三菱アウトランダーPHEV -2月の充電料金と燃費-


3月に入り少しずつ暖かい日も増えては来ましたが、朝晩は寒い日も多く、
気温の変化で体調を崩さない様気をつけなくてはいけません。
それに気温が上がると花粉も飛び始めるようで、
未だ花粉症ではない自分も目のかゆみを感じたり、くしゃみが出たりする時があります。

さて、2月の充電料金は2,946円でした。
今年はうるう年で29日までありましたが、毎日100円以上充電したことになります。

またこの金額は12月(2,957円)とほぼ同じです。
2月は1年で一番寒い時期ですから、朝晩寒くてエンジンがかかってもほぼ毎日バッテリーは空になってしまいます。
それに1月と違って長期の休みもないので、日数は少なくても充電料金は増えてしまうようです。

2月は自宅外で普通充電を1回(1時間で充電料金に含まれてます)と、急速充電を2回(30分1回と80%1回)しました。
秩父に行ったので急速充電したのですが、1回目は車中泊用の充電で、夜テレビを見ながら食事をし、さらに就寝中の電気毛布と朝のプレ空調(エンジンかけたくないので…)で、ほぼ使ってしまいました。

160229三菱アウトランダーPHEV 2月分充電料金
[▽続き]

トリップメーターの表示は1209.9km。
1月末でのトリップメーターは264.6kmでしたから、2月の走行距離は945.3km。

それ程走ってる訳ではないのに、ガソリン残量は半分になってしまってます。
この分だと3ヶ月持たず、また途中で給油しなくてはいけなくなりそうです。

160229三菱アウトランダーPHEV トリップメーター表示


そんな状態なので燃費も54.0km/Lとあまりよくありません。
この燃費から計算するとガソリンの消費量は22.4L。
1月末時点でのガソリン消費は4.9Lでしたから、2月だけでは17.5Lになります。

ということで、充電料金は最高に近く、燃費は最低に近い(もしかしたら最低かも)ので、
この時期がPHEVを動かすのに一番お金がかかるということになります。

160229三菱アウトランダーPHEV 走行情報表示


こちらは2月分の電気使用量です。
13,841円と1月よりもさらに1,701円高くなってます。
昨年は昼間で200kWh、夜間で218kWhとなってますから、今年は昼間で44kWh、夜間で252kWhの増加。
ちなみに昨年はまだ自宅充電が始まってません。

PHEVの充電料金から夜間料金で計算すると車の充電分は242kWhに相当します。
ですから実際は車の充電分以上に電力を使ってることになります。
今年は毎朝リビングのエアコンをタイマー運転してますが、それが影響してるのかも知れません。

それと今まで充電料金を夜間料金で計算してましたが、先日の「タイマー空調中の充電について」で、
タイマー空調中に以外と大きな電力を使ってることがわかり、それも昼間料金の時間帯に入ってるので、
単純に夜間料金で計算出来ないことになりました。
でもそこまで厳密にしてもあまり意味ないので無視することにします。

我が家の場合、PHEVと違って冷暖房は全て電気に頼ってます。
ですから、寒くなるとどうしても電気代が高くなってしまいます。

160215東京電力 2月分電気使用量のお知らせ


自宅充電が始まって1年が経過したので、MMCSの充電料金の長期履歴が全て埋まりました。
下の画面がそれで、1年の充電料金の変化がよくわかります。
5月から9月まで充電料金が安く(1,800円くらい)、12月から3月は高く(3,000円くらい)なってます。
7、8月はやや高くなってますが、たぶんエアコン(冷房)を使用してるからでしょう。

これからするとベースになる金額は1,800円弱。
そして、冷房は暖房に比べるとはるかに電力消費が少ないことがわかります。
自分は寒いのは苦手ですが、暑いのは比較的大丈夫な方なので、
エアコンは弱くしかかけてないことも
影響してるかも知れません。

160229三菱アウトランダーPHEV 充電料金 長期履歴


出来たら1年の充電料金とガソリン代についてまとめてみたいと思いますが、
さて出来るでしょうか?

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2016/03/04 21:23 ] アウトランダーPHEV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL