10月4日 板倉滑空場

10月4日(日)板倉滑空場に行ってグライダーに乗ってきました。

下の写真のように天気は良かったものの滑空場のまわりには積雲がなく、サーマルをうまくつかめずに1時間8分で下りてしまいました。おまけに動画を撮ろうと思ってカメラ(SONY HDR-AS30V)をセットしたのですがエラーで動かず最低な日となってしまいました。

帰ってから確認するとMicro SDカードがうまく刺さってなかったみたいです。
9月20日も飛びに来たのですが、この時3時間以上飛んで動画も撮りました。
朝になってから急にカードの残容量が少ないのではと思ってデータを消す為にカードを外した(たまたま近くに充電専用のUSBケーブルしかなく時間もなかったので)のですが、その後きちっと嵌めてなかったみたいでした。

いつも出かける時間を過ぎていたのであせって嵌めたのが原因だと思いますが、やはり落ち着いてちゃんと段取りしないと危ないです。

フライトについてはクロスカントリー組は3時間以上飛んでいたので、コンディションとしてはいい方でしょう。
(近場を飛んでた機体はあまり滞空出来てなかったですけど…)

151004板倉滑空場 LS4組み立て後


そして、自分が下りてきて休憩していたら、ハンググライダーが接近して最終的にランウェイに着陸しました。


[▽続き]

ハンググライダーの着陸を見るのは初めて。
上空から布板が見えたのか、きっちり着陸帯に着陸しましたが、もちろん自分たちのグライダーより距離は短くふわりと鳥のよう。

筑波の方から飛んできたとのこと。
自分も含めて皆ハングのこと詳しくないので、興味津々でしばらく見入ってました。
そしてハングのパイロットは質問攻めにあってました。

151004板倉滑空場 ハンググライダーのアウトランディング


こちらは彼が使っているフライトコンピュータ。
オーディオバリオ機能も備わってるそうで、やはり飛ぶ以上こうした装備は必要になるようです。

交信は固定周波数の無線機(トランシーバー?)をグループ間で使用してるそうで、板倉FSへのコンタクトは無理みたいでした。

151004板倉滑空場 ハンググライダーのフライトコンピュータ



さて、板倉の帰りは最近のパターンで「イオンモール佐野新都市」に行って買い物をしながら急速充電をしたのですが、今回から急速充電は有料となってました。9月20日に行った時には無料だったので、10月から有料になったのかも知れません。
料金は「300円/1回30分」となってました。

151004イオンモール佐野新都市 急速充電有料化


最初は無料のつもりでいたのですが、有料のメッセージが出てきていまさらやめるのも何だしと、初めて有料の充電をしました。
最近寒くなって来たのでバッテリーの減りも早く、この日もここに来るまででほぼ0になってました。
300円ならガソリンとほぼ同じかちょっと安いくらい(残量0からだと)だし、初めての経験なのでやってみた訳です。

後で見たWAONの明細です。
スマホのモバイルWAONからだと、ただ「支払 \300」としかわかりませんが、PCからだとしっかり「EV佐野新都市SC」と出ています。

151004イオンモール佐野新都市 WAON利用明細


今後有料化が進むのでしょうが、ガソリン代が安くなってる現状だとPHEVの場合「1回30分300円」というのは微妙な料金です。
特にこれからもっと寒くなってくると電気温水ヒーターが作動する機会も増え、バッテリーでの航続距離がどんどん減ってきます。そうなると0から急速充電しても30km走るかどうかで、その点ガソリンで走ればエンジンの熱で暖房が出来ますからこちらの方が有利になってきます。(いづれにしても50歩100歩、せこい話ではあります)

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/10/07 21:23 ] 飛行機 グライダー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL