航空安全講習会に参加 -ホンダエアポート-

4月19日(日)、航空安全講習会に参加する為に桶川にあるホンダエアポートまで行ってきました。
実際はホンダエアポートのレインボーモータースクール内の会議室なんですが、とりあえずナビにホンダエアポートを設定して出かけます。

講習の開始時間は13:30からなんですが、始めていくところで会議室の場所も分からないし、飛んでる飛行機の写真も撮りたいと思い少し早めに出発。距離的には片道30数キロあり、とてもアウトランダーPHEVで往復EV走行出来る距離ではありません。でも今まで途中充電することなしに電欠するまで走ったことはなく、4月も半ばになって暖房する必要も無くなったので、トリップメーターを0kmにセットし、かつエアコンをOFFにして出かけました。

スタート時点のEV航続距離は62km。そしてホンダエアポート到着時は23km。39km分の電力消費なのでまずまずといったところ。埼玉は平地が多く道路(国道17号)もそれ程混んでなかったせいもあるでしょう。

ここが目的地。
正式には「交通教育センターレインボー埼玉」となってます。車は確かにレインボーカラー。

150419航空安全講習会 交通教育センターレインボー埼玉


[▽続き]

実際にはすんなり目的地まで行けた訳ではありません。
最初から目的地を「交通教育センターレインボー埼玉」としていたらすんなり行けたのですが、資料にはホンダエアポート内となっていたので「ホンダエアポート」にセットしましたから、着いたのは滑走路。それも河川敷の未舗装路を案内されました。ホンダエアポートとというとスヌーピーの飛行船の発着場にもなってる有名な場所なので、もっときちっとした(?)飛行場なのかと思ってましたが、以外にも河川敷の草むらの中にある滑走路で板倉なんかとある意味同じ。周りには何もありません。

150419航空安全講習会 ホンダエアポート

150419航空安全講習会 ホンダエアポート


プロペラ機がたくさん並んでます。

150419航空安全講習会 ホンダエアポート


桶川アドバイザリー(130.75MHz)。

150419航空安全講習会 ホンダエアーポート


ここは遊覧飛行やスカイダイビングもしてます。
自分は知りませんでしたが、東京に一番近いスカイダイビング場として有名なところだそうです。
東京スカイダイビングクラブ」があり、曇ってましたがこの日も大勢の人がスカイダイビングやってました。

で、そこの係の人に「レインボーモータースクール」を聞いてホンダ航空の建物を教えてもらいました。

150419航空安全講習会 スカイダイビング


ホンダ航空株式会社
ここで会議室の場所を聞くと、実際にはここではなくこの奥(グレーの三角屋根)が目的地だとわかりました。

150419航空安全講習会 ホンダ航空


しばらく飛行機やスカイダイビングの写真を撮った後講習に行く事にしましたが、ここの近くには食事が出来る場所がどこにもなく、しかたなく一旦戻ってコンビニで弁当を購入。ナビ見るとコンビニまで片道3.5km。EV走行でどこまで戻れるか期待してたのに相当なロス。


講習は13:30から17:30まで4時間(途中休憩が2回)とかなりハードなスケジュール。
でも特定審査(特定操縦技能審査 1回/2年)を受ける為にはこの講習会の受講が必要で、受講してると口述審査の一部が免除されますし、最低でも2年に1回は受講するよう指導も受けています。
以前はクラブの総会の後に講習会があったので楽だったんですが、諸事情により無くなってしまいました。


さて講習も終わって帰り道、コンビニ往復によるロスの為、それ程行かないうちにエンジンがかかってしまいました。
下の写真はエンジンがかかる前、信号で停車した時に撮ったもの。
トリップメーターは55.1kmを指してます。この後56.4kmになったところでエンジンがかかりました。
でも56.4kmはなかなかの数字だと思います。最初の指示が62kmでしたがこんな数字が出るのは滅多になく、普段満充電でも56kmくらいの表示。そもそもカタログ上のEV走行距離自体60.2kmですから、かなりそれに近い数値。
運転も「エコモード」にして走行はしてましたが、他車の流れに沿って走ってましたから、ごく普通の運転だと思います。

オドメーターの表示は3,820km(4ヶ月弱)。給油後2ヶ月を経過して走行距離は2,000kmを超え、ガソリンも15リッター(1/3)以上は消費してるようです。

150419三菱アウトランダーPHEVのトリップメーター


結局家に戻った時のトリップメーター指示は83.3kmになってました。
ということは途中で急速充電を1回(30km分≒20分)すれば、EVほぼ走行で帰って来れたことになります。

まだ三菱の電動車両サポートに入会してませんが、ちょっとした外出の時に充電が出来るというのは便利そう。
ただ月3,000円の電気代(家充電)に対し、月額の会費が最低500円+充電料金というのが引っ掛かります。
毎周土日に1回づつ計8回充電したとしても、1回当たり充電料金に60円がプラスされことになりますから。
それだけ深夜料金(おとくなナイト8)による電気代が安いとも言えますが…。

それに頼みの三菱ディーラー(充電料金が安い)は少ない上に、急速充電器を設備してない店舗も多く、熊谷-桶川間では「上尾三菱自動車販売(株) 上尾店」か「埼北三菱自動車販売(株) 熊谷石原店」くらい。
もっとも熊谷で充電してもほとんど意味ないですから、実質1店舗ということに…。

まだまだ検討が続きそうです。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/04/21 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL