三菱アウトランダーPHEVで車中泊 -三峰神社 その1-

三菱アウトランダーPHEVで車中泊した翌日、道の駅大滝温泉を午後出発して向かったのは「三峰神社」。
ここは最近(もうやってない?)西武鉄道のCMで「吉高由里子」さんが出演した、金曜日の夜に出発する“秩父金よる旅”で紹介された神社です。

だから行ったという訳ではないですが、車で行くとかなり細い山道。途中すれ違いが出来ず、信号による交互通行になる区間もある山奥にあります。それでも西武がCMしてるだけあって、西武のバスが走ってました。途中2台見たので以外と便数もあると思います。

道は狭くきついですが、アウトランダーPHEVはコーナリングも安定してるし、NORMALモードだと立ち上がりの加速も充分なので、なんなく神社の駐車場までたどりつけました。パワーを使ったせいで駐車場のわずか手前でバッテリー切れし、コーナリング中にレーダー探知機の両面テープが剥がれ、落ちそうになるというハプニングはありましたが。


駐車中のアウトランダーPHEV。山はところどころ雪で白くなってます。
駐車料金は500円(普通車)。

150322三峰神社 駐車場のアウトランダーPHEV
Pnanasonic DMC-TZ30

上の写真と内容については「三菱アウトランダーPHEVで車中泊 -2日目の途中充電-」で既に紹介したものも含んでいます。


[▽続き]

参道入り口の三ツ鳥居。
大きな鳥居の両側に小さい鳥居がある珍しい鳥居だそうです。
写真は全てNikon1 V1+1Nikkor10-30mmで撮影。

150322三峰神社 鳥居


随身門。

150322三峰神社 随身門

150322三峰神社 随身門


この門の両側に狛犬がいます。
先ほどの鳥居の両側にもいましたが、あちこちにいました。
それとどことなくキツネっぽい感じ。

でも実際はオオカミ(山犬)だそうです。
日本武尊が東夷平定の帰り道に三峯神社を祀られた時に道案内を務めたとか、山火事の時に助けてくれたとか、いろんな伝説があり、この地では神の化身としてオオカミが信仰されてるそうです。

150322三峰神社 随身門 狛犬


高い木がうっそうとおい茂る少し薄暗い参道に趣があります。

150322三峰神社 参道

150322三峰神社 参道


150322三峰神社 参道


ここにも狛犬が。
それぞれみんな表情が違います。

150322三峰神社 狛犬


賽銭箱。奉賽箱と書かれてます。

150322三峰神社 参道の賽銭箱


拝殿に上がる階段。

150322三峰神社 拝殿手前の階段


拝殿。

150322三峰神社 拝殿


御神木。
この御神木は触れることが出来き、触れるとパワーがもらえるというので多くの人が触ってました。

150322三峰神社 拝殿と御神木

150322三峰神社 御神木


150322三峰神社 狛犬

150322三峰神社 

150322三峰神社


大きなオオカミの絵馬。
ジブリの「もののけ姫」にでも出てきそう。

150322三峰神社 オオカミの絵馬


神楽殿。

150322三峰神社 拝殿の神楽殿


拝殿に施された彫刻も見事です。

150322三峰神社 拝殿の彫刻

150322三峰神社 拝殿の彫刻

150322三峰神社 拝殿の彫刻


拝殿手前の石畳に見える龍の模様(真ん中の赤いのが眼)。
2012年の辰年に突然現れたそうです。

150322三峰神社 石畳の龍


こちらの赤い塔みたいなのは何というのでしょうか?
向かい側の手水舎と共に、拝殿の彫刻にも負けない見事な彫刻が施されてます。

150322三峰神社 赤い塔と手水舎


塔に施された魚を持った人の彫刻。

150322三峰神社 赤い塔の彫刻


こちらは手水舎の龍。

150322三峰神社 手水舎の彫刻

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/04/01 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL