11月2日立正大学 第98回公開講座 木村秋則 X 高野誠鮮

11月2日、立正大学熊谷キャンパスに「立正大学 第98回公開講座」を聴きに行ってきました。

第98回ということでしたが、今回はじめての参加です。
確か熊谷市の広報にパンフレットが入っていたのだと思いますが、今までは気がつきませんでした。

それなのに何故今回気がついて応募したかというと、講座のタイトルが、

「本物はヒトリンゴも腐らない」

で、出席者が、

木村秋則」さんと「高野誠鮮」さんだったからです。

木村秋則さんと言ってもピンと来ない人も、
奇跡のリンゴをつくった男
と言われればわかると思います(私もその一人です)。

無農薬、無肥料の自然栽培を実践してる人で、映画「奇跡のリンゴ」(出演 阿部サダヲ、菅野美穂)のモデル(実話)となった人です。
それで、どんな人なのか非常に興味がありました。

そして高野誠鮮さんは日蓮宗の住職で、立正大学の客員教授。
この方も、
ローマ法王に米を食べさせた男」(プレジデントの記事
と言われればわかる人も多いと思います。
(申し訳ないですが、勉強不足で私は知りませんでした)

会場の熊谷キャンパスのアカデミックキューブ1階A101教室で13:00~14:30。
定員は400名でほぼ満員でしたが、品川キャンパス(定員100名)にも生中継されてました。

141102立正大学 第98回公開講座 会場


[▽続き]


最初高野さんが基調講演をし、その後木村さんの講演(これがメインです)。
その後休憩が入り、最後は二人での話し合いといった形で進みました。

高野さん曰く、
「農業資材(農薬、肥料)に含まれる硝酸カリウム等の窒素がオゾン層を破壊し、環境を破壊していくのが問題」
「害虫はいない。害虫が寄ってくるような食物を人間が作ってるのが問題」
「硝酸カリウム(肥料)で育てたきゅうりには、きゅうりを溶かすバクテリアを増やしてる」
など、衝撃的な話が出てきます。

実際、木村さんのリンゴは腐らることはなく、干乾びるだけだそうで、自然栽培で造った米に水を入れて20日間放置しても、腐るのではなく発酵するそうです。
無農薬で造った米でもこうはならず、腐ってものすごい異臭を放つそうです(木村さんの実験結果)。

この後、木村さんが出てきて自然栽培について話されたんですが、最初見たときは歯のない、あまり風采の上がらない普通のおじさんに見えた(失礼)のですが、話を聴いてるとどんどん引き込まれていく不思議な人でした。

木村さん曰く、
「植物を育てるには『水』、『土』、『太陽』、それに『愛情』が必要だけれど、愛情には単位がなく、どれだけ注げばいいか量が測れない」
「主役はあくまでリンゴの木。自分はリンゴが生育しやすい環境づくりの手伝い」
「とにかくやってみる。やらないで結論が出せるのであれば預言者」
など、独自の理論が豊富です。

何しろ観察するのが好きらしく、色んなのを見て研究するのだそうです。
益虫と言われるてんとう虫は害虫と呼ばれるアブラムシを1日に何匹食べるのか?
答えは成虫でせいぜい5~6匹、幼虫で10匹くらいだそうです(たいして役に立たない)。
そしてアブラムシはダニの卵を食べてるそうです(害虫はいない)。
他にも大根の根は回転するとか…。

いずれにしても、栄養過多(肥料)、薬漬け(農薬)では丈夫な植物(人間も)は育たない。
自然栽培で免疫力の強い丈夫な植物を造る農業を進めていくことの必要を説いてました。
また、こうした食物を食べることで食べた人間の身体、心を浄化してくれるとも。
(今の僧侶は死ぬと腐るけど、昔の僧侶はミイラ(即身仏)になったと…)

最後に宮古島の例が出されました。
宮古島では農薬や肥料のおかげでサトウキビの生産が大幅に増え暮らしが豊かになったんですが、逆にそのおかげで地下水が汚染されてしまったそうです。
それで今化学肥料を使わない栽培の研究が高校生たちの手で、始まってるとのことでした。

こちらは講座のあった、「アカデミックキューブ」。
なかなかいい造りでした。

141102立正大学 熊谷キャンバス アカデミックキューブ



立正大学では11月1日~3日まで「星霜祭(学園祭)」が行われてます。

141102立正大学 熊谷キャンバス 星霜祭入り口


よく見かける模擬店。

141102立正大学 熊谷キャンバス 星霜祭 模擬店


食べ物以外にも。
こちらは弓道体験?

141102立正大学 熊谷キャンバス 星霜祭 弓


こちらはお化け屋敷。
他にも「ALEXANDROS」のコンサートもありました。

141102立正大学 熊谷キャンバス 星霜祭 お化け屋敷


グラウンドではアメラグの練習。
野球場ではちびっ子に野球を教えてましたし、このキャンパス結構広く、環境もいいですね。
自分らが学生の頃とは雲泥の差です。

141102立正大学 熊谷キャンバス 星霜祭 グラウンド

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/11/03 21:40 ] 展示会 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL