三菱アウトランダーPHEV車中泊の準備 その2 -電気ケトル-

三菱アウトランダーPHEVで車中泊する時に使う電気ケトルを購入しました。
「三菱アウトランダーPHEV車中泊の準備 その2」というタイトルにしましたが、車中泊をする為だけに購入したのではありません。

最近歳をとって来たせいか忘れっぽくなり、ガスを使ってお湯を沸かしてると点けっ放しになってしまう時もあります。
火を点けたら沸くまでその場にいればいいんですが、つい待ってる間に他の事をしてしまい、そちらに夢中になって火を点けてることを忘れてしまうという、そんな感じです。
そのままにしてると空焚きになって火事になる危険もありますし、そうでなくてもガス代がかかってしまうし、せっかく沸いたお湯も量が少なくなってしまってます。
その点電気ケトルだと沸騰したら電気が切れるので安全だし省エネにもなります。

電気でお湯を沸かす家電というと電気ポットもありますが、自分の場合お茶やコーヒーを飲んだり、焼酎のお湯割り(最近はまってます)などに使うだけなので、それ程の量はいらないし、平日は夜しかいないのでお湯を保温しておく必要もありません。ですから必要な時に必要なだけお湯を沸かして使う電気ケトルの方があってると考えました。

ただ問題なのは、この電気ケトルも各社からいろんな製品が出てますが、いったいどれが一番いいのか(自分に合ってるのか)がよくわかりません。

最近よくテレビコマーシャルやってるティファールの製品や、タイガー、象印などのいわゆる魔法瓶メーカーの製品、そしてデロンギなどのヨーロッパの製品(ティファールもヨーロッパですがちょっと違います)

    


イメージ的にはティファールは種類も多く比較的安価。タイガーなどは高機能。デロンギは金属製でデザインが特徴的、でもちょっと高め。
といった感じがします。


[▽続き]

最初にも書きましたが、電気ケトルの購入は家用がメインで、車中泊での使いやすさも考慮して決めました。
基本的にどのメーカーも、

電源コードと本体が分かれてる
空焚き防止機能がついている
沸騰後は自動で電源がOFFになる

といった機能がついてるので、家で使用するにはどれでも問題なさそうです。

ティファールの製品はホームセンターなどでも多く売られていて、実際に手にとることが出来るし、価格も低めでよさそうですが、ネットその他での評判をみると、樹脂を多用してるため耐久性に問題があるといった指摘も多く見られました。
それとデザインが全体的に丸みを帯びてるのが自分は好きでないのと、車に積み込む場合もかさばりそうな気がします。

タイガーの製品も樹脂が多用されてますが、日本メーカー独特の、

転倒してもお湯が漏れにくい構造になってる
沸騰中に蒸気が外に出ない構造になってる
広口の蓋が取れて掃除が楽

といった機能がついていて、掃除は別にしても蒸気レス、湯漏れ防止は、狭く床が安定しない車内で使用するにはありがたい機能です。それに本体が2重構造になっているので本体が熱くなりにくく、お湯も冷めにくくなってます。
デザイン的には円柱形で特徴がないですが、その分安定性はあって出っ張りも少なく思えます。

最後のデロンギですが、デザイン的には一番好きです。それと金属製なのもアウトドアでラフに扱った場合でも丈夫そうでよさそうです。ただ金属製なので本体が熱くなりそうです(ヤカンなので熱くなっても当り前ですが)。
デロンギはオイルヒーターも使ってますし、家だけで使うなら少々高くてもこれが一番いいのですが、車中泊を考えるとちょっとねえ、といったところです。


以上から、今回はタイガーの製品にすることにしました。
ただ、ひとつ前のモデル(PCH-G)は内側がフッ素加工されたステンレス製ということだったので(その分少し大きく重い)、そちらにしました。このモデルには0.6L用がありこれも決め手のひとつになりました(容量はこれでも充分です)。




実際に使ってみると、0.6Lでも3分くらいで沸騰するし、その時の音も静か。蒸気が出ないのもいいです。
それに確かにヤカンと比べるとお湯は冷めにくいです。ただそれなりには冷めてますから、いつまでも熱湯という訳ではありません。
内側がステンレス製とのことでしたが、内側全体がステンレスではなく、水を入れる範囲+α部分だけです。
転倒しても湯こぼれしにくくなってる構造の為、お湯を出す為にはロックを外さなければならず、そのボタンが蓋の中央にあるので、ロック解除と急騰を片手で操作することは出来ません。一旦ロックを解除してから持って注ぐか、持ち上げた後反対側の手でロックを外す必要があります。ただこれは安全装置なので仕方がないことかも知れません。

気になるのは電源スイッチの位置。
取っ手のすぐ上にあり、おまけにすごく軽いので持った時に知らないうちに触れてONになってしまうこともあります。
電源スイッチのところにロック解除ボタンがくると使いやすいと思います。

150319タイガー電気ケトル


多少気になることはあるものの、家では便利に使っています。
とにかくスイッチを入れておけば、沸騰した後勝手にスイッチが切れるのはものすごく安心です。スイッチを入れた後、他の事しててもいいし、スイッチが切れてもすぐに冷めませんから慌てないですみます。
お湯が足りなくなっても、またすぐに沸かせますから、余裕を持って多めに沸かしておく必要もありません。
もっと早くから使ってればよかったと思いました。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/03/19 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL