三菱アウトランダーPHEV -プレ空調・今すぐ空調-

相変わらずバージョンアップが出来ない三菱リモートですが、「プレ空調」と「今すぐ空調」は便利に使わさせてもらってます。
三菱リモートによる「プレ空調・今すぐ空調」については以前のエントリでも書きましたが、あの時は自宅に充電設備がなかった頃で、今は毎朝フル充電出来るのでなおさら便利です。

今はだいぶ暖かくなってきて東京では桜が開花しましたが、それでもまだ寒い日もあり、「タイマー空調」は平日の朝7:30から開始するように設定しています。本来だと「タイマー空調」が作動している時間も設定出来るはずなんですが、車両のバージョンアップが出来てないので空調の作動時間は10分間のみ。それで寒い日の朝はさらに7:15頃から「今すぐ空調」をかけてます。これで空調は合計20分。

こうして空調を使うとバッテリーが減ってしまうのが心配ですが、自分の場合は出かける時に充電ケーブルをはずすので、こうした空調が作動してる時にはケーブルが接続されたままになってます。そして充電は分電盤につけたタイマーで深夜1時から始まり、朝には既に終了してますが、タイマーが切れるのは朝8:00。

ということで、朝空調してる時には充電が再開しています。
下の画面が朝「今すぐ空調」を開始した直後の三菱リモートです。
右上に「普通充電」中と出ています。

空調に使う電力より、充電する電力のが多いと思いますから、少なくともバッテリーが減ってることはないのではと思ってます(測定できないので確かではないですが)。
これで朝空調で電気を使っても走行距離には影響してないと思うのですが。

150312三菱リモート 朝の今すぐ空調動作画面


ただし、満充電状態から再度充電してる訳なので、このことがバッテリーに悪影響を与えてるかどうかは不明です。
また「おとくなナイト8」の昼間の時間帯に入ってますから、電気料金は高くなっています。だからと言って40分も前に空調が終わってたら意味ないのでしかたありません。
それと満充電からだと回生ブレーキの効きが弱いことに注意しないといけません。
最初の頃わからず、いつもの通りパドルシフトでB0から変えて行ったのにほとんど減速せずに焦りました。
すぐに慣れるので今は問題ないですけど。

[▽続き]

7:30を過ぎて「タイマー空調」が始まってからの情報を見ると、不思議な表示がありました。
「フル充電まで4時間30分」と出てますが、既にフル充電状態です。

150312三菱リモート 朝のタイマー空調動作画面


さて、空調をした後の状況ですが、外気温が3℃の寒い日だと「今すぐ空調」と「タイマー空調」で合計20分暖房していても、エンジンはかかってしまいます。ただかかってる時間はかなり短く、スタート後2分くらい(外気温によって変わります)でエンジンは停止して、その後は基本的にエンジンはかかりません。だだしこれは「ECO」モードでの話です。

同じ「ECO」モードだと外気温が8℃あるとエンジンがかかることはありません。
何度がその境目かははっきりわかりませんが、最初に考えていたよりは「電気温水ヒーター」の効果はあるようです。

これが「NORMAL」モードだと外気温が10℃でもエンジンがかかる時がありました。
自分は通勤時は「ECO」モード主体で、「NORMAL」モードについては気にしてないのであまりチェックもしてません。

ここで気になることがひとつ。
暖気の為エンジンがかかるのは仕方がないとしても、この時アクセルを踏み込むとエンジンの回転数も上がるということです。バッテリーがない状態であれば電力確保の為回転数が上がるのはわかりますが、単に水温を上げる為に回ってるだけなのに一定回転ではいけないのでしょうか(回らなくてもバッテリーだけで走行できるのだから)。
PHEVのエンジン制御については不思議なことが多いです。

でもエントリ「三菱アウトランダーPHEV 自宅充電始めて1ヶ月経過」でも書いたとおり、おかげで冬場にもかかわらずガソリンをあまり消費せずに済みました。ガソリン代がどうのというより、やはりこの車はEV走行が快適です。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/03/24 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL