愛媛・高知旅行 その1 -羽田から松山へ-

もうだいぶ前の事ですが、10月の18日から20日にかけて四国は愛媛と高知に行って来ました。
エアショーやモーターショーがあった関係で、書くのが遅くなりました。


まずは羽田から松山空港へ。
ここのところずっとANAでしたが今回はJALで。
旅行にはいつものようにNikon1 V2を持って行きました(小さく軽いので)。

松山空港。
10月も半ばを過ぎてましたがかなり暖か、半袖でもいいくらいの気温でした。
バスに乗って市内に向かいます。

151018愛媛・高知旅行 松山空港

151018愛媛・高知旅行 松山空港


[▽続き]

松山市は愛媛県の県庁所在地で、人口51万人と四国一の大都市です。

高島屋の屋上には観覧車が。

151018愛媛・高知旅行 松山市内 高島屋


県庁前。
奥の白い建物が県庁。
この街ではまだ路面電車が走ってます。
たまたま「坊っちゃん列車」が来ました。
夏目漱石の小説『坊つちやん』に登場した軽便鉄道時代の伊予鉄道の蒸気機関車を復元したもので、動力はディーゼルエンジンだそうです(市内で煙を吐いて走っていたら大問題になるでしょう)。

151018愛媛・高知旅行 愛媛県庁と坊ちゃん列車


松山で最初にするのは昼食。
二番町のかど 福」という郷土料理のお店。

四国にはあまり来たことがなく、特に愛媛・高知は初めてなので楽しみです。

ふくめん」。
千切りしたこんにゃくに4色の素材を盛り付けた料理(大皿)。
全部をかき混ぜてから食べます。
あっさりとした味わいでした。

右下は「じゃこてん」。
これもおいしかった。

151018愛媛・高知旅行 松山 昼食 ふくめん


鯛めし」(大皿)。
鯛めしには2種類あるそうですが、これは炊き込みご飯タイプ。
松山で「鯛めし」と言えばこれが主流だそうです。
もう1種類の方は次の日に食べる予定。

151018愛媛・高知旅行 松山 昼食 鯛めし


「ふくめん」と「鯛めし」を取り分けてもらい、「いただきます」。
愛媛だけにみかんがついてます。

151018愛媛・高知旅行 松山 昼食


これで終わりかと思って「鯛めし」をおかわりしていたら、さらに次の料理が。
鯛そうめん」です。
皆おいしかったのですが、全部食べるとかなりの量です。

151018愛媛・高知旅行 松山 昼食 鯛そうめん


お腹が一杯になったところで、最初の観光は「坂の上の雲ミュージアム」。

正岡子規、秋山好古、真之の松山出身の三人を主人公とした司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」をテーマとしたミュージアム。
近代国家を目指した明治時代の資料や主人公達のエピソードなどが展示されていましたが、こういう旅の宿命で時間がなく、じっくり見ることは出来ませんでした。

151018愛媛・高知旅行 松山 坂の上の雲ミュージアム

151018愛媛・高知旅行 松山 坂の上の雲ミュージアム


「坂の上の雲ミュージアム」から見えた「萬翠荘(ばんすいそう」。

大正11年(1922年)旧松山藩主の子孫にあたる久松 定謨(さだこと)伯爵の別邸。
フランス生活が長かった定謨伯爵好みの、純フランス風の建物で当時最高の社交の場となっていたそうです。

151018愛媛・高知旅行 松山 坂の上の雲ミュージアム


「坂の上の雲ミュージアム」を出るとまたしても「坊っちゃん列車」。

市電と一緒に走ってます。

151018愛媛・高知旅行 松山 坊っちゃん列車


撮影してるのがわかったようで、手を振ってくれました。

151018愛媛・高知旅行 松山 坊っちゃん列車


次の観光は「松山城」。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2015/11/27 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL