レッドブルエアレース千葉2016に行って来ました その4

「レッドブルエアレース千葉2016」、5日のチャレンジャークラス決勝レースの写真。

この日海浜幕張の駅に着いた頃には雨は上がってましたが、
晴れ間はなくどんよりした曇り空が続いてます。
ですから遠くを撮ると少し霞んでしまいます。

それと今までは1.3クロップモードで撮影してましたが、
今回は通常のDXモード(6000x4000)で撮影しています。
当然データ量は増えますし、連続撮影速度は1.3クロップモードの7枚/秒から、
DXモードでは6枚/秒になってしまいます。

でも自分の腕だと、
飛んでる飛行機をうまくとらえられないことも充分に考えられるので、
後からトリミング出来る方がいいだろうと考えました。

そして撮影枚数も増えることが予想されるので、
SDカードも「SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I 64GB」を新規購入しました。
今までV2で使っていた32GBのSDカードはスロット2に予備として入れてます。

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝


[▽続き]

チャレンジャークラスの決勝の様子。

マスタークラスと比べてタイムも10秒くらい遅く、
機体はカラーリングが違ってはいるものの、基本的に同じのを使ってるので、
アナウンスをよく聞いていないと、今誰が飛んでいるのかよくわかりません。

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝


スピードが遅い分撮り易いですが。
それにオーバーGなどのペナルティもなかったですね。

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝


今回使ったSDカード「SanDisk SDXC カード Extreme Pro UHS-I 64GB」。
D7200はUHS-I規格に対応してるというのと、
評判がよかったので決めたのですが、実際かなり良かったです。

具体的な数字はわからないですが、
バッファフルになってもすぐに回復します。
PENTAX K-5Ⅱs(昨年使用)で使っていたのでは、
一度バッファフルになるとかなり待たないと次の撮影には入れません。

でも今回はそういうことがなく、
おかげで撮影枚数が異常に増加してしまい、整理が大変です。
(うまく撮れてる写真が増えてる訳ではありません)

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝


今回チャレンジャークラスであったペナルティはパイロンヒット。
たぶんこれだけだったと思います。
(思いっきりブレてますが)

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝


でもすぐにエアゲーターが来て修理。

160605レッドブルエアレース千葉2016 チャレンジャークラス決勝


チャレンジャークラスの優勝は「Cristian Bolton」選手。
タイムは1:15.747でした。

今回購入したSDカードです。
並行輸入品の為価格は安く、性能は正規品。
並行輸入品の中には偽物も多いそうですが、
レビューを見る限りこの製品は問題ないようです。



関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2016/06/13 21:32 ] 飛行機 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL