三菱アウトランダーPHEV車中泊の準備 その1 -サンシェード-

車中泊をする場合、外から見られるのが気になります。
特に夜になって室内の明かりを点けたりしたら、中の様子が外からまる見えです。
それと夏になったりすると朝早くから陽ざしが入ってきて、ゆっくり寝てもいられません。
そんな訳で目隠しになる窓用サンシェードが必要になります。

前の車のテラノでもよく車中泊はしていたので、こういったことに対処するグッズは自前で作っていました。
その時の方法は濃い色の布を細工して前後左右4枚セットにし、それを窓枠にホックでパチパチと止めるようにしてました。
ただホックのオス側(この言い方が正しいのかわからないですが)を布に縫い付けて、メス側を車の樹脂部分に取り付けるのが大変でした(一部は洗濯バサミで)。
まあ一度やってしまえば後はホックで止めるだけだし、布なのでたためば小さくなるので便利でよかったのですが、もうあんな細工は出来そうもありません。

そこでアウトランダーPHEVの場合はどうしようかとネットを探すと、「ブラインドシェード」というのが出ていました。
車種毎の専用品で、遮光性、遮熱性もよさそうだし、収納性もよさそうです。
アウトランダーPHEV用のもありました。
ただかなり高め。安くても1万円以上します。
たまにかしない車中泊にとてもこんなに高いの使ってられません。


    


それで、なんとか自前で作ることを考えました。


[▽続き]

考えたのは、
布製は折りたためて収納には便利だけど、その分柔らかいので、取り付ける為の工夫が必要。
市販品は吸盤で止めるようになってるが、窓の曲率に添わせる為に数多くの吸盤を使ってる。
それに布は裁断した後、ほつれない様処理をしないとダメ(自分には裁縫は無理)。

ということで、収納性は犠牲にして、加工のしやすさと取り付け作業性を優先することにしました。
そして数は増えるけど市販品と同じくガラスの部分ごとに8枚にする。

使ったのは、レジャー用のマット。8mm厚のものです。
元々キャンプや車中泊の時寝袋の下に敷く為に使ってました。基本は発泡樹脂性でそれなりに柔らかく、かつそれなりに腰もあるので、窓にはめ込んだら止めなくても落ちない気がしました。それに表面にはアルミーシートもついていて日差しや熱も遮りそうです。このシートはクッションと地面からの熱を遮る為のものですからちょうどよさそうです。

早速一番重要そうな後席の窓で試してみました。
最初に紙で型をとり、これをマットに写してからはさみで切り抜きます。
キツメになってないと窓枠から外れてしまうので、型紙より大きめに切ってから少しづつ合わせていきました。

結果的には何とかいけそう。
全体を窓に合わせて、端を窓枠に押し込むだけ。スポンジ状なので多少キツメでもフィットします。
また軽いので一度挟み込むと落ちてくることもありません。
ただ長年使っていたので巻きぐせひどく、劣化も進んでいたのでアルミシートが剥がれていたり、樹脂が粉上に剥離してたりして全部が使えそうにもありません。

それで新品を1,400円くらいで買ってきて、他の部分(前を除き7ヶ所分)も作りました。
窓は左右対称ですが、手作業なので反対側の窓も1枚1枚少しづつ切って合わせてます。
フロントガラスは大きくて材料が足りなくなってしまったので、ぴったりとはしてませんが問題ないでしょう)
結局古いのと合わせて1枚半分使ったことになります。

下の写真が自作のサンシェードです。
手前がフロント用、奥がリヤ用です。
フロント用は大きさ(幅も高さも)が足りませんが、切欠き部をルームミラーに挟んで下に垂らすと下はインストパネルにかかり大部分が隠れます。左右に少し隙間が出来ますが、一番遠い位置ですから問題ないと思います。

右側(置き方間違えたので実際は左窓用)のは少しカールしてますが、これが古いマットから作ったもので、巻きぐせが残ってます。

収納についてもフロントガラス用が一番大きいですが、それでも荷室には入りますし、マットですから敷いてもOKですし、軽いから荷物の上に置いても問題ありません。

150318三菱アウトランダーPHEV用自作サンシェード 全ピース


実際にテストでセットしてみました。
撮影の為、左と後だけつけています。窓枠に嵌めてますから窓は開けられませんが、ドアは開閉できます。
これだと夜トイレ行ったりするのも楽です(テラノの時は横1枚の為出入りが大変でした)。

150318三菱アウトランダーPHEV用自作サンシェード 装着


コーナー部など光が漏れてる部分がありますが、切りすぎてしまいました。
手づくりだということで御愛嬌といったところです。

150318三菱アウトランダーPHEV用自作サンシェード 装着


後は、遮光性が実際どうなのか(朝起きるのに問題ないか)と、夏熱くならないか(PHEVの場合エアコンをかける手もあります)、ということですが、これは実際に車中泊してみないとわかりません。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/03/18 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL