNAP「TS-469Pro」バックアップ設定の続きです。

バックアップ用の外部デバイスにI-O DATAの「RHD-UXシリーズ」のHDDをむりやり4TBに交換してeSATA接続で使ってるというのは以前のエントリで書きましたが、この製品USB接続だと電源連動機能が使えるんですが、eSATA接続ではその機能は使えません。これについては他メーカーの外付けHDDでも同じなのでいたしかたないところです。
いずれにしても「TS-469Pro」の場合、電源は常に入れっぱなしですから電源連動も意味ないですし、そもそもUSB接続(2.0)だと4TBを認識してくれません。

バックアップする時間は毎日22:00からにしてあるし、最初は丸ごとバックアップをとるのに時間はかかりましたが、その後は変更が入ったデータだけなので、それ程時間がかからず終了してしまいます。
したがって通常の場合外部デバイスが仕事をするのは1日30分もありません。

「TS-469Pro」本体についてはハードウェアの設定で、「ハードディスクのスタンバイモードを有効にする」にチェックを入れてるので、通常は省電力モードで動いてますが、外部デバイスについては常にファンが回ってるし、たぶんですがHDDも動いてると思います。
この状態はあまりにももったいなくHDDの寿命も心配になるので、HDDケースを最新のものに交換することにしました。


候補は「LOGITEC」の製品。
個人的にUSB2.0&eSATA対応の1Bayタイプのケースを使っていて、これがとても便利だったから、その後継品がないかと思ってました。

この製品、ダイレクトにHDDを交換できるし(工具も不要)、USB接続だと電源連動はもちろん、一定時間アクセスがないとHDDの回転が止まってくれます。常時アクセスしない外付けドライブにはうってつけの機能です。後継品はUSB3.0、最大4TBのHDD対応となっていて、省電力機能も搭載されてました。
もっとも、「TS-469Pro」のディスク容量からして1Bayでは不足なので2Bayタイプで探してみました。

ところが2Bayタイプでは電源連動はあっても、無アクセス時の省電力モードは対応してないみたいなんです。調べたかぎりでは他のメーカーにもありません。
そこで、LOGITECのサポートにメールで確認してみましたが、やはり2/4/8Bayタイプにはないとのことでした。
ただ不満だったのはLOGITECサポートの反応の悪さ。自社製品の内容を聞いてるだけなのに問い合わせてから回答が来るまでに8日程かかってます。おまけに4日目には「確認中なのでもう少し待ってくれ」というメールが来る始末です。
もう少し早く反応して欲しいと思いました。

いずれにしても2Bayではダメだとわかったので、1Bayタイプ(LHR-DS05EU3)を2セット購入しました。

下の写真の右側が今回購入したLOGITECのHDDケースです。この製品ケースの色が4色あったので紫色にしたかったんですが、人気のためか在庫なしだったので黒にしました。(LOGITECダイレクトのみでの販売となってます)
クマモンのストラップは先日の「自衛隊熊谷基地さくら祭り」で購入したものです。

140407Qnap TS-469ProとLogitec LHR-DS05EU3


この製品ファンも46℃以上にならないと回転しないので、静かです。
といっても普段はPCやHUBのファンが回ってるので、どのみち気にならないですが…。


[▽続き]

今回は外部デバイスをUSBディスクとして接続した訳ですが、その前まではeSATA接続で名前が「eSATADisk1」となってましたから今回名前が変わって認識も変わってしまうか心配でしたが、それは問題ありませんでした。
名前が「USBDisk1」となりましたが、設定上も名前が変わって内容は受け継いでくれてました。(下の画面)

140407Qnap 同期化ジョブ フォルダペア


ところでQNAPのバックアップでは削除したデータをバックアップから削除しない設定(バックアップポリシー)は出来るのですが、更新したデータの履歴管理する機能がないのが困りものでした。
CAD作業してると上書き保存した後で前の状態に戻したいことが稀にあります。また、ソリッドや複合面を弄ってると内部的に不正データが発生してデータベースがおかしくなってしまうこともあります。それ以外でも間違って上書き保存してしまうことも…。

そんな時旧のデータが残ってると、最悪何日か前までは戻せることになりますが、今のところQNAPではそれが出来ない状態でいます。
ただ先日、@Recycleフォルダの中を見ていて履歴データが残ってるのを知りました。

@Recycleフォルダの中で「[1]」がついたファイルを見つけました。「Zip」ファイルですが「[1]」がついてないのもあります。日付もずれてました。もう一度同じ名前で「Zip」ファイルを作って@Recycleフォルダを除くと「[2]」で出来てます。(下の画面)

140407Qnap リサイクルフォルダ 履歴


通常のエクスプローラで見ると当然ファイルは一つ。変更の度に数字が増えていくみたいですね。
となると、バックアップ関係なくゴミ箱に履歴が残ってることになります。

調べるとWindowsのゴミ箱でも同じなんですね。(番号はつかないみたいですけど)
自分は今までゴミ箱にゴミ(?)が溜まるのが嫌なんで、通常は「Shift」ボタンを押しながら削除してたので知りませんでした。(昔からWindowsを使ってたんですが、知らないというのは恐ろしいことです)

140407Qnap Workフォルダ


いい事を発見(今までしらなかっただけ)したので、CAD(CADCUES)のデータを見ましたが、残ってません。
ではということでCAMのデータを調べると、こちらは残ってます。(下の画面)

140407Qnap リサイクルフォルダ 履歴


どうしてこうなるのか不思議ですが、QNAPのマニュアルを見るとゴミ箱機能は、
ネットワークごみ箱はSAMBAおよびAFPを使用してのファイル削除のみサポートしていますのでご注意ください。
となってますから、CADCEUSだけSAMBAを使用してないということなのでしょうか。
そのへんはよくわからないので、また別の方法を探さなくてはなりません。
サーバー系には「シャドウコピー」という機能があるみたいですが、これもまだよくわかりません。

いずれにしても、ゴミ箱に削除したデータも更新したデータの履歴が残るので、バックアップポリシーの、
「余分なファイルの削除」にチェックを入れることにしました。(下の画面)

140407Qnap 同期化ジョブ ポリシー

ここのチェックを入れてないと、バックアップデータの中に不要になったから削除したデータや、意図的に名前を変えたデータが残ってしまい(当たり前ですが…)、後になると何がどうなってるのかわからなくなってしまいました。

実際、フォルダ毎戻す必要が出来たのですが、必要なファイルがどれかわからなくなって困ってしまいました。
(CADCEUSでは自分がつけたデータ名とデータベース上のファイル名に関連がないので…)

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/04/16 21:23 ] パソコン周辺機器 | TB(0) | CM(4)

LHR-DS05EU3 の省電力機能は有効でしたか?

初めまして。
QNAP TS-220 の外部デバイスが回りっぱなしという同じ悩みを持っている者です。色々探してこちらのページに辿り着きました。
LHR-DS05EU3 の省電力機能は有効だったでしょうか?有効だったら私も購入しようと思っています。
[ 2014/10/09 23:34 ] [ 編集 ]

Re: LHR-DS05EU3 の省電力機能は有効でしたか?

QNAP TS-220 ユーザー さん

LHR-DS05EU3は「電源モード」を「PC」にしていると、5分以上アクセスが無いとHDDの回転を止める仕様になってます。実際アクセスしてない時には「POWER」ランプも消えてます。
ですから、HDDの回転も止まってるものだと思ってたのですが、確認のため正面のフタを開けて(HDDはセットされたまま)HDDに触ると熱いし、振動もあります。
ですから、HDDの回転は止まってないみたいです。
試しにWidows7のパソコンにつないでみましたが(USB接続)、結果は同じでした。
どうやら省電力モードになってないみたいです。「POWER」ランプは消えてるのに。

一度ロジテックに確認したいと思います。
[ 2014/10/10 12:37 ] [ 編集 ]

お手間とらせてすみません

ご確認ありがとうございます。
気軽に質問したつもりがお手数おかけしてしまい、すみません。
当方、会社でも似た構成で使っていたので、念のため再度確認してみました。


<会社>
TS-221 ---(USB)--- LHR-EGEU3F / WD Red 3TB
POWER ランプは点灯しているけど、HDD とファンはスリープ状態。
File Station でアクセスすると HDD が回転し始める。

<自宅>
TS-220 ---(USB)--- LHR-EGEU3F / Seagate Barracuda 3TB
POWER ランプは消灯しているけど、HDD とファンは回転している。


LHR-EGEU3F はアクセスがないと回転を止める仕様はないはずなので混乱してきました。TS-221 と TS-220 で微妙な違いがあるのか、セットした HDD が違うからなのか。会社の了解が得られれば、色々交換してみて試してご報告します。
[ 2014/10/10 19:24 ] [ 編集 ]

Re: お手間とらせてすみません

QNAP TS-220 ユーザーさん
お気になさらずにどうぞ。
こちらこそ中途半端な内容ですみません。

あれからいくつかテストした後、メーカーに問い合わせて最終的に修理してもらいましたが、変化がありませんでした。
ただわかったのは「Seagate製のHDD」にだけ問題が発生するらしいです。
そう考えると「QNAP TS-220 ユーザー」さんの言う、「Seagete」と「WD」での動作の違いも納得出来ます。
「WD」のはHDD自体の機能ではないのでしょうか(確認はしていませんが)。

ということで「Seagate」以外のHDDであれば省エネ機能は働くようです。
これについては10/29付のエントリで取り上げてますので、よかったら見て下さい。
[ 2014/10/29 20:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL