3月14日板倉滑空場 最高高度2,000m

先週の土曜日(3月14日)板倉滑空場にグライダーに乗りに行ってきました。
今年に入ってから土日が天気よくない日が多かったり、自分の都合などでほとんど飛べず、今回が2回目という始末です。
2ヶ月半で2回ですからどうにもなりません。もう少し時間をつくって行くようにしないとダメです。

この日は2回飛んだんですが、昼前まではどんより曇っていて空気の対流もほとんどなく、1回目に飛んだ時には3,000FT離脱で30分間の飛行となってしましました。その後もう一人一緒に行ったメンバーと交代し、彼が飛んだ後からは少しづつ天気が回復し晴れ間も見えるようになって来て「高度6,000FT」の声が聞こえるようになってきました。

そして2回目の離陸。同じく3,000FTで離脱して一度は2,000FTまで下がってしまったものの、その後は回復して日没間近の17時20分まで2時間半の飛行となりました。久しぶりに楽しめた1日となりました。

高度5,500FT(1,650m)から見た佐野市街。
真ん中下端が佐野アウトレットあたりです。真ん中斜めに光ってる帯は渡良瀬川。その先は多々良沼です。
(Panasonic DMC-TZ30で撮影)

150314グライダーから見た景色 佐野市街


雲の下。間から洩れてくる光がきれいでした。

150314グライダーから見た景色 雲間からの光


[▽続き]

板倉町。
左下河川敷の少し白くなってる場所が板倉滑空場です。あそこから上がってきました。

150314グライダーから見た景色 板倉滑空場


前線の雲が下に見えます。
この時の高度は約6,500FT(1,950m)。

150314グライダーから見た景色 前線の雲

150314グライダーから見た景色 館林&城沼


高度計の指示は1,880m。

150314グライダーから見た景色 高度1,880m


この前線の影響で降りる時が大変でした。
滑空場に戻るにはこの雲をクロスしなければならず、この高度の後、1,600m付近までは下りたのですが、その後全面プラス(上昇気流)となりあっという間にまた高度1,800mに逆戻り。
不思議なことに上がりたい時には上がれず、下りたい時には下りれないというのはよくあることですが、こんなにすごいのは単座に移行してから初めての経験。乱気流の中なので気流も乱れていてコントロールも大変。

ギヤ(主輪)を下してもまだ上昇してしまうので、ダイブブレーキも開いてなんとか降下することが出来ました。
ある程度高度が下がるまでは、日没の時間も近づいていたので何時になったら着陸出来るのかと少し緊張してしまいました。

地上近くは気流も穏やかになり問題なく着陸出来、楽しめた1日でしたが、いい経験になった1日でもありました。

この日の時間と高度のグラフです。
17時過ぎの上昇が雲に吸い上げられた時のです。

150314高度グラフ


こちらはGARMIN OREGON450のトラックログをグーグルマップに表示したもの。
基本的にみかも山付近で飛んでますが、城沼方面にも行ってます。




関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/03/16 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL