3Dデータがダウンロード出来るHONDAの特設サイト -Honda 3D Design Archives-

HONDAの歴代コンセプトカーの3Dデータを、STL形式の3Dデータでダウンロード出来る特設サイトが公開されてます。
既に1月28日から公開されてましたが、自分が知ったのは先週末のこと。ですから既に4ヶ月が経ってる訳でニュースとしては遅いですが、気になったのでデータをダウンロードしてみました。

Honda特設サイト「Honda 3D Design Archives」 http://www.honda-3d.com/

STL形式の3Dデータというのは光造形や最近なにかと話題になっている3Dプリンターなどで使われている形式で、自分が使ってる「Rhinoceros」などのCADで扱え、表示することが出来ます。
表示するCADを持ってないとデータだけダウンロードしてもあまり意味ないですからね。

公開当初は5つのモデルだけだったみたいですが、自分がアクセスしたときには7つのモデルデータがありましたから、少しずつ増えてるようです。ということは今後もっと増える可能性があるということでしょうか?
今ある7つのモデルというのは以下の通りです。

FUYA-JO (1999)
FSR Concept (1994)
KIWAMI (2003)
PUYO (2007)
NSX Concept (2013)
UX-3 (2009)
MOTOR COMPO (2011)


HONDA(2014/2/28)のニュースリリース」には、HONDAがこうした3Dデータを公開した理由が次のように書かれています。

家庭用3Dプリンターの低価格化や技術革新などにより、社会における「ものづくり」の在り方は根本的に変化しつつあります。こうした背景のなか、Hondaは、従来の「メーカー」と「ユーザー」という枠組みを超えた新しいコミュニケーションの在り方を目指し、このプロジェクトを企画しました。このプロジェクトに触発されて、ユーザーのなかから、優れた未来の自動車デザイナーやエンジニアが生まれてくることを願っています。




とりあえずは昨年の東京モーターショーで公開された「NSX Concept」に注目して見ていきます。
下の絵が「NSX Concept」のWEB画面です。
「DOWNLOAD」と「VIEW IN 3D」という2つのボタンがあり、「DOWNLOAD」はもちろんSTLデータのダウンロード用(ZIPファイル)ですが、親切なことに「VIEW IN 3D」ではブラウザー内での3DVIEWの表示が可能になります。

140602Honda 3Dcom NSX Concept


下が実際に「NSX Concept」を3DVIEWで見たときのスクリーンキャプチャですが、マウスを左クリックして動かすと自由に向きを変えることができるようになてます。これだとCADを持っていなくても3Dデータを楽しむことが出来ます。

140602Honda 3Dcom NSX Concept View In 3D

[▽続き]

さてダウンロードデータですが、ZIPファイルには2つのデータが入ってます。

nsx_concept_HIGH.stl 99.9MB
nsx_concept_LOW.stl 9.99MB

名前からもわかる通りデータ量が異なって(10倍)いるだけで同じものです。
早速「Rhinoceros」で読み込んでみました。
まずは「LOW」から。

若干荒いですが、データのイメージがよく見えます。緑色の濃い部分はデータが細かい部分(形状の変化が大きい部分)になります。

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_LOW 1


フード部分を拡大してみました。STLデータの特徴である3角パッチがよくわかります。左側に見えるのは右前輪です。

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_LOW 2


レンダリング表示してみました。少しざらついています。

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_LOW 3



次は「HIGH」データです。

緑色に塗りつぶされたようになっているのがわかると思います。
データ量がそれだけ多いということです。

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_HIGH 1


「LOW」と同じ向きにしてレンダリングしてみます。
当然「HIGH」の方が形状が滑らかに表現されてるのがわかると思います。

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_HIGH 2


昨年の「東京モータショー」で「NSX Concept」は写真に撮ったので、それと比較してみます。
データの方は色が一色なのでやや現実感が乏しいですが、かなり近い状態に表現されてるのではないでしょうか。

131127東京モーターショー NSX

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_HIGH 3


131127東京モーターショー NSX

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_HIGH 4


131127東京モーターショー NSX

140602Honda 3Dcom NSX Concept STL_HIGH 5


自分のところには3Dプリンターがないので、実際に形にすることは出来ませんが、3Dプリンター出力して色でも塗れば簡単にプラモデルが出来てしまいます。
CADやってる自分が言うのもなんですが、実際すごい時代になったもんです。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/06/02 21:23 ] 3Dモデル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL