長岡寺ライブ(東日本復興支援コンサート) -牛来美佳さんの歌-

3月6日(日)、太田市にある「長岡寺」というところでコンサートを見てきました。

タイトルの通り東日本大震災の復興支援を目的としていて、
GO!DO音楽祭実行委員会」主催のアマチュアとプロによるコンサート。
もうすでに4回実施(確か)されてるとのことでしたが、自分は今回初めて参加しました。

13:30開場、14:00開演でしたが、自分が行ったのは13:25頃。
それ程大きくないお寺。入場は無料です。
ここの本堂でコンサートが催されます。
既に何人もの方がいらしてました。

いただいたパンフレットには、

「いま、私が望むのは」  あれから5年~
  ”あの場所に戻りたい” ”あの場所に戻れない”
  ”あの日は忘れたい” ”あの日は忘れられない”
あれから5年 様々な境遇の被災者が今も変わらず それぞれの思いで…


とありました。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


[▽続き]

時間になり、入場。
受付で「写真撮っても大丈夫ですか?」と聞いたら、
「大丈夫です」と言われたので、写真も撮らせてもらってます。


本堂の前に、
前の方は3列くらいはクッション、その後はイスが並べられてましたが、
そんなに大勢は入れません。
GTV(群馬テレビ)の取材カメラも来てました。

そして時間が経つにつれ、本堂は満員。
始まってからの司会の話では、この本堂以外にライブ映像を見てる部屋もあって、
司会が「見えてますかー!」と手を振ったら、遠くで拍手が起こってました。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


さて開演。
写真を撮るにはもう少し前の方がよかったみたいです。

最初は「星野 幸則 & ロードースターズ」、曲は「いま、私が望むのは」(オリジナルだと思います)。
「ロードースターズ」の「ロードー」は「労働」だそうで、メンバーは大工さんを始めとする労働者たち。

少しPAの調整が甘い様で、時折ハウったり、歪んだり、バランスが悪かったりしてたのが惜しいところです。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


続いて、ママさんコーラスグループ「ネージュブラン」。
曲は「広い河の岸辺」と「さびしいカシの木」。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


その後は「ロードースターズ」の演奏をバックに、全員で合唱。
曲は「北国の春」、「明日があるさ」、そして朝ドラのテーマ「365日の紙飛行機」。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


そして「feel」。
2012年に結成されたボーカル「yukio」(女性)とギター「しゃど~」(男性)によるアコースティックデュオ。
主に東京、埼玉で活動されてるそうです。

曲は「CLOSE TO YOU」、「愛するハーモニー」、そしてオリジナルを2曲。
(オリジナルの曲名は忘れました)

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


長岡寺住職 酒井晃洋さんのお話。
そして黙とう。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


そして休憩。
この日は寒さも薄れていましたし、堂内は満員でかなり暑くなってました。
そんな状態でお茶のサービス。喉も渇き気味だったのでうれしかったです。
この間に自分もわずかながらですが募金をさせてもらいました。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


後半の最初は、「後藤 典子」さんのビオラソロ。
「おおたアカデミーオーケストラ、太田芸術学校で講師をされてる方だそうです。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


最後は「牛来 美佳」さん。
福島県浪江町出身のシンガーソングライターで、現在は太田市(避難先)で活動とのこと。

自分がこのコンサートを見に来た本当の目的は、
この人の歌を生で聞きたかったからです。

というのも普段仕事中に太田市のローカルFM局、「FM TARO」を流しているんですが、
彼女はその中で、毎週火曜日19:30~20:00に「いきなし!GO Light!」(再 木曜日9:30~)という番組を持ってます。

その中でたびたび流れる「いつかまた浪江の空を」(作詞・牛来美佳/山本加津彦 作曲・山本加津彦)がよかったのと、
彼女の声がいいんです。

あの震災、自分も群馬ででしたが経験してましたし、ライブの津波映像やその後の被災地の映像、
もちろんあの福島原発の悲惨な状況、そして誰も住めなくなった町などにものすごいショックを受けました。
ですから震災をテーマにした曲を聞くと感じるものがあります。

でもこの曲以外にも、どこかここちよく、心に残る曲が多くあり、是非CDも欲しいと思ってました。
でもまだマイナーな為か、一般的なネットショップでも売ってません。
(彼女のオフィシャルウェブサイトでは売られてます)

番組の中で彼女がこのコンサートに出演すると言ってたので、
コンサートに来ればCDも置いてあるだろうし、CD購入も兼ねて見に来た訳です。
無事、帰り際に3rd Album「心のまま 動き出せ!」を購入させてもらいました。

3rd Album「心のまま 動き出せ!」のPV(YouTube)


福島の映像をバックに歌う「いつかまた浪江の空を」。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート 牛来美佳

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート 牛来美佳


続いて詞を書いた時の心情を話しつつ、
3rdアルバムにも入ってる「帰ろうか」。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート 牛来美佳


歌はたった2曲でしたが、念願の彼女の曲を生で聞けて満足です。

清水太田市長の挨拶。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


そして「牛来 美佳」さんリードのもと、全員で「ふるさと」の合唱。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


16:00。
最後は実行委員長の挨拶。
『あの震災の記憶を風化させない』のが、このライブの目的だと言われてました。

160306長岡寺ライブ 東日本復興支援コンサート


牛来美佳さんのライブを聞きたくて、ただそれだけの軽い気持ちで来たのですが、
改めてあの東日本大震災を思い起こされました。

入場時に配られたアンケート用紙に、
「震災からどれくらい復興が進んでると思われますか…?  (  )%」

という問いがあり、自分はなんとなく30%と回答したのですが、
でも、本当にどれだけの事を自分は知っているのだろうか?と、
改めて考えさせられました。

3月11日が近づくにつれ震災についての報道がテレビでも多くなってます。
変化を期待してか復興が進んでるところがよく映されてますが、
相変わらず避難生活を続けてる人も多く、未だに誰も住めない町が残ってます。
具体的な数値を言えるほど、震災直後も現在も、その実情を知らないというのが本当のところです。

もう直ぐ11日。あれから5年…。

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2016/03/09 21:23 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL