三菱アウトランダーPHEVで車中泊 -道の駅大滝温泉-

夜用の充電も終わり車中泊用の設営です。
既に夜7時を過ぎてますが気温はまだ9℃もあり暖かです。これだと電気毛布を使わなくても寝られるかも知れませんが、出かける時に既に電気毛布と寝袋についてはセットしてあり、AC100Vでの暖房のテストということもあるので、そのままにしてあります(温度を最低にしても暑いようであれば電源をOFFにするつもり)。

設営といっても寝袋はセットしてありますから、後はシェードの取付けのみ。
ただこれも窓枠にはめ込むだけなのですぐに完了しました。
残りは靴の置き場。助手席と後席の間に置くしかないので、助手席を一番手前に引いてさらに背もたれを起こします。
ここで気がついたのは背もたれが垂直よりやや前くらいにしか倒れないこと。もっと前に倒れると後の空間が広くなっていいのですが。テラノはどうだったか考えましたが、もう憶えてません。

下の写真はシェードの取り付けが終わって、電気毛布のスイッチを入れたところです(後部のコンセントを使用)。
赤いのは「おひとりさまっと(電気毛布)」のカバーで、マット本体を下に敷いて、その上に寝袋、さらにカバーをかけてます。
「おひとりさまっと」は正規の電気毛布ではなく低温やけど防止の為、就寝用には使用しない様説明書に明記されてますが、これだと直接電気ヒーター部には触れないので問題ないと思います。おひとりさまっとはファスナーで下から横まで閉じれますから、こういう時とても便利です。(寝袋が2重になった感じです)

左の虎柄の毛布は寒い時用ですが、今回は枕として使いました。今まで使ってたのは硬めで、引き起こした後席座面と干渉して使いにくく、使うのやめました。

150321車中泊仕様に設営後の車内 後側


[▽続き]

AC電源使う時に気になったことがあります。これ結構重要でなんとかならないかと思います。
というのはAC電源使う為には「READY」状態にしないとダメなことです。
そして「READY」状態にする為にはブレーキを踏みながらパワースイッチを押さねばならず、荷室にいてこれをするのはかなり面倒。
最初にこの車を1泊2日無料レンタルで乗った時に感じたことですが、今回改めて気付かされました。
やはりAC100V電源使用モードが欲しいです。

今回作成したシェードはドア開けるのも楽なので、外回ったほうが早いですね。次回からはサンダルと寝間着(スウェット)が必須になります。今回は下着で寝たのと靴はトレッキング用の硬いやつだったので、とても外に出て運転席に移動する気にはなれません。


下の写真は荷室から前側を撮ったものです。「READY」状態だとメーターが点灯し、これが暗い室内に対してかなり明るい(暗く出来ない)ので、ダウンジャケット(寒い時用に持って行きました)をかけて光を遮ってます。

前側のコンセントはカメラのバッテリー充電用に使用し、12Vソケットはスマホの充電に使用してます。

150321車中泊仕様に設営後の車内 前側


設営が終わったところで、お湯を沸かしました。用意していたペットボトルのミネラルウォーターを使って沸かしましたが、今回購入した電気ケトルは蒸気が外に出ない仕様の為、狭い車内ではとても便利でした。ただお湯を沸かした後でまた残念なことに気がつきました。水やインスタントのスープ、カフェオレやドリップコーヒー、酒のつまみ、カップ麺を準備していたのですが、スプーンと箸を持ってくるの忘れてました。おまけに睡眠導入用の酒(焼酎の子ビン)を途中で買うつもりだったのに、早くここに来て充電することばかりに気を取られていて、買うのをすっかり忘れてしまいました。このあたりは山の中でコンビニもなく、買う為には相当(10km以上)戻らなければなりません。ちなみにカップはキャンプ用のを持ってきてます。ないのは箸とスプーンと酒だけ。

酒はどうにもならないのであきらめましたが、他のはなんとかしようと真剣に考えた挙句に思いついたのは「歯ブラシ」。
歯ブラシの柄を使えばマドラーと使いにくいけどスプーンの代用にはなるだろうと。歯ブラシの柄はとてもきれいとはいえないですけど、自分用ですから…。それと歯ブラシは1本しかないのでカップ麺を食べるのはあきらめました。

結局カフェオレを飲みながらつまみ(アーモンド)を食べるという状態。でもアーモンドでまだよかったです。これで「さきいか」とかだったら… 。

でもアルコールなしは精神的によくありません。運転した後は気分が高ぶってるのでアルコールが必要なのですが、それが出来ないとなるとさらに落ち着きません。

150321車中泊仕様に設営後の車内 電気ケトル


それでせっかくMMCS付のグレードにしたのだから気晴らしにテレビでも見ようとしたものの、テレビが一切映りません。NHKもダメ。
長野の安曇野でも映ったのに埼玉でダメだとは思いませんでした。気晴らしをしようと思ったのに、逆効果。
何回設定を変えてもダメなのであきらめて、こういう時の為にDVDをコピーしたミュージックビデオを見つつ、昨年購入した「Surface Pro 3」でブログのチェックなどをし、気を紛らわすことにしました。

「Surface Pro 3」は薄く、キーボードも同時購入したので使い勝手もノートパソコンなみ。
今回はバッテリー駆動で使いましたが、バッテリーの持ちもいいので快適です。スマホでテザリングしましたが、テレビは映らないのに電話の通信回線でインターネットが快適に見れるという何とも凄い世の中になったものだと改めて思いました。
これだとネットワークテレビが見れるかも。

150321車中泊仕様に設営後の車内 Surface Pro3


そんなこんなで夜も更けてきたので寝ることにします。
肝心の電気毛布ですが、暖かいです。GOODです。外気温が高いせいもありますが、コントローラーの目盛1でちょうどいいくらい。
寝袋は3シーズン用で、昔秋の終わりに長瀞でオートキャンプした時は寒くて2泊のところを1泊でギブアップした程度のものなので、電気毛布の効果絶大。レジャーマット製のシェードの断熱効果もあるのでしょうか。
たださすがに明け方は寒くなっていて(7℃でした)、目盛を1.5~2くらいに上げましたが、でもその程度です。
これならもっと寒くても大丈夫だと思います。

朝(6時50分)になってEV航続距離を確認すると21kmになってましたから、電気毛布(目盛1~2で約9時間)と電気ケトル(600cc分沸騰)、カメラのバッテリー充電で19km分の電力消費となりました。
これからすれば真冬でもフル充電してなくても問題ないと思われます(30km分くらいあれば充分?)。

ただその後24℃設定の暖房をつけたら、20分程でEV航続距離が15km(7km分消費)になりましたから、暖房はかなり電気を消費することがわかります。冬場はEV走行が短い訳です。

朝の室内です。
フロントガラスのシェードが短いので、左右から光が漏れてきますが、それ程気にはなりません。

150322車中泊仕様に設営後の車内 朝の前側

150322車中泊仕様に設営後の車内 後ろ側


外から見た様子です。
フロントガラスに隙間が見えますが、内部は暗いのでほとんど見えません。
目隠しとしてはこれで充分です。ただ熱くなった時には窓開けられないのでどうなるかです。
エアコンかけたらどうでしょうか。どれくらい電気消費するか、また時期が来たら試してみたいと思います。

150322車中泊仕様に設営後の車内 外からの眺め


山間の為、7時半過ぎてますがまだ陽が当たってきません。
でも静かでいいところです。

150322車中泊仕様に設営後の車内 外からの眺め


車内はこんな感じになってます。
撤収時に感じたことですが、フロントとリヤ用のシェードがやや大きくかさばります。
半分に折れるようにしてもいいかも知れません。

150322車中泊仕様に設営後の車内 設営状況

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/03/26 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL