電気料金メニューの変更 -おトクなナイト8-

25日に三菱アウトランダーPHEVが納車されることになったので、電気料金メニューを変更することにしました。

先週「電気の家計簿」で申し込んだのですが、直ぐに電話がかかって来て工事日の設定になりました。
ただ工事は平日のみだということと、時間も午前か午後のどちらかしか選択出来ないというので、今日の午前中ということにして待ってました。

朝から待ってたのですが午前中と言ってた割に意外と早く、9時半くらいには工事の方が来てくれました。
簡単な説明の後、メインのブレーカーを切ってくれと言われ、切って待つこと約15分。
あっけないほど簡単に終了し、電気が点く事と変更したメーターを確認して、書類を受け取って全てが終了しました。

下の写真は元々ついていた「従量電灯B・C」用の電力メーターです。
よく見かけるタイプのでメーターは1個。

141222従量電灯B・C用メーター


こちらが、今日つけられた「おトクなナイト8」用の電力メーターです。
メーターがデジタルになっていて、メーター表示は1個ですが「時間帯」と「時分」が追加されています。
左側には表示時間帯と計量時間が書いてあって、
1 7~23  2 23~7 となってますから、1が昼間、2が夜間になります。
ということで、今表示されてるのが昼間の使用量ということになります。

141222おトクなナイト8用メーター


[▽続き]

それで夜間はというと、下の写真の様に時間帯が「2」になります。
この切り替えはスイッチや時間によってではなく、5秒おきに勝手に切り替わるそうです。
それとこのメーターは「おトクなナイト8」専用で、「おトクなナイト10」に変更する場合は、再度専用メーターと取り替えるそうです。

141222おトクなナイト8用メーター


ということで、アウトランダーPHEVの充電工事が完了するまでは通常の場合(充電なし)の電気料金が安くなるのか、それとも高くなってしまうのかがわかります。
設定では朝は8時前に出勤してしまうし(平日の昼間は誰もいない)、夜はオイルヒーターが働いているので、充電しなくても得になる計算にはなってるのですが、どうなるでしょうか?
正月休みがあるから、想定以上に昼間に電気をつかってしまうかも…。



さて、その前の土曜日にディーラーに行って自分の(予定)車を見てきました。
下の写真がそのPHEVです。
まだ陸送されてきたままになってて、一番奥にありました。
ということでまだディーラーオプションもナンバーもついてません。
でもバンパーの上が黒くなってるのと、ホイールが黒っぽいので少し引きしまって見えます。
これに「スタイリングパッケージ」と「テールゲートスポイラー」、「ヒッチメンバー」がつきます。
後「ボディコーティング」も。

やはりバイザーは無い方がすっきりしてますね。
それと確認したらシルは被せるのではなくて、交換だそうです。

141220ディーラーのモータープールにあったアウトランダーPHEV


納車まであと3日。
どう変わるでしょうか?
テラノの残量警告灯はこの日に点いてしまいました。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2014/12/22 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL