三菱アウトランダーPHEV 1泊2日無料レンタルで乗ってきました その3

三菱アウトランダーPHEV 1泊2日無料レンタルで乗ってきました その2」からの続きです。

長野の朝はかなり寒かったです。それとやはり窓の外が明るく6時前には目が覚めてしまいました。
でも毛布のおかげで寝袋の中はぬくぬくで、暖房のお世話になることはありませんでした。

ただ朝6時の気温は7℃で、さすがに熊谷や太田とは違います。
窓も夜露がびっしりと貼り付いてました。
この車にはメーカーオプションの「電気温水ヒーター」が付いてるということだったので、この温度だとちょうど熊谷の初冬に相当しますから、ヒーターの効き具合を試すことが出来ます。

はたしてどうなるでしょうか?この時間ならエンジンが回ったとしても迷惑はかからないでしょうから、早速試してみました。
パワーを入れて「Ready」にします。そしてエアコンの設定温度を25℃にしましたが特に変化はありません。エンジンも回りません。ということはヒーターで水を温めていると考えられます。
「電気温水ヒーター」なし車だとここでエンジンが回って水温を上げるはずですから。

しばらくナビでこの地での地デジ放送を見ようとチャンネルを弄ってると、少し柔らかな風が流れだしました。それからしばらくして暖かい風が出てきました。かなりの勢いでファンが回ります。
感じとしては普通のエンジン車で走り出してしばらくするとエンジンが暖まって温風が出てくる、あんな感じです。
時間はしっかり計ってなかったですけど、5~6分位だと思います。

「電気温水ヒーター」についてはどうしようかと迷ってましたが、この気温でエンジンが回らずに暖房出来るならありかと思います。熊谷だと1年のほとんどの季節で使えそうですから。どうせならもう一度、気温が4℃位の時にどうなるかも試せると確実なんですけど…。

ただ不思議なのは、何故水を温めるのかということです。直接空気を温めれば直ぐ温風が出てきそうなんですけど。
これについては素人なのでよくわかりませんが、ネットなどではセラミックヒーターを装備してる人もいるようです。

下のグーグルマップは、OREGON450で記録した2日目のルートです。走行距離は約270km。






[▽続き]

朝日がきれいだったので写真に撮ってみました。
(PENTAX K-5Ⅱs+DA18-135mmで撮影)

140921アウトランダーPHEVレンタル 道の駅の夜明け


道の駅アルプス安曇野・ほりがねの里」。
物産センター全景。季節の花、新鮮な野菜、果物、加工食品などが販売されてます。
この日は花の苗木が無料(数量限定)で配られてました。
トイレもきれいだし車中泊するには最適なのですが、朝早い時間だと食事が出来ないのが残念。

140921アウトランダーPHEVレンタル 道の駅 ほりがねの里


車中泊した駐車場です。
運転席の後ろ、駐車場の先に急速充電器があります(写真を撮り忘れました)。
出発するまでの間、充電してる車は見かけませんでした。

140921アウトランダーPHEVレンタル 道の駅駐車場


さて、車中泊のスタイルですが、下の写真の通りです。
レジャー用マット(厚さ10mmくらい)の上に寝袋を敷いて、寒さしのぎの毛布を置いてます。
一人なので荷物は横に置いてますが、荷物を前席に置けば二人でも寝ることは出来ます。

ただこの状態で寝袋の上に座ると天井がやや気になります。

140921アウトランダーPHEVレンタル 車中泊スタイル


後席を倒してフルフラットにしてる時はこんな感じです。外した座面がやや邪魔です。これがないともう少し全長に余裕が出来るのですが、外せるからこそフルフラットになるというのも事実です。
(CX-5もやや傾いてたし、X-TRAILに至っては全体が傾斜してました)

140921アウトランダーPHEVレンタル 後席のフルフラット化


背もたれを起こした状態です。座面はヒンジとステーで車体と接続されてますが、いっそのことヘッドレストみたいに外すことって出来ないのでしょうか?そうすると法律的に問題でもあるのでしょうか?
(テラノの時はヒンジのボルトを外して座面も外してましたけど)

140921アウトランダーPHEVレンタル 後席のフルフラット化


座面をセットする時は先に背もたれ側をはめます。こうして見ると座面が薄いのがわかります。
長く座らないとクッション性とか疲れ具合はわからないのでしょうけど、ちょっと心配になります。
(今のところ後席に人を乗せる可能性は限りなく少ないですが)

140921アウトランダーPHEVレンタル 後席のフルフラット化


そして座面を下に押すと、後席の完成です。このままでも背もたれを倒すことは出来ますが、座面と反発するのでフルフラットにはなりません。それに座面、背もたれのクッションが痛みそうです。

140921アウトランダーPHEVレンタル 後席のフルフラット化


後席を元に戻して荷物を置いた状態です。荷室の広さはそれなりです。
バックドア左側についてるのが「エレクトリックテールゲート」用の機構で、これが何とも不格好で邪魔くさいです。
三菱のデザイナーはこれで納得してるのでしょうか。いかにも後付け感ありありで、スマートではないです。
この機能は「G ナビパッケージ」以上には標準装備となってしまいます。せめて単独のオプションにしてもらいたいです。
(ここについてはX-TRAILのが断然いいです)

140921アウトランダーPHEVレンタル 荷物の積載状態


ウェブサイトを見た時においしそうな食事があったので、朝の食事はここでと思ってたのですが、よく見ると食事は10時からでした(野菜の販売とかは7時からやってます)。夜も早いし、朝が遅いとなると道の駅は本当に寝るだけとなってしまいます。高速のSAの方が便利そうです。
そんな訳で、早々に道の駅を出発して安曇野観光に向かいます。

三菱アウトランダーPHEV 1泊2日無料レンタルで乗ってきました その4」に続きます。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/09/29 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL