三菱アウトランダーPHEV -1月の充電料金と燃費-

新年明けて早2月。
毎日寒い日が続いてます。
おかげで毎日タイマー空調で室内を暖めているにも関わらず、乗り始めてしばらくの間エンジンがかかってしまいます。
基本的に朝、晩2回。


さて、1月の充電料金は2,743円でした。
12月の充電料金が2,957円でしたので、寒くなった今月はもっと充電料金が高くなるだろうと思っていたのに、逆に安くなってます。
意外でしたが、でも考えてみると毎日エンジンがかかるので、その分エンジンで充電される訳です。
となると全くエンジンがかからないよりバッテリーが長持ちすることになり、その分自宅での充電料金がかからないということになるのではと考えられます。それに1月は5日まで休みもありましたし。

PHEVの場合、フル充電でも110円(1kWh当たり12.16円計算)程度ですから、1ヶ月(31日として)毎日フル充電しても3,410円。
ですから2,743円というと、毎日80%充電してる計算になります。

1月は正月休みに実家に行ったのが1回、それ以外は通勤(往復約24km)+α。
急速充電は松田で30分1回、普通充電がイオンで1時間1回だけ。

これで毎日80%充電ですから、それだけ暖房に電気代がかかってることになります。

160131三菱アウトランダーPHEV 1月分充電料金


[▽続き]

そんな状態なので、今まで3ヶ月持ったガソリンが1月21日時点で給油しなければならなくなりました。

裏技(?)として、ヒーターの設定温度を最初19~20℃に設定しておいて、エネルギーモニターでエアコンの消費電力を見ながら徐々に上げていくとエンジンをかけずに設定を24℃まで上げる(たぶんもっと上でもOK)ことが出来ます。
プレ空調(タイマー空調)でかなり暖かくなるので、それ程寒さを感じないで済みます。

でも毎回下りる前に設定温度を下げて運転中に少しづつ上げるのも面倒ですし、結果的に家に戻る前にバッテリーがなくなってエンジンがかかるのでは意味がありません。

田舎とはいえ、朝は熊谷から太田に向かう時、利根川を渡るので渋滞してます。
暖かい時(エアコン、ヒーターを使わない時期)は渋滞しててもバッテリーを消費することはほとんどありませんが、電気温水ヒーターを使ってると停まってる時でもバッテリーの消費は激しいです。

速度を上げて運転時間を短くしたのと、ゆっくり走って運転時間が長くなったのとどっちがバッテリーの消費が少ないか実験してみたいくらいです。実際最近の気温だと朝タイマー空調して、晩にプレ空調してエンジンがかかっても、帰宅した時にバッテリーがほぼ0になることもしばしばです。


給油前の走行情報表示。
EV航続距離は3km。総合航続距離で73km。平均燃費が86.4km/Lとなってます。
ほぼ毎日バッテリーを使いきってる状態です。

160121三菱アウトランダーPHEV 走行情報表示


これまでの走行距離は2,399.9km(惜しいw)。外気温は19時で4℃。
この時のガソリン給油量は34.68L。ちなみに102円/Lでした。
これからすると満タン法での燃費は69.2km/LなのでMMCSの数値とは全く合いません。

レーダーの燃費表示の方が満タン法に近かったです。
少し前まではどちらも同じような値だったに、どうしてこんな数字になったのかは不明です。
ずっと燃費が100km/L以上で、--.- と表示されてたのが原因かも。

160121三菱アウトランダーPHEV トリップメーター表示


こちらが1月末でのトリップメーター表示。
264.6kmになってます。

給油した時が2339.9kmで12月末時点のメーター表示が1,680kmでしたから、1月分の走行距離は985km。
ガソリン残量は既に1目盛程下がってます。

160131三菱アウトランダーPHEV トリップメーター表示


平均燃費は53.5km/Lとなってますから、これを信頼すればガソリンの消費量は4.9L。
この間ほぼ通勤+αですから、暖かい時期だったら燃費が「--.-」の表示のはず。
電気代が増加しなかった分、ガソリン代が増加したと言えるでしょう。
ということでトータルの費用としては12月よりもかかっていると思われます。
(12月までのガソリン消費量が不明なので正確にはわかりませんが…)

160131三菱アウトランダーPHEV 走行情報表示


1月分の電気使用量です。
12月(11,094円)よりもさらに上がって、12,140円となってしまいました。
ただ夜間の使用量は12月(359kWh)と比べてもほとんど変わりません。
昼間の使用量が35kWh増加しています。

たぶん正月休みで昼間自宅にいる時間が長かったからでしょう。

それと
「昨年1月分は24日間で -途中略- 総計374kWhです。総計では、1日当たり21%増加しています。」
と書かれてます。

MMCSの充電料金から電力量を計算すると226kWhになりますので、PHEVの充電分を除くと363kWh。
昨年の1月は、その前年の12月22日に電気料金メニューを「おとくなナイト8」に変更したから、24日間分なのだと思いますが、PHEV分を除くと今年の31日分の方が使用量は少なくなってます。

エアコンの設定温度を少し低めにして、車中泊用の「おひとりさまっと」を自宅で使ってるせいかも知れません。
これ名前の通り「一人用の電気マット」で、中に入ってるとぬくぬくで、ほんとに快適です。

それと燃料費調整で「1,019円」(料金の約8%相当)も安くなってます。
ガソリン代が安くなってるので、ガソリンで走ってもそれ程変わらなくなってるという考えもありますが、最近の電気はほぼ石油に依存してるので、ガソリン代が下がると同様に電気代も下がってきます。
PHEVですが、なるべくならEV走行したいと思ってます。

原油安でガソリン代や電気代が安くなるのはありがたいですが、景気が悪くなってしまっては元も子もないです。
そのあたりはなんとかして欲しいものです。

160114東京電力 1月分電気使用量のお知らせ

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2016/02/05 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL