テラノの次の車を考える -日産 NV200 & e-NV200-

不調な我が愛車テラノですが、先週の土曜日に日産で診てもらってからなるべく乗らないようにしています。
でも月曜からは仕事があるので通勤には使ってますが、なんとなく先週よりはなんとなく調子がいい感じです。

とはいえ18年も経ってる車ですから、これから先どんどん悪いところが出てきて、修理代がかさむのが目に見えています。
そこで、次の車の候補を考えなくてはいけません。

元々は「エクストレイル」を考えていたのですが、昨年の東京モーターショーで見たときのスタイルが旧型とあまりにも違ってて、それが良くなってるのならもちろんいいんですが、どうにも好きになれない格好でして考えから外してしまいました。
スカイラインなどと共通するスタイルだとは思うのですが、自分にはいいとは全く思えません。

そうなると日産の中では「NV200」くらいしかないです。
この車、バンタイプなのでシートポジションが高く、荷室は平らで広く、横になって寝ることも出来るので便利です。ただエンジンが1.6Lとやや小さ目で、燃費も13.2km/L(5人乗りワゴン)とあまりよくなく、このあたりはやや物足りない数値。
それと元々が商用車なので、ワゴンタイプとは言ってもリヤサスペンションがリーフリジット(板ばね)で、荷物を積んでない時の乗り心地は今一と予想されます。

140709 NV200 外観


とはいえ車で遠くにドライブすることはもうそんなにないと思いますし、それ程スピードを出して走る訳でもないですから、荷物持って滑空場通いしたり、そこで車中泊したりするにはちょうどいい大きさかと思ってます。
それに価格も\1,872,720(5人乗りワゴン 16X-2R)と安いのも魅力です。

さらに昨年の東京モーターショーでこの車をベースにした電気自動車が14年度中に販売されると聞いてましたが、日産のサイトには既にカタログが出ていました。


[▽続き]

「NV200」ベースの電気自動車は「e-NV200」です。
写真を見るとスタイルはほぼモーターショーで見たまんま。
「NV200」に対してはフロント回りが違ってます。
グリルはなく、「リーフ」と同じような電源BOXの蓋になってます。

140709 e-NV200 外観

基本構造は「リーフ」を流用してるみたいですが、重量の関係からか航続距離は188kmと「リーフ」より短くなってます。
まあ、商用中心と考えれば充分な距離かとは思われます。自分の場合で考えてもほとんど遠くには行かないのでこれでも何とかなるのではという距離です(もちろんもっと長いといいですが)。
「リーフ」のスタイルはどうにも好きになれませんが、これならいける気がします。

さて、「NV200」と比べると、重いバッテリーが増えてるわりに荷室は同容量、同積載量が確保されてます。
その分重くなるためか、タイヤは165R14から185/65R15にサイズアップされ、車幅も1695mmから1755mmと大きくなってます(ワイド化されたタイヤに対応する為?)。でも最小回転半径は変わってません。

リヤフェンダーあたりをみるとオーバーフェンダーがつけられた感じで、後ろ側は「NV200」のパーツを流用してるのだと思います。でも車幅が変わると税金も変わるのではないでしょうか?電気自動車だと補助金もあるし、エンジン排気量との換算もわからないので何とも言えませんが、気になるところです。

なかなかいい感じではありますが、価格を見てビックリです。
バンGX5人乗りで\4,078,080ですから4百万円オーバー。ガソリンのGXは\1,963,440ですから2百万円アップとなります。
装備とかの違いはわからないので、電気に変わっただけで2百万アップとは思えないですが、なんともものすごい数字。

おまけに自分が候補としたワゴンの5人乗りとなると、\4,624,540ですって。
もう訳わからない。どこからそんな設定が出てくるのでしょうか?
ワゴンになるとナビやアルミホイールが標準でついたり、リモート充電が標準になったりとありますが、それにしてもというところです。
エコカー減税額が\976,800あるとはなってますが、それでも365万円くらいする計算ですからとてもその先(見積もりとか)に進む気がしません。所詮商用車ですから。(ちなみにリーフで370万円くらい)

140709 e-NV200 外観


ということで、少なくとも「e-NV200」はなさそうです。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/07/07 21:23 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL