PlayMemories Home バージョンアップ -Ver.3.1.01-

SONY HDR-AS30Vを購入後、撮影データの管理、編集用そしてGPSアシストデータの更新用に「PlayMemories Home」をインストールしたんですが、使えないので最初に使ったきりでそのままにしてました。

以前のエントリにも書きましたが、何が使えないかというと、

1.編集するとGPSログが消滅する
2.「マルチビューを作成」で保存すると、画面サイズが1920×1080になってしまう(データ量も増加)
3.「マルチビューを作成」で表示する情報が変更できない

モニターを見ながら撮影する訳ではないので、通常撮影する場合は早めにスタートボタンを押して最後まで録画しっぱなしがほとんど。だから後でパソコンで確認して必要な部分のみ保存するという使い方をすると思うんです。でも不要な部分をカットするとGPSログがなくなってしまいますから、無駄を承知で全部保存しておかなければなりません。
それに、画面サイズは1280x720で撮ったデータでもマルチビューにすると1920x1080になってしまいます。せめて同じサイズにしてもらいたいものです。
最後の表示情報も基本的には動画データがメインなので、それにプラスしてGPSログとか速度とかは表示されててもいいと思いますが、撮影日や距離など撮影した動画の内容によっては必要と思えない情報まで全て表示されてしまうので、その分撮影画面の表示範囲は少なくなってしまいます。一応マルチビューのパターンは3つありますが、表示項目はどれも同じ。表示する項目を選択出来る様にするか、表示内容を変えたパターンを増やすべきだと思います。
GPSデータ利用する為にこのソフトを使っているので、こういった部分が使えないと意味がありません。

たぶん他のブログでも同じことが書かれていたでしょう。
自分は使ってなかったの気がつかなかったのですが、先日見たらバージョン「ver.3.0.30」(2013/12/20)で、
GPSログ付きの動画を切り出し編集した後もマルチビューの作成で軌跡表示ができるようになりました
とありました。12月20日というと最初に使ってダメだと判断してからあまり日が経ってないですが、地道に確認しておくべきでした。

そういうことで、タイトルにある「Ver.3.1.01」というのは、自分がバージョンアップした時のヴァージョンが「Ver.3.1.01」だったというだけであって、このバージョンに特別意味がある訳ではありません。


で、早速バージョンアップしてカット編集し、マルチビューを作成してみたら問題が発生しました。GPSログが表示されません。

140413PlayMemories Home Multi View


マップビューで表示させてもGPSログが存在してないことになってます。

140413PlayMemories Home Map View

140413PlayMemories Home Map View


[▽続き]

どうにもおかしいのでカット編集する前のオリジナルデータを同じように表示させてみましたが、やはりログは表示されません。AS30V本体の設定を調べましたが、GPS機能は「ON」のままでした。

それで調べてみると、
「AS30VのMP4データにはGPSログデータは含まれてなく、GPSログデータは別フォルダーに保存されていて『PlayMemories Home』経由で取り込んだ時に動画データと関連付けされて取り込まれる」
そんな仕様だということがわかりました。

自分は既に「PlayMemories Home」は使ってなかったので、データを取り込む時には普通にコピペしてました。データはMP4ファイルに格納されてると思ってましたから…。
そんな訳で今まで取り込んだデータのほとんどからGPSログが抜けてたことになります。

幸いほとんどのデータはコピーしてたのでオリジナルは本体に残ってましたから、もう一度「PlayMemories Home」経由で取り込み直して何とかなりました。


HDR-AS30V本体のGPSログデータはマイクロSDカードの、
「PRIVATE」▶「SONY」▶「GPS」フォルダに、
YYMMDD00.LOG
という名前で出来てます。「YYMMDD」は年月日で「00」はシーケンシャル番号ですから動画ファイルとの関連は判断つけやすいです。ちなみにマニュアルには「ログファイルの削除機能はない」と書いてあります。
このファイルはテキストデータで開くと、

@Sonygps/ver5.0/wgs-84/20140413032617.000/
@Sonygpsoption/0/20140413032829.000/20140413032834.000/
$GPGGA,032834.000,3616.4716,N,13937.4669,E,1,0,,,M,,M,,*78
$GPRMC,032834.000,A,3616.4716,N,13937.4669,E,75.21,,130414,,,A*48
$GPGGA,032835.000,3616.4714,N,13937.4424,E,1,0,,,M,,M,,*70
$GPRMC,032835.000,A,3616.4714,N,13937.4424,E,74.50,,130414,,,A*47

となってまして、GPSログの形式としては「NMEAフォーマット」になります。
NMEA形式の拡張子は「.nmea」ですが、中身は全く同じです。
ですからこのログファイルをそのまま「カシミール」に取り込んで表示させることも出来ます。
今までMP4ファイルに格納されてるとばかり思ってたので、MP4ファイルからGPSログを分離する方法を探してたのですが、どおりで見つからなかったはずです。

さてGPSログ付きのSTDデータを「PlayMemories Home」で取り込むと、
MAH00001.MP4  (動画ファイル)
MAH00001.MP4.modd  (管理ファイル)
MAH00001.MP4.moff  (GPSログファイル)
という3つのデータが作成されますが、このうち.modd と.moffは隠しファイルなので通常は見えません。

.moddファイルの中身です。xmlで書かれていて、ファイルやGPSの情報が書かれてるみたいです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<plist version="1.0"><dict><key>MetaDataList</key><array><dict><key>CameraAppsTypeInfo</key><string></string><key>CheckCode</key><string>5117121D</string><key>DateTimeOriginal</key><real>41650.569189814814000</real><key>Duration</key><real>1908.906999999999900</real><key>FileSize</key><integer>1460754939</integer><key>FileTimeZoneOffset</key><integer>540</integer><key>Geolocation</key><dict><key>Altitude</key><real>8.000000000000000</real><key>Differential</key><integer>0</integer><key>ImgDirectionRef</key><string>T</string><key>Latitude</key><real>36.264550000000000</real><key>Longitude</key><real>139.635144999999990</real><key>MapDatum</key><string>WGS-84</string><key>MeasureMode</key><string>3</string><key>Speed</key><real>0.640000000000000</real><key>SpeedRef</key><string>K</string><key>Status</key><string>A</string><key>TimeStamp</key><real>41650.194386574076000</real><key>Track</key><real>134.880000000000000</real><key>TrackRef</key><string>T</string></dict><key>IsHighlightVideo</key><false></dict<>/array><key>XMLFileType</key><string>ModdXML</string></dict></plist>


こちらは.moffファイルの中身です。無理やりテキストエディターで開いてますからおかしな表示もありますけど、基本的にはGPSログの内容がそのまま入ってます。

MOFF8        MAH00001.MP4  T+OS GRUP < INDX BINA祥
@Sonygps/ver5.0/wgs-84/20140413032617.000/
@Sonygpsoption/0/20140413032829.000/20140413032834.000/
$GPGGA,032834.000,3616.4716,N,13937.4669,E,1,0,,,M,,M,,*78
$GPRMC,032834.000,A,3616.4716,N,13937.4669,E,75.21,,130414,,,A*48
$GPGGA,032835.000,3616.4714,N,13937.4424,E,1,0,,,M,,M,,*70
$GPRMC,032835.000,A,3616.4714,N,13937.4424,E,74.50,,130414,,,A*47


この状態で再度「PlayMemories Home」でカット編集してみます。
「画像の編集」-「ビデオの切り出し」を選択して実行すると編集画面になります。
IN、OUT点を選択して保存するだけというシンプルなエディターです。
IN、OUT点はそれぞれ1点だけしか選択出来ないようなので、保存しておきたいシーンがいくつかある場合は何回かこの作業を繰り返さなくてはなりません。

1404133PlayMemories Home 画像切り出し


保存したファイル名には(1)がつきます。「名前をつけて保存」とかは出来ません。
保存時間は短いので、Panasonicの「PHOTOfunSTUDIO」と同じくカット部分以外は再エンコードしてないと思います。
.moffファイルもサイズが小さくなるので必要な部分のみ取りだしてるようです。

マルチビュー作成画面にすると、GPSログの表示は切り出した部分のみになってます。

140413PlayMemories Home Multi View


カット編集がGPSデータ付きで出来るようになり以前に比べて便利にはなったんですが、困ったことに結合するとGPSデータは消えてしまいます。
「ビデオの切り出し」ではIN、OUT点が1点なので、2回に分けて切り出ししてからまとめようとしたのですが、
異なるタイミングで撮影されたビデオを結合しようとしているため、GPSログファイルは結合したビデオから除外されます。
と表示されてしまいました。
かといってマルチビュー作成では、単に2つのファイルが並んでいるだけの意味のないマルチビューにしかなりません。

これもうちょっと何とかしてもらえないかと思います。
ビデオを他人に見せるとき全部だと長すぎて飽きてしまうので、スタートとゴールシーン、それに途中のハイライトを含めたビデオにしたいということはよくあると思います。

そんな時GPSログだけは全体表示がされて画面の位置がどこかわかり、かつ、とびとびのシーンが表示出来たらいいんですがねえ。なんとかならないでしょうか?


最後にPanasonicのDMC-TZ30の動画データを編集出来るか試してみましたがダメでした。逆のパターンでもダメです。
この辺もいつものことですが、どうして出来ないんでしょうか?

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/04/21 21:23 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL