古代蓮の里 -埼玉県行田市- その4

行田市の「古代蓮の里」。
まだまだ続きます。

古代蓮池の隣の「水性植物園」エリア。
ここにもいろんな花が咲いてます。

最初は「甲斐姫」という種類の蓮。
Nikon1 V2+1Nikkor30-110mmで撮影。

この蓮は「古代蓮(行田蓮)」と「アメリカ黄蓮」をかけ合わせて造られた品種で、名前は忍城主(行田市)の娘「甲斐姫」から採られたそうです。
花弁の外側の淡いピンクから内側のうすい黄色へのグラデーションがとてもきれいな花。姫という名がとても似合ってます。あいにくきれいに咲いてる花が角にしかなかったのが残念でした。

140719古代蓮の里 甲斐姫(蓮)

140719古代蓮の里 甲斐姫(蓮)


[▽続き]

その周りには、

「スイレン」。

140719古代蓮の里 スイレン

140719古代蓮の里 スイレン


「アサザ」。
黄色の小さな花が密集して咲いてます。

140719古代蓮の里 アサザ


「コウホネ」。
同じく黄色い花。

140719古代蓮の里 甲斐姫(蓮)


「ミズカンナ」。
北アメリカやアフリカの湿地帯に生える多年草で、葉が「カンナ」に似てるからこの名がついたのだとか。

140719古代蓮の里 ミズカンナ
Nikon1 V1+1Nikkor18.5mm


「キバナハス」。
この蓮の黄色もすごくきれい。

140719古代蓮の里 キバナハス
Nikon1 V2+1Nikkor30-110mm


アップ。

140719古代蓮の里 キバナハス


さらにアップ(クローズアップレンズを使って撮影)。

140719古代蓮の里 キバナハス


140719古代蓮の里 キバナハス


「オニバス」。
葉っぱがザラザラしてます。
残念ながら花は見れませんでした。

140719古代蓮の里 オニバス
Nikon1 V1+1Nikkor18.5mm

140719古代蓮の里 オニバス


この後、せっかく半額券を貰ったので、「古代蓮会館」に向かいます。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/08/06 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL