野鳥の撮影 -チョウゲンボウ-

今回は「チョウゲンボウ」。「ハヤブサ」の仲間だそうです。
初めて撮りました。このところ猛禽類に出会うことが多い気がします。
名前についてはネットで調べたので、たぶんあってると思います。

それ程大きな鳥ではないことと、高い塔の上の方で飛んでたので距離があったのと、天気が悪かったのとで(腕のせいもありますが)あまりきれいに写ってません。
よく見ると足元に獲物がいるようにも見えます。
(PENTAX K-5Ⅱs+DA★300で撮影)

140817チョウゲンボウ


少しトリムしてます。
露光量を補正してるんですが、曇り空なのでほぼ逆光モード。
顔がよく見えません。

140817チョウゲンボウ
ISO640 f/4.0 SS1/1600 1+7/10EV

[▽続き]

低いところにはなかなか来てくれません。

140817チョウゲンボウ

140817チョウゲンボウ

140817チョウゲンボウ


等倍にしてみました。
どうやら獲物は「アブラゼミ」のようです。
ネットで見ると小型の鳥以外にも、ミミズやカエル、昆虫も捕食するとなってます。
夏なので「セミ」の類も多いでしょうから、捕りたい放題といったところでしょうか。
飛びまわっては何匹も捕まえてました。

140817チョウゲンボウ


下の方の屋根に止まってくれたので撮ってみました。
とはいってもかなり距離があります。
目が大きくなかなかかわいい顔をしています。
でも猛禽類だけあって脚はごついです。

140817チョウゲンボウ



ところでこんな人を見かけました。
「アオサギ」なんかを撮ってる時に後ろを歩いてました。
最初はただの通行人だと思って気にしてなかったのですが、振り返ってみたら「タカ」を手に乗せてたのでびっくりです。
あわてて撮ろうとしたのですが、300mmを持ってただけなので、どアップになってしまいました。
何をしてたのでしょう。訓練?
ヨーロッパではハトの害(フン害)を無くすために定期的に「タカ」を飛ばすというのは聞いたことがありますが…。

こんなところに鷹匠がいるとは思いませんでした。

140817鷹匠と鷹

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/08/29 21:23 ] 野鳥の写真 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL