2016夏休み 山梨へ小旅行 その1

「道の駅大滝温泉」を出発し、山梨方面に向かいます。

行き先を山梨にしたのは、
今まで秩父までは何回か行ってましたが、
その先の山梨までは行ったことがなかったので、一度行ってみたかったから。
もっとも神奈川に住んでいた時には、
富士5湖方面や山梨を通って長野方面などにはよく行ってましたが。

それとどちらかというと関東から外れて西に行った方が峠も越えるし、
多少なりとも天気がいいのでは、という淡い期待もありました。

そしてもう一つは車の充電。
スマホアプリの「EVsmart」で確認すると、
甲府近辺には無料の充電スポットがいくつもあったからです。
今回は天気があまりよくないのでそういうところに寄りつつ、
ドライブを楽しもうと考えました。

大滝温泉を出発してすぐのところにある、滝沢ダムとループ橋。
ダムとの高低差があるので、こうしたループ橋になってるのですが、
通る時に若干スリルを感じます。その分景色はいいのですが。
(SONY HDR-AS30Vで撮った動画からの抜き出しです)

このループ橋、正式には「雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)」だそうです。
面白い名前です。

160819滝沢ダムとループ橋


[▽続き]

さて、雁坂トンネルの入り口です。
このトンネル長さが6,625mあります。

ここからは初めての道。

160819雁坂トンネル入り口


長いトンネルを抜けると料金所。
このトンネルは有料道路です。
料金は720円。ETCは使えません。
最近はETCばかりで、現金で支払ったことがなく、
もらったお釣りをどうしたものか、処理に困ります。
(ちゃんと財布にしまってから動き出せばいいだけのことですが…)

160819雁坂トンネル料金所


道の駅 みとみ」。
雁坂トンネルを抜けた最初の道の駅。
ここで休憩と山梨の情報を集めます。
(Nikon1 V1+1Nikkor10-30mmで撮影)

情報では大雨により、昇仙峡の一部が通行止めになってるとか、
この道の駅近くの西沢渓谷も途中で折り返しになってるとか、
雨の影響があちこちで出てました。
これから雨も予想される為、山歩きはやめた方がよさそうです。

160819道の駅 みとみ


広瀬湖。
広瀬ダムによって出来た湖です。

「道の駅 みとみ」からすぐ近くにあります。

160819山梨小旅行 広瀬湖


ここは石を積み上げたダムになってます。
右下に見える建物は水力発電所。

160819山梨小旅行 広瀬湖


ダムのコンクリート部分や石積み部分に色が変わってるところがあり、
あの部分が普段の水位とすれば、だいぶ水がすくないように見えます。

160819山梨小旅行 広瀬湖


ダムの裏側は公園になってました。
少し木の葉の色も変りだしてます。

160819山梨小旅行 広瀬湖

160819山梨小旅行 広瀬湖


昼食。
山梨というと、まず思い浮かぶのは「ほうとう」。
道の駅でもらったパンフレットから道路沿いにある店を見つけ、
行ってみました。

富士見茶屋 いろり」。
なかなか趣のある建物です。

160819山梨小旅行 富士見茶屋 いろり


駐車場の反対側には「甲斐の国 武田狼煙台」が。
武田軍は狼煙を非常時の通信手段として活用していたようで、
これは武田軍が使用した「武田狼煙台」を復元したものだそうです。

160819山梨小旅行 富士見茶屋 いろり


そして周りにはブドウ畑(たぶん…)が広がってます。

160819山梨小旅行 富士見茶屋 いろり


こちらが今回食べた「ほうとう」。
この他に「焼きほうとう」というのもありましたが、
店の人に聞くと「焼きうどん」みたいなのだとか。
たまにしか食べないので、やはりオーソドックスが一番です。

それとかぼちゃが入っていて美味しかったですが、ボリュームもありました。
ご飯(巨峰味)や煮物の付いた定食も気になってましたが、
定食にしなくて正解でした。

160819山梨小旅行 富士見茶屋 いろり


店内には甲冑や掛け軸、絵(横山大観など)も展示されてます。
そして真ん中には「いろり」も。
ちょうど昼時ということもあり、店内はお客さんでいっぱい。

160819山梨小旅行 富士見茶屋 いろり

そして富士見茶屋の名前の通り、
店内の窓の右の方に富士山が見えるそうです。

この時間には雨も上がって晴れ間も見えるようになってはいましたが、
まだまだ雲が多く見えませんでした。

160819山梨小旅行 富士見茶屋 いろり

関連記事

スポンサードリンク



web拍手 by FC2

スポンサードリンク


[ 2016/08/29 21:23 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL