6月1日 富嶽を飛ばそう会 -中島スケールモデル飛行大会ー その1

6月1日に尾島RCポートにて「富嶽を飛ばそう会」主催のRCスケールモデルの飛行大会(入場無料)があったので見学してきました。

尾島RCポートは毎年11月3日に行われる「RC航空ページェント」(1昨年見学してきました)が開催される場所です。
「RC航空ページェント」の時は見学者が多く、車を近くの学校に置いてシャトルバスに乗っていかなければいけませんでしたが、今回は世間的にはあまり知られてないのか見学者が少なく、車は直接滑走路脇に停めることが出来ましたし、ゆっくり見学することも出来ました。

この大会メインは「富嶽(Wiki)」なんですが、「富嶽」というのは中島飛行機製作所(スバルでお馴染みの富士重工業の前身ですが、詳細はWikiを見て下さい)が第2次世界大戦中に計画したものの実現には至らなかった6発エンジンの超大型爆撃機のことです。
「富嶽を飛ばそう会」は富士重工のOBが中心となって設立された会で、実際に飛ぶことの出来なかった「富嶽」を1/12スケールのRC(ラジオコントロール)モデルとして製作し飛ばしています。
私は爆撃機としてしか知らなかったんですが、実際にはいくつかのタイプが計画されていたようで、RCモデルも爆撃機タイプが1号機として2000年に製作され、2号機として旅客機タイプが2011年に、現在は輸送機タイプが3号機として製作中だそうです。
今回飛んだのは2号機の旅客機タイプですが、この機体は2012年の「RC航空ページェント」でも飛んだそうです。

下の写真は飛行前にエンジンを始動してるところですが、6発もあるので調整が大変そうです。
胴体には青い字でしっかりと「NAKAJIMA AIRLINES」と入ってます。
人との対比で大きさが想像出来ると思いますが、超大型機だけに1/12スケールのラジコン機といってもかなりの大きさになります。
いただいた資料によるとサイズは下記の通りです。

全幅4.12m(50m)、全長2.8m(33.5m)、全高0.85m(10m)、自重19kg(37,500kg)
()内は実機のサイズ

ちなみに当時「空の要塞」と言われたアメリカ軍の「B-29」は4発エンジンで、
全幅43.1m、全長30.2m、全高8.5m、自重32,400kg
でしたから、さらに大きな飛行機ということになります。

RC機のエンジンは小川精機製の4サイクル単気筒エンジン「FS-62V」で、排気量10.11cc、出力1.1ps、これを6基搭載して、最大速度は約80km/hとのこと。おまけにGPSも積んでいて地上で、位置、高度、速度などがモニター出来ます。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 エンジン始動
PENTAX K-5Ⅱs+DA★300


今回の撮影は、写真はPENTAX K-5Ⅱs+DA★300で、動画はNIKON1 V2+NIKKOR70-300mmZOOMをメインにしています。
NIKON1 V1もスナップ写真を撮るのに使いましたが、車がすぐ脇に停められたので荷物が多くても身軽に出来るのでとっても助かりました。


[▽続き]

離陸中の「富嶽」。
垂直尾翼に描かれたマークは中島飛行機の社章です。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 離陸
PENTAX K-5Ⅱs+DA★300

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 上昇中


飛行中の「富嶽」。
不具合により左側のフラップが下がったままになってますが、安定して飛んでます。
脚が引き込まれているとRCスケール機とは思えない程のリアルさが出たんですけど。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 飛行

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 飛行

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 飛行

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 飛行

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 飛行


着陸態勢の「富嶽」。
いい進入姿勢だったんですが、接地寸前にやや右翼下がりになったので「ヒヤッ」としましたが、無事着陸。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 着陸

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 着陸

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 着陸


フライヤーの2人。不具合があったにも関わらず、無事着陸まで持ってきました。ご苦労様でした。
この機体、操縦はメインフライヤーとサブフライヤーの2人で行なわないといけないのだとか。
いやはや実機と同じで副操縦士が必要なんですね。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 フライヤーの2人


2回目の飛行に備えて、不具合ヶ所点検中の「富嶽」。
こんな形に胴体と主翼が分解できます。素材は基本的に木製。航空ベニヤとバルサ材ですが、翼の一部はカーボンファイバーで補強されてるそうです。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 整備



昼休みが(フライヤーの食事と休憩)あり、この間は飛行がないので滑走路内に入ることが出来ました。
おかげでスケール機を間近で見ることが出来ました。
滑走路内ではNIKON1 V1+1NIKKOR18.5mmで撮影しています。

140601中島スケールモデル飛行大会 尾島RCポート
NIKON1 V1+1NIKKOR18.5mm

滑走路。

140601中島スケールモデル飛行大会 尾島RCポート


すぐ間近で機体の撮影が出来ました。
今回飛ばなかった爆撃機タイプの機体です。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 爆撃機


ローアングルから。草がスケール感を損ないます。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 爆撃機


バックに車がなければよかったんですけど。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 爆撃機


これなんかはいい感じではないでしょうか。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 爆撃機


細かい部分の造りがしっかりしてると、もっと雰囲気が出るんですけど。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 爆撃機

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 爆撃機


こちらは今回飛んだ旅客機タイプ。旅客機だからか爆撃機タイプに比べて低翼になってます。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 旅客機

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 旅客機


アップ。
一番手前のマークは太田市のマスコットキャラクター「おおたん」。

140601中島スケールモデル飛行大会 富嶽 旅客機

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/06/06 21:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL