Velbon 望遠レンズサポーター SPT-1を購入しました

三脚座の修理から戻ってきた「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」ですが、
三脚座の取り付け穴が1つなので、三脚や一脚につけると、
どうしても回ってしまって緩んでしまう心配があります。
そうなるとガタが出てしまい、またネジ部を痛めてしまう可能性があります。

そういうのを心配しながら撮るのも嫌だし、
重いレンズ取り付けたD7200のマウントを痛めるのも嫌だったので、
レンズサポーターを購入しました。

カメラとレンズを固定する道具としていくつか検討した結果、
一番いいと思ったベルボンの「SPT-1」を購入しました。

下の写真が購入した「SPT-1」。
右側のネジでカメラを固定し、左側のネジでレンズを固定します。
右のネジは上下可動、左のネジは左右可動なので調整範囲が広いのがいいです。

厚みもあるので、剛性がありしっかりと固定出来、
ぐらつきもありません。

160126ベル本 レンズサポーター SPT1


[▽続き]

三脚に取り付けるための穴も3ヶ所あるので重量バランスも調整できます。
ただ回り止めの穴がないので、三脚とは1つのネジで固定することになり、
緩むと回転してしまうのは同じ。

でもネジ部の剛性が高いせいか緩むことはないです。

それと下部がアルカスイス規格のプレートと同じ形状をしているため、
アルカスイス規格の雲台であればネジを使用しなくても取り付けられます。
実際自分のシルイの一脚にはプレートの代わりの直付け出来ます。
ただストッパーはないので取り付け取り外し時には注意が必要です。

160126ベル本 レンズサポーター SPT1


実際にD7200とAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを取り付けた状態。
がっちり固定されているので、軸がずれないし、ブレにも強いとか。
いまのところ実際にそれを実感したことはありませんが。

今までストラップがカメラにしかなく、重いレンズを着けたときに、
マウント部に無理な力がかからないように、注意しながら抱えてましたが、
これを着けるとそれが気になりません。

なので手持ち撮影でもこれを着けています。
ただ重量が340gあるので、ただでさえ重いカメラとレンズがより重くなること。
これが残念です(しかたないですけど)。

160126NikonD7200とAF-S200-500㎜とSPT1


価格もこの手のサポーターの中でも手頃だと思います。

 

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2016/05/04 23:07 ] デジタルカメラ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL